Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

万葉集と君の名は。




a0285873_10470054.jpg



なんかわからないけど、

気になって仕方ないことって、

ありませんか?




ずっと、そのことについて

思っているわけでは

ないのですが、

ある瞬間、

ふと思い出して、

それについて

考えることって。




そういう場合は、

魂の記憶と関係している

ように思います。






籠もよ み籠持ち 
掘串もよ み掘串持ち 
この丘に 菜摘ます児 
家告らせ 名告らさね
そらみつ 大和の国は
おしなべて われこそ居れ
しきなべて われこそ座せ
われこそは 告らめ 家をも名をも




『万葉集』の冒頭を飾る、

この歌が

私は気になって

仕方ないのです。




2014年7月16日のブログにも

書いてますね。


籠もよ : Miyo's blog 『光のワルツ』




映画『君の名は。』を
観たとき、
実はこの「籠もよ…」の
歌のことが浮かんだんです。



そして、今朝、
久しぶりにYouTubeで
主題歌『前前前世』を聴き、
また「籠もよ…」の歌を
思い出した、というわけです。



なぜ、万葉集の最初に
この歌を持ってきたのか…



現代人が考える
一般的な解釈より
もっと深いものがありそうな
気がしてならないのです。



だって、『万葉集』は
大大大ベストセラーじゃないですか!



作者が天皇や貴族から、
無名の庶民にまで
及んでいることも
すごくないですか!



しかもその編纂を行ったのが
国家なんです。



歌に登場する場所も、
ほぼ全国!




万葉集の冒頭にある
この歌のパワーについて、
考えています。




宇宙の仕組み(本質)を
わかっている方が、
万葉集に関わっていたと、
想像できますね。




長きに渡り
多くの人に親しまれ、
また学びの対象ともなっている
『万葉集』が存在する、
この日本という国、
素晴らしいな〜✨
改めてそう思います(^^)







それと、『前前前世』🎶
歌詞の中の「キミ」は、
いわゆる魂の片割れ❤️の
ことだと思いますが、
「本当の自分」とも
言いかえられますよね(*^_^*)



結局それらは
イコールとも言えますしね(^^)





a0285873_12253747.jpeg





言霊の幸ふ国、日本174.png



美しい心から生まれる正しい言葉は、
その言葉どおりの良い結果を招き、
逆に、乱れた心から生まれる
粗雑な言葉は災いをもたらす。



まさにシンプルな
宇宙の法則ですね。



法則は変えられませんから、
幸福な人生を望むなら、
言葉✨
大切に使って
ゆきたいですね (*^_^*)



a0285873_12362674.jpeg










[PR]
by angelgarden33 | 2017-10-10 10:10 | 万葉集 | Comments(0)