Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

西宮です♪


a0285873_20143492.jpg

昨日は、宝塚在住のサクラコさん、
西宮在住のミサキさんと、
西宮北口で待ち合わせ、
天照皇大神荒御魂(=瀬織津姫様)をお祀りする、
廣田神社を三人で参拝し、
そのあとパスタランチを楽しみました♪

a0285873_20455288.jpg

a0285873_201436100.jpg

それほど寒くもなく、好天に恵まれ、
甲山のお姿もくっきりと見えて、
気持ちよく参拝できました。

a0285873_20143622.jpg

ふつう3月末から4月中旬ごろ開花する
淡紫色のコバノミツバツツジ♪
早くも咲いている花を見つけ、
春が来たようで嬉しくなりました\(^o^)/


ランチを食べながら、話は尽きず、
お店に長居してしまった私たち。
続きはまた次回に〜^_−☆
本当に楽しかったですo(^▽^)o
サクラコさん、ミサキさん、
ありがとうございました??✨


今日は、西宮・甲子園の自宅近くの
素盞嗚神社を参拝しました♪

a0285873_20143757.jpg

a0285873_20143713.jpg

a0285873_20143854.jpg

夢と彫られた、ボール型のモニュメント。

球児たちの夢が甲子園なら、
今の私の夢は…
「夢みる望遠鏡」の映画が完成し、
たくさんの方がたに観ていただくこと。

ありがたいことに、
素晴らしい協力者が次つぎに現れ、
おかげさまで日々前進しています(*^^*)

シンクロのオンパレード!
それにはびっくりしますよ(o^^o)

まずは、3月のPV撮影の
準備に励みますね(*^-^*)♪
[PR]
Commented by たぬ at 2015-01-22 09:27 x
ところで、元来は西宮廣田神社の南浜宮、えべっさんの西宮戎神社が
いつのまにやら戎がとれて西宮神社に、、、
さらにはいつのまにやら戎神さんの蛭子大神を西宮大神と騙るに至っては、、、

西宮は廣田神社の固有の尊称。
西宮大神と言えばその祭神の天照皇大神荒魂/撞賢木厳魂天疎向津日女命の御事。

言ったもん勝ちですか?
Commented by angelgarden33 at 2015-01-22 14:16
☆たぬきさま
西宮の由来、西宮市民でも知らない方は多いと思います。本当の歴史を知る時代が来ていますよね。言ったもん勝ちの時代とはさよならしたい。本来のあり方にすべてを戻す方向へ。それを望みます。
Commented by たぬき at 2015-01-22 20:52 x
その昔、漏れ聞くところの西宮廣田神社のご神領地は大変広大で、
東は尼崎。
西は神戸市東灘区。
六甲山系(六甲山は山系の通称で正式な山名ではない)を含む北区~有馬(有間)郡。(宝塚の手前迄?)
南は海浜。
(えべっさん(南浜宮、沖ノ荒神、、、)の場所は入江(内湾)からせりだした岬。謂わば海路の目印、灯台のような立地。
因みに、住吉大社も似たような立地(上町大地の南端(スマ) 住之江(スマのエが元来?)の岬))
時代の変遷でご神領地は横領侵食されて、、、
(元来の甲山~数次の遷座を経て現在地に鎮座。)
現在の西宮市域は西宮廣田神社の応時のご神領地の約8割を回復して成立したとも言えそうです?
Commented by angelgarden33 at 2015-01-22 23:11
☆たぬきさま
かつてはそれほど広大だった廣田神社のご神領地。天照皇大神荒御魂のお力のすごさ、その地の重要さを物語りますね。
Commented by たぬき at 2015-01-24 12:05 x
道鏡事件で実際には宇佐ではなくて西宮廣田神社にお伺いをたてた。とのお説があるようです。
皇位を云々出来るのは廣田神社だけだったとも。

因みに、道鏡さん。この方は血筋は皇位(倭大王)に就いても問題ない血筋だったかもしれません。
弓削道鏡。
弓削の名乗りは天皇家になり損なった倭大王、饒速日尊の御子ウマシマジ(物部氏祖)の末、物部本宗家、弓削守屋大連(オオムラジ)と親しい血筋ではなかったか? (天皇家は王権確立の原初より物部氏と累代に渡り深い姻戚関係)
弓削道鏡が法王(祭祀王)に就任したのも天皇(女帝)が古の制度(物部本宗家が国家の祭祀と軍事、実際の統治を掌握(実質的な大倭大王家)。、、、天皇は君臨すれど統治せず(象徴))
に則った(復古しようとした)からでは無かろうか?


イノシシ、、、伊野、ユヤ、イヤ、『熊野』
Commented by angelgarden33 at 2015-01-24 23:54
☆たぬきさま
歴史は勝者によって書かれたもの。本当の歴史は…永遠になぞ?でも、手がかりは、どこかにあるはずですね。
それにしても、たぬきさんのコメントも謎が多い(笑)。
Commented by たぬき at 2015-02-02 11:24 x
素戔嗚尊。、、、その別称の一つが少名毘古那神/少名彦命。とのお説が有ります。
志筑神社の御祭神が淡島明神。こと、少名毘古那神/少名彦命。
『シヅ/シズ』が何やキーワードの様に思えます。
シズの窟。(高砂の生石神社の御神体の日本三奇、石宝殿の事。//潮岬神社のシズの窟)

少名毘古那神/少名彦命はまた手間天神と称えられていました。
近世以降天満天神菅原道真が幅を効かす以前には単に天神様と言えば広く手間天神、少名毘古那神/少名彦命。を指していました。
志筑神社の周辺を天神と云うのもそんなところから。
更に志筑の地名も志筑神社が発症でしょうね。
シズキ(シズの神霊)=少名毘古那神/少名彦命。。淡島明神/手間天神。

なんとなくですが、出生地等の氏神様に関係(分霊、異名同神等)した場所に(導かれて)人は行ったり、生活をしている様に思います。
トホカミエミタメ。
畏し。
Commented by angelgarden33 at 2015-02-02 22:02
☆たぬきさま
素戔嗚尊神社が鎮座する甲子園という地に住み続けているのは、氏神様である志筑神社のご祭神、少名彦命様(=素戔嗚尊様?)のお導き…そういう風にも考えられますね。というのも、高校卒業後、西宮に住み、それから何度か引越しを経験していますが、なぜか甲子園球場を挟んで、東と西の町を行ったり来たり。それで、今の甲子園に住んでからは、すっかり落ち着き、引っ越さなくなりました。
志筑の由来、興味深いです!志筑神社のご神木と志筑別神社のご神木が、立派で、また、その配置がとても意図的に感じます。その下を流れる宝珠川、その名前の由来も気になります。近くで古代の遺跡も発見されていますしね。
また何かあれば教えてください。いつもありがとうございます(*^-^*)
by angelgarden33 | 2015-01-19 22:33 | 神社・仏閣 | Comments(8)