Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カラスのメッセージ




昨日の朝、起きると、家の外で、
カラスがすごく大きな声で鳴いていた。

何羽いるのだろう?
2、3羽以上はいるように聞こえた。

なかなか鳴きやまない。
まさか、天変地異が起こる前触れ?

それだったら、何となく、
イヤな予感がするはずだけど、
それは感じられない。

外に出て様子を見ると、
うちの家の頭上周辺で、
なんと10羽ぐらいのカラスが
ちょっと遠くまで飛んでいっては、
また戻ってきて、うちの屋根や
近くの電線にとまる。
そしてまた、飛んでゆく。

そのうちいなくなるだろうと思っていたけど、
あまりにも長く居続けるので、
外に出て、何のメッセージか教えて!
とカラスたちに伝えました。

もう、お昼前になっていました。

でも、それからまもなく、
カラスはスーッとどこかに飛んで行き、静かになったのです。

友人にちょっと意味のある
メールの返事を送った後のことでした。

偶然にしてはタイミングがよすぎ。

やっぱり、あのカラスたちは・・・


上のYouTubeは、カラスの様子を
少しだけ撮ったものです。

こんな感じで、
カラスが行ったり来たりしていたのです。

そういえば、昨日は、
夕方、出かけたときも、
街中の電線にとまっていたカラスが
わざわざ私の方に飛んできて、
至近距離の(頭上の)電線にとまった。

一昨日も、
重要な神社めぐりの最初と最後に、
タイミングよくカラスが登場!

ご挨拶してくださいました♪

カラスはすべてお見通し!
そう思います、ホントに!

ありがたく愛おしい
メッセンジャーさんです(*^^*)


一昨日に友人と出かけた、
おのころ島神社やおのころ神社への
旅のご報告は、また後ほど☆


〈追記〉
たくさんのカラスが鳴きながら飛んでいたのは、
飛行練習かもしれませんね。

でも、これまで、こんな里、家の屋根周辺で
飛行練習するのは、あまり見たことはありません。

いつもと何かちがう・・・
だから、気になってしまいました(^ ^)
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-04-07 18:00 | 雑記 | Comments(4)

宇宙の花に


a0285873_0453535.jpg


この惑星で花を咲かせること。


それに憧れてやってきたのだったね。


a0285873_0571155.jpg


どんな小さな命でも、


花咲いて輝くとき、


星にまけない光を放つ。


a0285873_0571133.jpg


天上の星と、地上の星。


神様は、ふたつの星の間で、


おどるのが好きなこと、知ってた?


a0285873_0571298.jpg


神様をよろこばせたいなら、


花になろうよ。


花を咲かそうよ。


a0285873_0571322.jpg


どんなことがあっても、


最後には、花を咲かそうよ。


a0285873_2412762.jpg


そのために、生まれてきたのだから。


この、すばらしい水の惑星 “地球” に。
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-04-03 22:44 | | Comments(0)

アイのシンクロ


a0285873_052819.jpg

先週の土曜日、3月15日は、シアトル在住のライフコーチ I(ai) さんの
トークライブに参加させていただきました(主催/大人のための寺子屋プロジェクト)。


会場は、大阪市中央区淡路町にある、レトロでおしゃれなビルの一室。
上の写真はそのビルのエントランスです♪


会場に着き、今日は淡路島から来たんです~という話をしたら、
インディさんが、ここ淡路町は、大阪夏の陣・冬の陣のあと、
復興のために淡路島からやってきた人たちが住んだので、
淡路町という町名なんだよ、と。


知らなかった!淡路町と淡路島に、そんな深いつながりがあったなんて。
シンクロは流れに乗っているサイン♪ いいぞ、いいぞ!


(☆ちなみに、平野町は、平野からきた人が住んだ町らしい。)



そして、 参加者の自己紹介のとき、本を持ってきているなら出したらと、
一緒に参加したミカリンさんにすすめられ、
『夢みる望遠鏡』を出し、まずは I(ai)さんにまわしました。


するとそこでまた、びっくりするようなシンクロがあったのです!


I(ai)さんは、本を開くと自分と同じアイという名前を見つけ、
それから登場人物を紹介した箇所のアイのところを読みました。

「やさしいお母さんになるのが夢…」

それはまさに、I(ai)さんの子供のころの夢と同じだったのです!


夢のことをI(ai)さん自身すっかり忘れていましたが、
この度の帰国で、沖縄の実家に滞在していたとき、
お母さんがI(ai)さんの小学生のときの作文を出してきて、
それを読んだら、将来の夢はやさしいお母さんになること、
と書いてあり、つい最近思い出したばかりというのも、
タイミングよすぎですよね!


こんなこともあるのですね!
場は興奮の渦につつまれました。


何事も偶然はない!
わかっていても、そのつど、新鮮な感動を覚えます!!


淡路町と淡路島のシンクロに続いて、またもやいい感じ(^^)v


ほかにも、この日は、私にも、みんなにも、色んなミラクルが起こり、
とっても印象深く、楽しい一日でした(*^^*)


シアトルでライフコーチとしてご活躍中のI(ai)さんの
愛のつまったお話は、心にストンと落ちて、
私の中のエネルギーをぐるぐるかき混ぜ、
活性化してくれました。


参加してよかったです(^^)v


そして、今回もたくさんの、すばらしい出会いに恵まれ、
そのことにも心から感謝です☆

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

I(ai)さんのプロフィール

現在の活躍の場はシアトル、沖縄出身で日本魂をしっかりと持ったステキな日本人女性です。あのベストセラー名著『こころのチキンスープ』のジャック・キャン・フィールドから『キミはコーチになりなさい』と言われ、そのままコーチになった熱い情熱の持ち主。いつも来日の際には、あっただけで涙ぐむ人続出、一瞬でステキなラポールを築く天才でもあります。 『言葉の魔術師』とも呼ばれ、豊かな感性そのまんまのライフコーチ・母・日本人留学生たちの現地のお母さん役など、たくさんの顔を持つコーチです。 最近はコーチやカウンセラー、セラピストなど人と接する職業の方のキャリア・コーチとしても活躍しています。

(※“大人のための寺子屋プロジェクト”さんのFBに投稿された文章から引用)

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

a0285873_053336.jpg

▲トークライブ終了後、参加者のみなさんと!(注:Iさんは写ってません…)



トークライブのあとは、参加者のみなさんと一緒にランチを食べにゆき、
そのあと、I(ai)さんが宿泊されているホテルのロビーにて、数人で軽くおしゃべり。


それから、ミカリンさんと二人で、道修町の神農さん・少彦名神社と、
天照大神荒魂 (瀬織津姫)をお祀りする御霊神社を参拝いたしました。


a0285873_052995.jpg

a0285873_053083.jpg

▲少彦名神社

a0285873_052979.jpg

▲愛嬌たっぷりな、薬の神様・神農さま

a0285873_053339.jpg

▲御霊神社

a0285873_053018.jpg

a0285873_053187.jpg

a0285873_053251.jpg

▲御霊神社の梅は、何ともかわいい梅でした。愛おしくなっちゃいました♪



<ご報告>

✩『夢みる望遠鏡』の映画化プロジェクトについて

昨年3月に、このブログで『夢みる望遠鏡』の映画化プロジェクトがスタートしたことを
書かせていただきましたが、じつは昨年6月、その話をいったん白紙に戻しました。
ブログでのご報告が遅れましたこと、ここにお詫び申し上げますm(_ _)m
どうなったんだろう?とお思いの方もいらっしゃったと思います。

セドナに行ったことがそのきっかけかなあ。旅の最中、白紙にすることを決心しました。
あの旅は、私のなかの迷いを吹っ切らせてもらった旅でもあったのです。
ハート、ハート、ハート。ハートの声に正直になれ!ハートが感じることを大切に!
そのメッセージが続くわ、続くわ(笑)
そんなことも含め、セドナの旅はやっぱり特別で、最高の旅だったなと、
今あらためて、思います。お礼を兼ねて、またいつか行きたいです。

ふり出しに戻ったものの、映画化の夢をけっしてあきらめたわけではありません。
気持ちを新たにし、その夢実現に向けて準備をしております。
大切なことを書いた(書かせてもらった)本ですので、
多くの方に読んでいただきたいのですが、
その大切なことをよりわかりやすく、より多くの人の心に届くように伝えるために、
映画やドラマ、演劇、ミュージカルといったカタチになれば素敵だなと思っています。
映画になったことを思い描きながら書いた本でもありますので、
いつかそうなると思います、きっと!
何より、私がそういうアートな世界が好きもので、どんなふうになるんだろう?
という好奇心がとまらなくて。笑。
もしよろしければ、引き続き応援お願いいたします(*^-^*)

『夢みる望遠鏡』の本をまだ読んでない方は、ぜひお読みくださいませ。
よろしくお願いいたします♪♪



a0285873_2424761.jpg


『夢みる望遠鏡』 あらすじ

丘の上の公園で将来の夢の話に夢中になっていた、小学六年生のリク、ミウ、ツバサ、ソーラ、アイの五人は、不思議な老人に声をかけられます。その老人は自分が発明したという「未来や過去が見える望遠鏡」を持っていました。子供たちは未来に夢がかなっているかどうか確かめたくなり、老人に望遠鏡をのぞかせてほしいと頼みます。老人は、一人ひとりがいちばん大切にしている宝物を持ってくるなら、望遠鏡を貸してあげてもいいと答えました。

翌日、老人から言われたとおり宝物を持参した子供たちは、次の満月までの約一カ月間、その望遠鏡を貸してもらえることになりました。老人は使い方を説明したあと、最後に「望遠鏡で何が見えても、それは何千、何万とおりもある未来の可能性の中の一つだ。未来は決められたものではない。未来は変えられる。その力はみんな持っている」という言葉を残し、みんなの前から去っていきました。

望遠鏡をのぞいた子供たちは、そこに何を見たのでしょう? 夢はかなっていたのでしょうか? じつは五人全員が、未来の自分から意外なメッセージを受け取ったのです。もっとも気がかりなのは、生まれつき病弱な少女アイでした。望遠鏡に映った一カ月後のアイは、病院のベッドの上で昏睡状態に陥っていました。それからしばらく経ったある日、まさかと思っていた事態が訪れます。アイは急に具合が悪くなり、入院してしまったのです。

さあ、たいへん! リク、ミウ、ツバサ、ソーラの四人は、アイを救うため、さらに自分たちの未来に希望をもつために、薬草研究家のマーヤに会いに“野之花島”に出かけることになります。その冒険の旅を通して、自分が大事にしていた宝物以上に価値のあるものを手に入れる子どもたち。そして、彼らの勇気ある行動と、心からの祈りが奇跡を生みます……。

物語は二十年経ち、三十二歳になった主人公たちの姿も描いています。では、実際に訪れた彼らの未来は、どんな未来だったのでしょう? かつて望遠鏡で見た未来とちがいはあったのでしょうか? それは……。


幸村みよHP著書紹介のページはこちら(↓)
http://angelgarden33.jimdo.com/book/




a0285873_311050.jpg

▲3月21日春分の日の、伊弉諾神宮・本殿と太陽光
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-03-22 02:22 | イベント | Comments(5)

恋森神社


a0285873_20314095.jpg


8日に続き、今日も梅の甘い香りただよう南あわじ市広田へ~♪


広田を調べていると、広田八幡神社の近くに、
「恋森神社」というなんともロマンチックな名前の神社があることを知り、
車を走らせ訪ねてきました(*^^*)



その前に、

『広田梅林、広田八幡神社、大宮寺』の記事のたぬきさんのコメントで、
南あわじ市の広田と西宮の広田神社が関係あったことがわかり、
広田八幡神社にも行ってきました!


源頼朝は、平家討伐の成就を祈願し、
西宮の広田神社の神領として淡路の広田荘を寄進している。


ということは、広田八幡神社に広田神社の神様が祀られていても
おかしくはないわけで。


広田神社のご祭神は、天照大神荒魂(撞賢木厳之御魂天疎向津媛命)。
つまり、瀬織津姫。


気になりますし、それを思うと、すごくワクワクしてきました(^^)


a0285873_20163141.jpg

▲広田八幡神社・拝殿


a0285873_20162919.jpg

▲広田八幡神社・本殿左 境内摂社


a0285873_20162868.jpg

▲右は若宮神社、左は天満宮


a0285873_20163020.jpg

▲広田八幡神社・本殿右 境内摂社


a0285873_20163062.jpg

▲天照皇大神と書かれているように思う

 ※この天照皇大神が、広田の神様である天照大神荒魂=瀬織津姫なのでしょうか?



広田八幡神社の上が広田梅林なので、
梅の花の甘くいい香りに包まれての参拝、
すごくしあわせな気持ちになりました(*^^*)



そして、

広田八幡神社のお隣の大宮寺の駐車場に車をとめたまま、
今日の目的の神社、恋森神社に歩いて向かいました。


5分ほどで着きました。


a0285873_20163582.jpg

▲恋森神社(恋森荒神)

今は住宅地のなかにありますが、かつてここには森が拡がっていて、
そこに荒神様をお祀りしていたようです。


a0285873_20163549.jpg

▲幸せをもたらす「恋の森」


a0285873_20163486.jpg

▲2つの祠が仲良く並んでいます♡


この荒神様は、ニギハヤヒとセオリツヒメだ!
( ◜◡‾)(‾◡◝ )

そんなことを勝手に想像しながら、
参拝させていただきました(^◡^)



恋森神社
その昔、小さな男の子と女の子がこの森の前で仲睦まじく語り合っていたという伝説があり、お参りすると夫婦円満のご利益があるといわれている荒神様です。夫婦仲の悪いときは、この荒神の前で相睦まじく語り合えば、もとの恋仲時代の円満な夫婦に戻ると言われています。
この地域に多い苗字「鯉森」も、この伝説に由来していると言われています。森の中にある小さな井戸から湧き出る水を恋の清水と呼び、新婚早々、荒神さんへお参りすれば末永く幸せであると言い伝えられています。

(淡路島観光ガイド http://awajishima-kanko.jp/manual/data_2.html より)




大宮寺にもお参りさせていただきました。


a0285873_2020193.jpg

a0285873_20195857.jpg

a0285873_20195967.jpg



大宮寺の咲き誇る梅の姿にもうっとり♪

a0285873_20163639.jpg

a0285873_20163752.jpg

a0285873_2016372.jpg

a0285873_20195829.jpg

a0285873_202027.jpg

a0285873_2020031.jpg


ここでも甘い香りのシャワーを浴び、
ルンルン気分で帰途につきました(^-^✿)




こちらは、今日(3/12)の10:20ごろの雲☆
おもしろいカタチだな~と思って撮りました♪

a0285873_259331.jpg

龍さんたち?
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-03-13 03:13 | AWAJISHIMA | Comments(0)

鮎屋の滝へ


a0285873_1593634.jpg

今日(3/9)は、勘ナビ(笑)で、鮎屋の滝まで行ってきました♪


3回目だったけど、自分の運転では2回目。


ちょっと迷ったけど、なんとか無事到着!


わりと有名な観光スポットで、日曜日だというのに、
2組の観光客にしか会いませんでした。


そして、その方がたとはべつにお一人、
滝修行に来られていた方がいました。


a0285873_20227.jpg

滝の写真を撮影していると、階段のところから
ストップしてほしいという合図をされて、
しかたなく撮影はあきらめることに。


そのあと、その方は滝に入られました。
すごい勢いで水が落ちている中へ。


それで、滝行するところだったことがわかったのです。。。



邪魔してはいけないと思い、滝には近づかず、
不動明王のお堂などを先に訪ねました。


滝のそばでゆ~っくりしたかったんだけど、
それはまた今度ね。


桜の木がたくさんあったから、桜の花の季節に来ればいいかな。
きれいだろうな~♪


以前、ここにアベアキエさんをご案内したことがあり、
そのとき、龍宮みたい!とすごく感動されていました(^^)


本当にそんな感じなんですよ!


でも、これは私の印象なんですが、
ここはまだ本来のエネルギーがすべて出てない気がするんです。
なんとなく、そう感じます。


うん、また来よう!!!

a0285873_20455.jpg

▲不動明王のお堂


a0285873_212995.jpg

a0285873_21487.jpg

鮎屋の森も歩いてみたいなあ♪



a0285873_22062.jpg

▲駐車場(鮎屋の滝の入り口)





鮎屋の滝に来る前、
迷い込んだ道に小さな神社を発見!


思わず、車をとめ、参拝しましたよ。

a0285873_222894.jpg

a0285873_22423.jpg

こういう神社大好きなの!!


川ぞいの道の山側にありました。


これも、ありがたいご縁ですね(*^^*)
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-03-10 03:33 | AWAJISHIMA | Comments(2)

a0285873_0532679.jpg


澄んだ青空に誘われて、広田梅林へ。


毎年、行こうと思いつつ、気がつくと、花の時期が過ぎていて、
訪れたことがなかったのです。


いろんな色の、いろんな種類の梅があって、満喫できました!


梅の花って、こんなに濃厚な香りだったっけ?


まず、その香りに癒されました(*^^*)


人気のスポットというのがよくわかりました♪


a0285873_0571036.jpg

a0285873_0572695.jpg

a0285873_0575584.jpg

a0285873_0581316.jpg

a0285873_0582833.jpg


広田梅林に隣接する広田八幡神社と大宮寺も訪ねました。


a0285873_104187.jpg

▲広田梅林、広田八幡神社、大宮寺の説明


a0285873_05857100.jpg

a0285873_0591192.jpg

▲広田八幡神社


a0285873_05942100.jpg

a0285873_0595668.jpg

a0285873_10174.jpg

▲大宮寺



おだやかな春を感じるありがたい一日でした(*^-^*)




☆よろしかったら、ホームページのPhoto Albumへもどうぞ♪

http://angelgarden33.jimdo.com/photo-album/広田梅林-広田八幡神社-大宮寺/

[PR]
# by angelgarden33 | 2014-03-08 22:22 | AWAJISHIMA | Comments(4)

御幣島6丁目の奇跡


a0285873_23535758.jpg

この前の日曜日(2/23)は、淡路島から日帰りで、
大阪の御幣島(みてじま)まで出かけてきました。


ミカリンさんに誘っていただき、
西淀川区民ホールで行われた、
屋久島出身の歌姫AZAMIさんの昼の部の
コンサートを聴きに行ってきました。


“和声エンヤ”と呼ばれるAZAMIさんの、
独特の癒し系音楽の世界、素敵でした!
なかなか魅力的なアーティストさんでした♪
屋久島のことも色いろ教えてくださり、勉強になりました!


 ☆AZAMIさんのYouTube → http://youtu.be/QNhrt0_bPd8


ステージの最後には、呼吸法のレッスンもしてくれました。
続けるとダイエット効果が期待できるんだって!
参加者同士が手をつないで歌いながらダンスしたり、
それもすごーく楽しかった!!


AZAMIさんのコンサートの前の、
神澤悟さんによるアイリッシュハープの演奏も良かったなあ♪


即興演奏だったようですが、あっという間、
無意識のうちに瞑想状態になり、
目を閉じていると、紫色などの光が見えました。

 (※ちなみに瞑想中に見えるこの光は、霊眼で見ているようです。
   以前、そう教えてもらったことがあります。
   目を閉じたときに 発光する金色の粒子が見えることがありますが、
   これも霊眼で見ているのだとか。)


ボディは揺れっぱなし、すごいエネルギーが入ってきてました。
背中から入ってくる感じ。右回転で。
音によって、揺れ方が変わります。前後に揺れたりもします。
それは、終わりの方かな。
勝手にボディが反応するからおもしろい。
この揺れは、意識的にとめられますが、
たいていそのままにしちゃいます。
クリスタルボウルコンサートでも、また遠隔ヒーリングを受けている時も、
同じような反応が起こります。
☆宇宙エネルギー☆の神秘!


そういう宇宙からくるエネルギーに対して、
ちょっと敏感なところがあって、
20年ぐらい前から体感するようになりました。
ただし、幽霊とか見えないし、
霊の声が聞こえたりもしないです。


アイリッシュハープはいいですね♪
何度かコンサートに行ったことがあり、CDも持っていますが、
ここちよく癒されます(^-^)



じつは、この日は、とても不思議な日で、
たくさんの奇跡が連続して起こりました!!


たとえば、

待ち合わせ場所の御幣島駅に向かっているとき、
JRの車中で、突然、ユリの香りが漂ってきました❀


それは、うちの庭に咲くユリの香りとそっくりな、
みずみずしい香りでした!
リアルにしてきたのです!


まわりを見ると男性だけだし、
香水の香りではなかったと思います。


a0285873_16581748.jpg

次の奇跡は、御幣島6丁目で起こりました!
それが、今日の記事のタイトルですね☆


その話を書く前に、
“御幣島”という地名について。


めずらしいですし、意味ありげですよね。


最初、駅名を見たときは「ごへいじま」と読むと思ってました。
「みてじま」と読みます。


調べると、“神功皇后”ゆかりの地でした!


大阪市のホームページ内の説明によると、

「むかし神功皇后が住吉神社に奉献された島の中に幣帛島(へいはくじま)と呼ばれた島があります。これは三韓から朝貢を運んできた船が、このあたりで難船の危機にあったことから、この島に姫神を祀ったと住吉神社記にあります。また一説には、神功皇后が朝鮮半島に向かわれての帰途、ここで御幣を調整し、国の安泰を祈ったとも伝えられています。これが御幣島の語源です。」
http://www.city.osaka.lg.jp/nishiyodogawa/page/0000000995.html

この島に姫神を祀ったと住吉神社記にあるそうですね。
その“姫神”とはやはり・・・。


また、西淀川区には、町名に「島」がつくものが多いのは
なぜだろうと思っていたのですが、その理由は・・・

「日本列島が形づくられた太古の西淀川区はまだ海の底で、大阪湾は東は生駒山麓、西は六甲山麓まで深く入りこんだ海でした。しかし長い年月にわたる淀川、大和川、武庫川などの運んできた土砂が、河口に堆積して洲をつくり、次第に幾つもの島になりました。これが古代に難波八十島と呼ばれたものです。西淀川区の地名に、歌島、竹島、出来島、中島、西島、姫島、百島、御幣島など島の名が多いのは、その名残といえます。」
http://www.city.osaka.lg.jp/nishiyodogawa/page/0000000382.html


だそうです。


本題に戻ります。


その「御幣島6丁目の奇跡」は、
JR東西線の御幣島駅で待ち合わせた5人で、
ランチの前に、駅の地図で見つけた神社に
参拝しようと向かっていた途中で起こりました。


御幣島6丁目の交差点の、
横断歩道を渡ったところに、
小さなお堂があるのを見つけ、
あれはたぶんお地蔵さんだよね、と、
歩きながら話をしていたあとのこと。


場所的にお地蔵さんと思い込んでいたんですよね。
それが、まさか、まさか、でした。


そのとき、お堂の扉は閉まっていました。
風はほとんどありません。


それなのに、お堂の右側の扉が、
ゆっくりと開いていったのです。
横断歩道を渡っていた私たちの目の前で。


びっくりです!
風もないのに、勝手に開くんですもの。
これは何かある!!


おそるおそる左の扉も開けて、
お堂の中を確認すると、
中におられたのは、お地蔵さまではありませんでした。

a0285873_23504367.jpg

a0285873_23453662.jpg

ご覧の観音様でした!


扉が開いた理由。
引きとめられた理由はこれだったのですね!


この観音様は、マリア様のようにも見えます。
ユリの花(造花)も、マリア様をイメージします。
そして、ほら、こちらのマリア様と、雰囲気が似ていませんか?

a0285873_2353272.jpg

このマリア様は、もう10年以上前になりますが、
友人がオーストリアの教会で、私にと買ってきてくれたものです。


これもまたシンクロ・・・


それから、元どおりに扉を閉め、写したものがこちら。

a0285873_23501120.jpg

このお堂の右側の扉が、開いたのです!
不思議、不思議。


で、これから参拝しに行こうとしていた神社が
けっこう遠いことがわかり、
今回は時間がないため行くのはやめにしました。


この観音様との出会いで、もうじゅぶん。
本当にありがたい出会いでした。


それから、コンサート会場に向かって歩いていたときです。
はい、そうです!
ユリの香りが漂ってきたのです!


5人全員、それがわかりました。
すごいですね! 感動ですね!


やはり、瀬織津姫様、だったのです、ね(*^-^*)


ありがとうございます!!!


この日は、ほかにも、まるで当たり前のように、
奇跡・ミラクルが起こり、それで思ったのは、
いるべき場所にちゃんといる、運ばれている、
すべてOK! これでいいのだ! ということ。


自分の直感を信じて、自分の選択を信じて、
これからも進めばいい、シンクロを道しるべにして。


また、この日の延長上に、
大きな気づきがあったのですが、
この話は、機会があれば、どこかでしたいと思います。


今日は、少し長くなってしまいました。
最後までお読みいただき、感謝いたします。
ありがとうございました♫



☆一番上の写真は、黄金色に輝く播磨灘の夕景。
 じつに幻想的でした。
 帰りの淡路島行きの高速バスの中から撮影しました(*^^*)
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-02-27 02:22 | 雑記 | Comments(0)

a0285873_1134890.jpg

2月20日、大阪・心斎橋で開催された
『セオリツ姫シ♭ツアー ソ♯ 天照大神さま in 大阪』は、
山水治夫さん(ヤンズさん)の?回目の17歳をお祝いする、
ハッピーバースデーパーティーを兼ねた懇親会形式のシ♭ツアー。


『ブライ』さんご自慢の、イタリアンのご馳走と
銀河高原ビール068.gifをはじめお酒類、ドリンクをいただきながら、
和やかな雰囲気のなか、楽しさいっぱい、感動いっぱい、
寒さを忘れるホットで実りある時間を過ごさせていただきました☆


関西でのヤンズさんのイベントでは恒例になった、
被り物や仮装姿で彩られた場は、誰もが笑顔にならずにいられません。
いいアイデアだなと、いつも思います(^^)v



会のオープニング、まずはみんなで、
ヤンズさんのお誕生日をお祝いしました058.gif

a0285873_1172468.jpg

ハッピーバースデー!  ヤンズさん!067.gif


a0285873_1174124.jpg

17歳、おめでとうございます ☆*゚゚*☆∵☆*゚゚*☆


a0285873_118450.jpg

a0285873_1183435.jpg

そして、

大人気曲の『クリスマスナイト』の演奏から始まったライブ&トークは、

a0285873_1305943.jpg

a0285873_1281637.jpg

ハートの深い部分まで染み渡りました(*^-^*)


a0285873_4184229.jpg

a0285873_419912.jpg


いつものメンバーだけでなく、
はじめてお会いした方も初めてではないような懐かしさを感じ、
まるで魂の同窓会のような、そんな雰囲気がただよう空間は、
とっても居心地がよかったです!
安心感は心を素に近づけてくれますね(*^^*)


a0285873_133260.jpg

今回も、スタッフとして、受付のお手伝いをさせていただきました。
開場の前に、ヤンズさんといっしょに記念撮影~♪


a0285873_1332683.jpg

ゴールドヘアーのお方は、このたびの司会者さんです♪


a0285873_1355482.jpg

こちらは物販をお手伝いしてくださった姫たちです♡♫



本当に楽しかった(^o^)/

ヤンズさん、姫の素晴らしいお話と音楽をありがとうございました!
主催の大役を果たされた、ミカリンさんとデコポンさん、
司会役のハートバードさん、スタッフ仲間のみなさん、
参加されたみなさん、そしてブライさん、どうもありがとうございました!!!


a0285873_431896.jpg

▲会場入りする前に参拝した、西心斎橋にある御津宮


a0285873_433458.jpg

▲当日の朝、明石海峡大橋の上を走る高速バス車内から撮影した明石の街。
 東経135度ラインですね。
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-02-24 03:33 | イベント | Comments(0)

鳥飼八幡宮~平見神社へ


a0285873_2228239.jpg

昨夜(2/10)は、テレビで映画「陰陽師」を観ました♪


前に一度観たことはあったのですが、
野村萬斎さん演じる安倍晴明が好きなことと、
平安時代に思いをはせてみたくなったのです。


時間が経つとまた新鮮でしたね。
伊藤英明さんが演じていたのは源博雅だったのか!とか、
早良親王の怨霊が出てくる話だったんだ!とか、


歴史を少し知ってから観ると、
おもしろさもアップしますね!


でも、3分の2ぐらい過ぎた頃から、睡魔が襲ってきて、
ウトウトと半分眠りながら、観ていました。
そんなとき、自分の中から、言葉が出てきて、
それがメッセージみたいな、すごくいい言葉で、
そんな印象だけは覚えているのですが、
内容は一瞬のうちに忘れてしまいました(^^;) 残念。。。


それから、また目が覚めて、ラストの方のシーンは
きちんと観ることができてよかったです(*^^*)



その「陰陽師」を観たあと、なぜか鳥飼八幡宮の境内社の、
月読神社と日読神社のことを思い出し、
それで本日(2/11)、鳥飼八幡宮に行ってきた、というわけです♪


家から車で40分くらいの距離かな。
行く途中、天使のハシゴが目の前に現われていて、
それを眺めながらのドライブは最高の気分でした(^^)v


神社に参拝すると、カラスがよく近づいて来てくれるんですけど、
今回も、本殿に向かっていると、カラスが飛んできて、
本殿の左側にある木にとまりました。


そのカラスはずっとおとなしくて、いることさえ忘れていたのですが、
本殿を参拝したあと、境内社を一社一社ご挨拶をしてまわり、
月読神社を参拝していたそのとき、カラスがはじめて、
「カアカア」と、突然鳴いたのです。
偶然?
いや、神域で起こっていることだから、やはり意味があると、
考えてしまいます。
カラスは神様のお使いですしね。


そういえば、昨年10月マーリンさんのところで引いた
日本の神様カードが「月読命」だったことを思い出し、
もしかすると、月読命様のお使いではないかと。
これからの一年間、月読命様が守ってくださるから、
月読命様が祀られている神社にお参りするとよいと
言われていたのです。
そう思いたいですね!


鳥飼八幡宮を参拝してからは、来た道を通らず、
西浦の海岸線まで出て、それから家に帰ることに。
そして、その途中にある、平見神社を参拝しました。


冬の西浦の海岸線は風が強いですが、
今日の海はきらきら輝いてとてもきれいでした♪
淡路島の海岸線のドライブは、本当に気持ちいいです(^^)
西、東、北、南、それぞれ海の表情がちがうので、
それも魅力だと思います。


心を新たにすることのできた建国記念日、
まことにありがたい一日でした(*^-^*)


a0285873_22332967.jpg

▲鳥飼八幡宮(洲本市五色町)


a0285873_22341435.jpg

▲鳥飼八幡宮の境内社、日読神社(右)と月読神社(左)


a0285873_22344585.jpg

a0285873_2235229.jpg




a0285873_22381730.jpg

▲鳥飼八幡宮の境内のイブキの木は、とても表情が豊か。


a0285873_22354682.jpg

a0285873_2236472.jpg

▲鳥飼八幡宮の説明


a0285873_22362188.jpg

▲鳥飼八幡宮の参道にあるホルトノキの巨木


a0285873_22363721.jpg

▲ホルトノキの巨木の説明


☆前回鳥飼八幡宮を参拝したときの記事はコチラ(↓)

鳥飼八幡宮(洲本市) 1
http://blogs.dion.ne.jp/angel_garden/archives/10761998.html

鳥飼八幡宮(洲本市) 2
http://blogs.dion.ne.jp/angel_garden/archives/10762001.html



a0285873_22383681.jpg

▲平見神社(淡路市江井)

  主祭神は、布都御魂大神
  配祀神は、布留御魂大神・布都斯御魂大神


a0285873_22385520.jpg

a0285873_22391025.jpg

▲贔屓が支える、珍しい平見神社の鳥居


☆前回平見神社を参拝したときの記事はコチラ(↓)

平見神社~夫婦の滝へ
http://blogs.dion.ne.jp/angel_garden/archives/10719530.html





a0285873_322522.jpg

[PR]
# by angelgarden33 | 2014-02-12 02:11 | AWAJISHIMA | Comments(4)

a0285873_11301525.jpg

今日は新月、旧暦の元旦ですね!

改めまして、

あけましておめでとうございます☆♡☆

本年もどうぞよろしくお願いいたします(✿❛◡❛✿)♫



旧暦の年末に突然飛び込んできた、
万能細胞「STAP細胞」の作製に成功した小保方晴子さんのニュースは、
とってもワクワクしましたね♪

これからの研究の成果に大きな期待。
未来に明るい光が見え、シンプルにうれしく感じました(*^^*)


未来への貢献、か・・・

みんなが生き生きと、自分らしく、輝いて生きられる、
天国のような理想社会を現実のものとするために、
具体的に、この私には何ができるのだろう?

今、持ち場でできることは?

小保方さんのニュースは、私の心も大きく動かしてくれました。



だいぶ前から、ずっと感じていること・・・

理想社会を創造するためのヒント☆
それが古代の日本に、また故郷の星に、
あるような気がしてならないのです。

縄文時代のことを知れば知るほど、
古代の叡智を探求すればするほど、
その思いがつよくわいてきます。

魂はすべて知っている、だからそれぞれが思い出して、
それを基に、新しい地上天国をめざす方向に、
みんなで力を合わせてすすんでゆければ、
実現はそう遠くないのではないのかな?

だからこそ、
魂の記憶をひもとくことは、とても大切。
そんなふうに感じます。
本質に、本来の自分に、戻ってゆくためにも。

これからも追い求めてゆきたいテーマです。


a0285873_22362213.jpg

さて、
宇宙の根源神である瀬織津姫大神様のことを、
本と音楽、お話で、わかりやすく伝えてくださっている
山水治夫さん(ヤンズさん)。

ヤンズさんをとおして、瀬織津姫様を知る、
瀬織津姫様をハートで感じることで、
魂の記憶が少しずつよみがえってくることもあると、
私は思います。

地上が楽園だったころの記憶。
愛そのものである瀬織津姫大神様と、
一人ひとりがしっかりつながって暮らしていたころの記憶。

だから、懐かしい、楽しい、うれしい、笑顔になる。

もっと、もっと、もっと・・・


そんなヤンズさんのイベントは、全国各地で開催されていますが、
今日は、友人が主催する、二つのイベントをご紹介させていただきます。

舞台は関西、大阪と奈良。

ヤンズさんのバースデーパーティ&シ♭ツアー と、
大神神社正式参拝&トークショー

大神神社正式参拝では、ヤンズさんの本とCDの絵でおなじみの
太田昌江画伯もいらっしゃいます!!

たくさんのミラクルが起こる予感に、ドキドキ??ワクワク??

私も参加し、スタッフとしてお手伝いもさせていただきます。
ぜひご一緒に楽しみましょう!!!

詳細は、下記のとおりです。

どうぞよろしくお願いいたします(^-^)♬♫♬


a0285873_12324738.jpg

072.gif 『セオリツ姫シ♭ツアー ソ♯ 天照大神さま in 大阪』
~山水治夫氏 ハッピーバースデーパーティー&ライブ付きセミナー “ミラクル満開” 072.gif


全国で開催される『セオリツ姫シ♭ツアー』と山水さんのバースデーパーティーを、大阪の心斎橋で開催することが決まりました♪

初の試みの懇親会形式シ♭ツアーです! 今回、お誕生日会なので特別、めちゃくちゃお得です。

ヤンズさんこと山水氏の新刊『セオリツ姫シ♭』は、瀬織津姫と音楽の融合の書であり、ド~ドの1オクターブ13音に因み、全国13箇所で展開されています。

何故、天照大神様が、三重県じゃなく大阪で開催されるのか? 山水さんの事、知らないけど…等々。 どんな方でも、皆さまお誘い合わせのうえ、どうぞ奮ってご参加くださいませ。

大阪は笑いは欠かせません! 仮装も、張り切って宜しくお願いします♪

では、ではお待ちしてまっせ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【日 時】2014年2月20日(木)19:00~21:00(開場18:15)

【会 場】イタリアンダイニング BRAAI ~ブライ~ 心斎橋

電話050-5797-0569  http://r.gnavi.co.jp/kbt9400/

住所 〒542-0085 大阪市中央区心斎橋筋2-1-3 isビル2F

アクセス 地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 徒歩3分
地下鉄長堀鶴見緑地線 長堀橋駅 徒歩5分
地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅 徒歩10分
        

【チケット】 5,500縁(食べ物、飲み放題つき)

【主 催】 ミラクルの会
  
木村 美香子(きむら みかこ)
アドレス 
MIKA-12356789☆k.vodafone.ne.jp☆を@に変えてください。
携帯電話 090-8533-3046


件名『220ソ♯』で、
◎氏名(よみがな)  ◎メールアドレス  ◎電話番号  ◎お住まいの都道府県 
私の仕事の関係でなるべくメールでお申し込み宜しくお願いします。折り返し振込先など詳細をお伝えいたします。
※振り込み手数料はお申込者負担でご了承願います。

※2日を過ぎてもこちらからの返信がない場合は、メールが届いてないかもしれません。その際、お手数ですがご連絡お願いいたします。


山水治夫さんのトークショー&ライブ情報 
http://harerama.hahaue.com/tolk.htm


山水治夫さんの公式ブログ
晴耕雨読
http://love.ap.teacup.com/f000401/


a0285873_12332445.jpg

072.gif「山水治夫氏・太田昌江画伯 正式参拝&トークショー」
《第6弾》大和国一之宮 ~“大神神社”~ 072.gif


ほの紅の桜の季節を終え、彩翠の木々が目を和ませる季節となる頃。
来る4月27日に、奈良県は三輪において山水治夫氏・太田昌江画伯のお二人と大神神社正式参拝、 桜井にてトークショーを開催いたします。

(開催)4月27日 (日) 
(時間)13:00~17:00

時間予定
12:45 大神(おおみわ)神社第2鳥居前 集合
13:30 正式参拝開始
14:30 参拝終了後、桜井の会場へ
電車にて移動(一駅)
* エルト桜井まほろばセンター http://www.elt-sakurai.net/elt/mahoroba.html
15:30 山水治夫氏・太田昌江画伯
トークショー開始
17:00 終了  
*若干、移動~トークショーの時間は変動する可能性があります

【会費】 お一人様 6,000 縁 (正式参拝玉串料込み)
《事前振込み(参加お申込み後、振込先をご連絡させていただきます)》

【募集人数】 35~45名様

【会場】《正式参拝》
~∞∞大神神社∞∞~ 
三輪駅より 徒歩約7分
奈良市桜井市三輪1422  http://www.oomiwa.or.jp/index.html

【懇親会】19:00~21:00
トークショー終了後、参加者の方でご希望の方。大阪へ移動しての懇親会となります。(大阪駅周辺)
会費お一人様4,000縁 (参拝&トークの参加費と合わせて事前振り込み)

〔お申し込み・お問い合わせ〕

主催: 高田 由紀子(たかだ ゆきこ)
アドレス atuhira.0859.oka.yuki@softbank.ne.jp  
携帯電話 080ー4249ー2931

件名:『427大神神社』
◎氏名(よみがな) 
◎メールアドレス 
◎電話番号 
◎お住まいの都道府県 
◎懇親会の出欠 
を、なるべくメールにてご連絡ください。折り返し振込先など詳細をお伝えいたします。
尚、当方仕事をしております都合上、直ぐには電話口にでれない場合がございます。
留守録にお名前ご用件をお願いいたします。
後程折り返しのお電話をさせていただきます。
尚、ご不明な点や質問等ございましたら遠慮なくお尋ね下さいませ。

※振り込み手数料はお申込者のご負担で了承願います。

※2日を過ぎてもこちらからの返信がない場合は、恐れ入りますが上記携帯電話にご連絡お願いいたします。
メールが届いていない可能性がございます。
キャンセルにつきましては開催日3日前までにお願いいたします。
尚、当日のキャンセルにつきましては返金いたしかねますので予めご了承下さい。

※ 三輪山に登りたい方は午前九時から登れますが、集合時間は厳守してくださいませ。


山水治夫さんのトークショー&ライブ情報 
http://harerama.hahaue.com/tolk.htm


山水治夫さんの公式ブログ
晴耕雨読
http://love.ap.teacup.com/f000401/


a0285873_12524737.jpg


☆写真の鮮やかなお花たちは「フクシア」です♪ パルシェで撮影しました。

 フクシアの花言葉は、信じた愛、恋の予感、交友、信頼、センスの良さ、
 上品な趣味、暖かい心
 だそうです(*^^*)
 いいですね♪
[PR]
# by angelgarden33 | 2014-01-31 23:55 | イベント | Comments(0)