光のワルツ Part2 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


アイのシンクロ


a0285873_052819.jpg

先週の土曜日、3月15日は、シアトル在住のライフコーチ I(ai) さんの
トークライブに参加させていただきました(主催/大人のための寺子屋プロジェクト)。


会場は、大阪市中央区淡路町にある、レトロでおしゃれなビルの一室。
上の写真はそのビルのエントランスです♪


会場に着き、今日は淡路島から来たんです~という話をしたら、
インディさんが、ここ淡路町は、大阪夏の陣・冬の陣のあと、
復興のために淡路島からやってきた人たちが住んだので、
淡路町という町名なんだよ、と。


知らなかった!淡路町と淡路島に、そんな深いつながりがあったなんて。
シンクロは流れに乗っているサイン♪ いいぞ、いいぞ!


(☆ちなみに、平野町は、平野からきた人が住んだ町らしい。)



そして、 参加者の自己紹介のとき、本を持ってきているなら出したらと、
一緒に参加したミカリンさんにすすめられ、
『夢みる望遠鏡』を出し、まずは I(ai)さんにまわしました。


するとそこでまた、びっくりするようなシンクロがあったのです!


I(ai)さんは、本を開くと自分と同じアイという名前を見つけ、
それから登場人物を紹介した箇所のアイのところを読みました。

「やさしいお母さんになるのが夢…」

それはまさに、I(ai)さんの子供のころの夢と同じだったのです!


夢のことをI(ai)さん自身すっかり忘れていましたが、
この度の帰国で、沖縄の実家に滞在していたとき、
お母さんがI(ai)さんの小学生のときの作文を出してきて、
それを読んだら、将来の夢はやさしいお母さんになること、
と書いてあり、つい最近思い出したばかりというのも、
タイミングよすぎですよね!


こんなこともあるのですね!
場は興奮の渦につつまれました。


何事も偶然はない!
わかっていても、そのつど、新鮮な感動を覚えます!!


淡路町と淡路島のシンクロに続いて、またもやいい感じ(^^)v


ほかにも、この日は、私にも、みんなにも、色んなミラクルが起こり、
とっても印象深く、楽しい一日でした(*^^*)


シアトルでライフコーチとしてご活躍中のI(ai)さんの
愛のつまったお話は、心にストンと落ちて、
私の中のエネルギーをぐるぐるかき混ぜ、
活性化してくれました。


参加してよかったです(^^)v


そして、今回もたくさんの、すばらしい出会いに恵まれ、
そのことにも心から感謝です☆

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

I(ai)さんのプロフィール

現在の活躍の場はシアトル、沖縄出身で日本魂をしっかりと持ったステキな日本人女性です。あのベストセラー名著『こころのチキンスープ』のジャック・キャン・フィールドから『キミはコーチになりなさい』と言われ、そのままコーチになった熱い情熱の持ち主。いつも来日の際には、あっただけで涙ぐむ人続出、一瞬でステキなラポールを築く天才でもあります。 『言葉の魔術師』とも呼ばれ、豊かな感性そのまんまのライフコーチ・母・日本人留学生たちの現地のお母さん役など、たくさんの顔を持つコーチです。 最近はコーチやカウンセラー、セラピストなど人と接する職業の方のキャリア・コーチとしても活躍しています。

(※“大人のための寺子屋プロジェクト”さんのFBに投稿された文章から引用)

✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿✿

a0285873_053336.jpg

▲トークライブ終了後、参加者のみなさんと!(注:Iさんは写ってません…)



トークライブのあとは、参加者のみなさんと一緒にランチを食べにゆき、
そのあと、I(ai)さんが宿泊されているホテルのロビーにて、数人で軽くおしゃべり。


それから、ミカリンさんと二人で、道修町の神農さん・少彦名神社と、
天照大神荒魂 (瀬織津姫)をお祀りする御霊神社を参拝いたしました。


a0285873_052995.jpg

a0285873_053083.jpg

▲少彦名神社

a0285873_052979.jpg

▲愛嬌たっぷりな、薬の神様・神農さま

a0285873_053339.jpg

▲御霊神社

a0285873_053018.jpg

a0285873_053187.jpg

a0285873_053251.jpg

▲御霊神社の梅は、何ともかわいい梅でした。愛おしくなっちゃいました♪



<ご報告>

✩『夢みる望遠鏡』の映画化プロジェクトについて

昨年3月に、このブログで『夢みる望遠鏡』の映画化プロジェクトがスタートしたことを
書かせていただきましたが、じつは昨年6月、その話をいったん白紙に戻しました。
ブログでのご報告が遅れましたこと、ここにお詫び申し上げますm(_ _)m
どうなったんだろう?とお思いの方もいらっしゃったと思います。

セドナに行ったことがそのきっかけかなあ。旅の最中、白紙にすることを決心しました。
あの旅は、私のなかの迷いを吹っ切らせてもらった旅でもあったのです。
ハート、ハート、ハート。ハートの声に正直になれ!ハートが感じることを大切に!
そのメッセージが続くわ、続くわ(笑)
そんなことも含め、セドナの旅はやっぱり特別で、最高の旅だったなと、
今あらためて、思います。お礼を兼ねて、またいつか行きたいです。

ふり出しに戻ったものの、映画化の夢をけっしてあきらめたわけではありません。
気持ちを新たにし、その夢実現に向けて準備をしております。
大切なことを書いた(書かせてもらった)本ですので、
多くの方に読んでいただきたいのですが、
その大切なことをよりわかりやすく、より多くの人の心に届くように伝えるために、
映画やドラマ、演劇、ミュージカルといったカタチになれば素敵だなと思っています。
映画になったことを思い描きながら書いた本でもありますので、
いつかそうなると思います、きっと!
何より、私がそういうアートな世界が好きもので、どんなふうになるんだろう?
という好奇心がとまらなくて。笑。
もしよろしければ、引き続き応援お願いいたします(*^-^*)

『夢みる望遠鏡』の本をまだ読んでない方は、ぜひお読みくださいませ。
よろしくお願いいたします♪♪



a0285873_2424761.jpg


『夢みる望遠鏡』 あらすじ

丘の上の公園で将来の夢の話に夢中になっていた、小学六年生のリク、ミウ、ツバサ、ソーラ、アイの五人は、不思議な老人に声をかけられます。その老人は自分が発明したという「未来や過去が見える望遠鏡」を持っていました。子供たちは未来に夢がかなっているかどうか確かめたくなり、老人に望遠鏡をのぞかせてほしいと頼みます。老人は、一人ひとりがいちばん大切にしている宝物を持ってくるなら、望遠鏡を貸してあげてもいいと答えました。

翌日、老人から言われたとおり宝物を持参した子供たちは、次の満月までの約一カ月間、その望遠鏡を貸してもらえることになりました。老人は使い方を説明したあと、最後に「望遠鏡で何が見えても、それは何千、何万とおりもある未来の可能性の中の一つだ。未来は決められたものではない。未来は変えられる。その力はみんな持っている」という言葉を残し、みんなの前から去っていきました。

望遠鏡をのぞいた子供たちは、そこに何を見たのでしょう? 夢はかなっていたのでしょうか? じつは五人全員が、未来の自分から意外なメッセージを受け取ったのです。もっとも気がかりなのは、生まれつき病弱な少女アイでした。望遠鏡に映った一カ月後のアイは、病院のベッドの上で昏睡状態に陥っていました。それからしばらく経ったある日、まさかと思っていた事態が訪れます。アイは急に具合が悪くなり、入院してしまったのです。

さあ、たいへん! リク、ミウ、ツバサ、ソーラの四人は、アイを救うため、さらに自分たちの未来に希望をもつために、薬草研究家のマーヤに会いに“野之花島”に出かけることになります。その冒険の旅を通して、自分が大事にしていた宝物以上に価値のあるものを手に入れる子どもたち。そして、彼らの勇気ある行動と、心からの祈りが奇跡を生みます……。

物語は二十年経ち、三十二歳になった主人公たちの姿も描いています。では、実際に訪れた彼らの未来は、どんな未来だったのでしょう? かつて望遠鏡で見た未来とちがいはあったのでしょうか? それは……。


幸村みよHP著書紹介のページはこちら(↓)
http://angelgarden33.jimdo.com/book/




a0285873_311050.jpg

▲3月21日春分の日の、伊弉諾神宮・本殿と太陽光
[PR]
by angelgarden33 | 2014-03-22 02:22 | イベント | Comments(5)

恋森神社


a0285873_20314095.jpg


8日に続き、今日も梅の甘い香りただよう南あわじ市広田へ~♪


広田を調べていると、広田八幡神社の近くに、
「恋森神社」というなんともロマンチックな名前の神社があることを知り、
車を走らせ訪ねてきました(*^^*)



その前に、

『広田梅林、広田八幡神社、大宮寺』の記事のたぬきさんのコメントで、
南あわじ市の広田と西宮の広田神社が関係あったことがわかり、
広田八幡神社にも行ってきました!


源頼朝は、平家討伐の成就を祈願し、
西宮の広田神社の神領として淡路の広田荘を寄進している。


ということは、広田八幡神社に広田神社の神様が祀られていても
おかしくはないわけで。


広田神社のご祭神は、天照大神荒魂(撞賢木厳之御魂天疎向津媛命)。
つまり、瀬織津姫。


気になりますし、それを思うと、すごくワクワクしてきました(^^)


a0285873_20163141.jpg

▲広田八幡神社・拝殿


a0285873_20162919.jpg

▲広田八幡神社・本殿左 境内摂社


a0285873_20162868.jpg

▲右は若宮神社、左は天満宮


a0285873_20163020.jpg

▲広田八幡神社・本殿右 境内摂社


a0285873_20163062.jpg

▲天照皇大神と書かれているように思う

 ※この天照皇大神が、広田の神様である天照大神荒魂=瀬織津姫なのでしょうか?



広田八幡神社の上が広田梅林なので、
梅の花の甘くいい香りに包まれての参拝、
すごくしあわせな気持ちになりました(*^^*)



そして、

広田八幡神社のお隣の大宮寺の駐車場に車をとめたまま、
今日の目的の神社、恋森神社に歩いて向かいました。


5分ほどで着きました。


a0285873_20163582.jpg

▲恋森神社(恋森荒神)

今は住宅地のなかにありますが、かつてここには森が拡がっていて、
そこに荒神様をお祀りしていたようです。


a0285873_20163549.jpg

▲幸せをもたらす「恋の森」


a0285873_20163486.jpg

▲2つの祠が仲良く並んでいます♡


この荒神様は、ニギハヤヒとセオリツヒメだ!
( ◜◡‾)(‾◡◝ )

そんなことを勝手に想像しながら、
参拝させていただきました(^◡^)



恋森神社
その昔、小さな男の子と女の子がこの森の前で仲睦まじく語り合っていたという伝説があり、お参りすると夫婦円満のご利益があるといわれている荒神様です。夫婦仲の悪いときは、この荒神の前で相睦まじく語り合えば、もとの恋仲時代の円満な夫婦に戻ると言われています。
この地域に多い苗字「鯉森」も、この伝説に由来していると言われています。森の中にある小さな井戸から湧き出る水を恋の清水と呼び、新婚早々、荒神さんへお参りすれば末永く幸せであると言い伝えられています。

(淡路島観光ガイド http://awajishima-kanko.jp/manual/data_2.html より)




大宮寺にもお参りさせていただきました。


a0285873_2020193.jpg

a0285873_20195857.jpg

a0285873_20195967.jpg



大宮寺の咲き誇る梅の姿にもうっとり♪

a0285873_20163639.jpg

a0285873_20163752.jpg

a0285873_2016372.jpg

a0285873_20195829.jpg

a0285873_202027.jpg

a0285873_2020031.jpg


ここでも甘い香りのシャワーを浴び、
ルンルン気分で帰途につきました(^-^✿)




こちらは、今日(3/12)の10:20ごろの雲☆
おもしろいカタチだな~と思って撮りました♪

a0285873_259331.jpg

龍さんたち?
[PR]
by angelgarden33 | 2014-03-13 03:13 | AWAJISHIMA | Comments(0)

鮎屋の滝へ


a0285873_1593634.jpg

今日(3/9)は、勘ナビ(笑)で、鮎屋の滝まで行ってきました♪


3回目だったけど、自分の運転では2回目。


ちょっと迷ったけど、なんとか無事到着!


わりと有名な観光スポットで、日曜日だというのに、
2組の観光客にしか会いませんでした。


そして、その方がたとはべつにお一人、
滝修行に来られていた方がいました。


a0285873_20227.jpg

滝の写真を撮影していると、階段のところから
ストップしてほしいという合図をされて、
しかたなく撮影はあきらめることに。


そのあと、その方は滝に入られました。
すごい勢いで水が落ちている中へ。


それで、滝行するところだったことがわかったのです。。。



邪魔してはいけないと思い、滝には近づかず、
不動明王のお堂などを先に訪ねました。


滝のそばでゆ~っくりしたかったんだけど、
それはまた今度ね。


桜の木がたくさんあったから、桜の花の季節に来ればいいかな。
きれいだろうな~♪


以前、ここにアベアキエさんをご案内したことがあり、
そのとき、龍宮みたい!とすごく感動されていました(^^)


本当にそんな感じなんですよ!


でも、これは私の印象なんですが、
ここはまだ本来のエネルギーがすべて出てない気がするんです。
なんとなく、そう感じます。


うん、また来よう!!!

a0285873_20455.jpg

▲不動明王のお堂


a0285873_212995.jpg

a0285873_21487.jpg

鮎屋の森も歩いてみたいなあ♪



a0285873_22062.jpg

▲駐車場(鮎屋の滝の入り口)





鮎屋の滝に来る前、
迷い込んだ道に小さな神社を発見!


思わず、車をとめ、参拝しましたよ。

a0285873_222894.jpg

a0285873_22423.jpg

こういう神社大好きなの!!


川ぞいの道の山側にありました。


これも、ありがたいご縁ですね(*^^*)
[PR]
by angelgarden33 | 2014-03-10 03:33 | AWAJISHIMA | Comments(2)

a0285873_0532679.jpg


澄んだ青空に誘われて、広田梅林へ。


毎年、行こうと思いつつ、気がつくと、花の時期が過ぎていて、
訪れたことがなかったのです。


いろんな色の、いろんな種類の梅があって、満喫できました!


梅の花って、こんなに濃厚な香りだったっけ?


まず、その香りに癒されました(*^^*)


人気のスポットというのがよくわかりました♪


a0285873_0571036.jpg

a0285873_0572695.jpg

a0285873_0575584.jpg

a0285873_0581316.jpg

a0285873_0582833.jpg


広田梅林に隣接する広田八幡神社と大宮寺も訪ねました。


a0285873_104187.jpg

▲広田梅林、広田八幡神社、大宮寺の説明


a0285873_05857100.jpg

a0285873_0591192.jpg

▲広田八幡神社


a0285873_05942100.jpg

a0285873_0595668.jpg

a0285873_10174.jpg

▲大宮寺



おだやかな春を感じるありがたい一日でした(*^-^*)




☆よろしかったら、ホームページのPhoto Albumへもどうぞ♪

http://angelgarden33.jimdo.com/photo-album/広田梅林-広田八幡神社-大宮寺/

[PR]
by angelgarden33 | 2014-03-08 22:22 | AWAJISHIMA | Comments(4)