Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧



a0285873_23584986.jpg


7月21日(日)、神戸・南京町の 「龍郷」」さんで開催された、
ヤンズさん(山水治夫さん)のトーク&ライブ
" セオリツ姫・シ♭ツアー " ♪ド♪ に参加してきました!


全国13ヶ所で開催予定の、“セオリツ姫・シ♭ツアー ”の、記念すべき第一回目。
1オクターブ13音の、最初のド、それが神戸(神の戸)でした。


セオリツ姫と音楽の融合。
これまでとは、またちがう趣のある時間の流れ。


ヤンズさんしか生み出せない、魂の琴線にふれる作品。
そんな感じの、展開と内容。


入ってくる、どんどん。
まだ開けていない扉をノックし、解放してくれる。
本来の自分に戻れるように。


自然に、ナチュラルに、
それがなされてゆくんですね。


瀬織津姫を知る、近づくということは、
そういうことなのかも・・・。



もっと、ずっと、聴いていたくなるような、
本当に素敵なトーク&ライブでした♪



さて、“セオリツ姫・シ♭ツアー ”
あと12ヶ所の舞台は、いったいどこなのでしょう?


お近くで開催されたときは(もちろん、遠くても)、
ぜひ参加されてくださいね!


私もまた、聴きに行きたいです(*^^*)



懇親会も、同じ会場 「龍郷」」さんで行われ、
美味しい本格中華をいただきました!


懐かしいメンバーとの再会、
新しい、すばらしい出会い、
楽しい時間は、あっという間に過ぎてゆきました。



主催のデコポンさん、お世話になり、
ありがとうございました!


会場でお会いしたみなさま、
ありがとうございました!


そして、ヤンズさん、
今回も素敵な時間をありがとうございました!




❀ ❀ ❀ ❀ ❀


もう、一ヵ月以上前になりますが、
セドナの旅から日本に戻ってきた翌日の6月20日、
東京の瀬織津姫を祭る神社2社を参拝いたしました。
(ヤンズさんにおすすめの神社をお聞きして行ってきました♪)


小野神社と人見稲荷神社。


どちらも、すごく良かったです!


せっかくなので、写真を載せておきます♪



小野神社
a0285873_237182.jpg

a0285873_2371556.jpg

a0285873_2373243.jpg

小野神社でハート♡を発見!
セドナとハートでつながっている!!
ここに来たのも、必然だったのかしら、と思いました。
瀬織津姫様の計らい、すばらしいです。



人見稲荷神社
a0285873_2382034.jpg

a0285873_2384262.jpg

a0285873_2385788.jpg

人見稲荷神社は、駅から向かっている途中、
親切な方に出会い、神社まで、車で送っていただきました。
けっこう歩かないと行けなかったし、
雨が降っていたので、すごく助かりました。




良いお参りができたことに、心から感謝です♡
[PR]
by angelgarden33 | 2013-07-24 01:33 | イベント | Comments(0)

セドナの休日(8)


a0285873_1624918.jpg


セドナの旅の報告も、いよいよ最終回です。


4日目は、まずはニューエイジ総合ショップ「ニューエイジセンター」へ。
クリスタル、ジュエリー、キャンドル、スピリチュアル系書籍、
CDなどのグッズを販売しているほか、
常駐のサイキックの方によるリーディングも受けられるお店です。

a0285873_16185335.jpg


今回、サイキックリーディングは受けるつもりはなかったのですが、
せっかくだからということで、受けてみることにしました。


サイキックのSong Birdさんは若い女性でしたが、
あたたかく包み込んでくれるマザーの波動をもった方で、
リーディングの内容も、私自身のさらなる解放につながり、
お会いできて良かったと思います♫


a0285873_21134314.jpg

「ニューエイジセンター」の前にいたお友達と(笑)



そして、「ニューエイジセンター」の次に行ったのは「ミスティカルバザール」。
そこもまた、スピリチュアルグッズを販売しているお店です。

実は私、この「ミスティカルバザール」で、
その前のリーディングの影響だと思うのですが、
商品を眺めながら、突然、涙があふれ出てきて、
とまらなくなってしまったのです。


それに気づいたスタッフの方が私に近づいて、
これをと言って、ローズクオーツの大きな球を
手渡してくれました。


そのやさしさに、また癒されて・・・。


すべてを受け入れてくれる、安心感、心地よさ。


今度は私も誰かに・・・となりますね。


こういう出来事があって、
セドナがますます好きになったのでした。


a0285873_16191783.jpg

この日は、ドランヴァロさんと、おいしいタイ料理のランチを
ご一緒させていただきました。


「フラワー・オブ・ライフ〜古代神聖幾何学の秘密」などの
ご本を書かれたドランヴァロ・メルキゼデクさんです。


ドランヴァロさんというお名前しかお聞きしてなかったので、
フラワー・オブ・ライフのメルキゼデクさんだとは思ってなくて、
お会いしてやっと気づいた次第です。


フラワー・オブ・ライフはすごく興味があって、
ドランヴァロさんのお顔はネット等でよく拝見していました。


私にとってはサプライズ。本当に感動でした!


通訳として同席されていたYuko Itoさんも、
この旅でお会いするのが2度目だったので、
その再会もうれしかったです♪


この前々日、「クリスタルマジック」で
フラワー・オブ・ライフがすごく気になって、
そのペンダントトップを購入していたので、
それをつけてくればよかったなと、思いました。


a0285873_16193157.jpg

私が注文したのは、イエロータイカレー。
ほどよい辛さで、とっても美味でした(*^^*)


このタイレストランは、お店の雰囲気も、
スタッフの方も感じがよくて、
また行ってみたいと思いました♪


a0285873_16195112.jpg

ドランヴァロ・メルキゼデクさんと♪
私のこの表情、本当にうれしそうでしょ?




次に向かったのは、妖精の泉。
古代水が湧いているそうです。

a0285873_1622850.jpg

小川を渡って泉へと進みます。
そこで水を飲み、
野生のクレソンをいただき、
持ってきた石を、泉の水で洗い清め、
水を汲んで帰りました。

a0285873_16222262.jpg

小川の中にいるところを撮ってもらいました。
光が美しいですね!!

a0285873_16231050.jpg

妖精の泉の上流にある源泉。
小屋の中にあります。

a0285873_16235223.jpg

泉の水を汲んでいるところ。
マジェンタ色の光が入りましたね!




4日目の最後は、UFO基地と呼ばれる場所へ。
UFOの発着所らしいです。


ここでの思い出は、全員で、
メディスン・ホイールを作ったこと!
a0285873_172222.jpg

みんなが夢中になって作ったから、
あっという間にできちゃいましたよ♪

a0285873_1725010.jpg

メディスン・ホイールで8人が輪になり、瞑想タイム。

a0285873_2232899.jpg

ここにもハート♡が!!

a0285873_1735450.jpg

UFOには会えなかったけど、
最高の夕焼けに出会えました!
もう、それでじゅうぶん(*^^*)


a0285873_175081.jpg

セドナに来たら、話のネタに一度は入ってみたい、
UFOがテーマのレストラン「レッドプラネット」。

夕食を食べたお店です♪


a0285873_1742592.jpg

a0285873_1744076.jpg

宇宙人が、いっぱいいて、楽しい\(^0^)/

a0285873_1751179.jpg

サラダまで、宇宙人にみえちゃう!

a0285873_1752455.jpg

誰?スプーンを曲げたのは!

というか、ただ使っただけ?触っただけ?
で、曲がっちゃったんだって!

右が普通のスプーンで、左がヤンズさんの使ったスプーン。

ちょっと、すごすぎません?

セドナで超能力が身につきましたか?




色んな話題でたくさん盛り上がって、
笑いで締めくくったセドナの旅。

もう、言うことなし、ですね!


a0285873_17122822.jpg


旅をご一緒してくださったすばらしい仲間たちに
心から感謝します!

セドナで出会ったすべてのみなさんに
心から感謝します!

そして、この旅の報告を最後まで
お読みくださったみなさんに心から感謝します!


本当にありがとうございました!!


また、いつか、どこかの旅で
お会いしましょう!

その日を楽しみにしています(*^-^*)
[PR]
by angelgarden33 | 2013-07-20 02:11 | | Comments(4)

セドナの休日(7)


a0285873_16115428.jpg


セドナ3日目最後の訪問地、子宮の洞窟(Birthing Cave)は、
ガイドのNANAさんの案内で行ってきました!



その道中、自生する植物たちとの出会いも
心をワクワクさせてくれました❀

a0285873_1552573.jpg

a0285873_15532160.jpg

a0285873_16125042.jpg

a0285873_15553929.jpg

a0285873_1553559.jpg

ハート型のサボテンさん♡




そして、

ハート型の岩山♡

a0285873_15571030.jpg

そう、この岩山こそが、
“子宮の洞窟(Birthing Cave)”
と呼ばれている場所です!!

a0285873_1123407.jpg

ボイントンキャニオンでいただいたハートの石!
形だけで見ると、ちょうどすっぽりと入る感じで、
それもまた面白い偶然だなと。
なんだか、二つでワンセットみたいな。
ハートの奇跡、ですね♪



洞窟へと向かう前に、その眼下に位置する
シナワ族のメディスン・ホイールの遺跡を訪ね、
NANAさんから、その遺跡についての説明を受けた後、
神聖なる儀式をし、感謝の祈りを捧げ、
それから、再生を象徴する場、
子宮の洞窟の中に、入らせていただきました。

a0285873_161169.jpg

石で作られた聖なる輪。
シナワ族が儀式を執り行っていたという、
メディスン・ホイールの遺跡です。

上の写真手前に写っている三角形の石の先端は、
ほぼ真北を指していて、
その先に子宮の洞窟があります。


a0285873_1631380.jpg

子宮の洞窟からみた景色。
目の前に拡がるこの光景が、別世界のもののように感じるのは私だけ?


子宮に再び入る。それは、新たな誕生を意味します。
そして、ここで願ったことは、必ずかなう、と言われています。


洞窟内部には、大人ひとり入れるくらいの穴があり、
そこをめざして、急斜面を登っていきます。


a0285873_1635061.jpg

すごい急斜面に立っているのに、この余裕の表情。
こわくないの? という声が聞こえてきそうですね。


ハイ、実はそのとおりで、
どういうわけか、まったくこわくなかったのです。
足どり軽やかに、歩けたのです。
高所恐怖症なのに、不思議でしょ?


いちばんビビりそうなイメージなのにって、
みんなに驚かれてしまいました(^^)


もしかすると、過去生で来ていたのかな?
ここか、似た場所に。
初めてではない気がしたのです、何となく。
(ラコタ族の過去生?それとも・・・)


願ったことはかなう場所だから、
無意識に願っていたとも考えられますね。


いずれにせよ、おそれを知らない自分と出会ったことは、
これからの大きなパワーになります。


それもよい経験でした(*^-^*)


a0285873_1641517.jpg

ポーズも決まり!


a0285873_21543294.jpg

KENNYさんのサポートのお陰で、
無事、穴の中に入ることができました!
ありがとうございます!


a0285873_23382226.jpg

母なる地球の胎内で、安心しきってくつろぐ私。


a0285873_1661166.jpg

生まれ変わって眺める世界は、
いちだんと輝きに満ち満ちていました!


ありがとうございました!!


(次回につづく)
[PR]
by angelgarden33 | 2013-07-20 02:10 | | Comments(0)

セドナの休日(6)


a0285873_231740.jpg

a0285873_23155895.jpg


ヘリコプターで上空からセドナを楽しんだあとは、
ネイティブアメリカンの壁画に会いに、
VバーV・ランチ・ペトログリフ・サイトへ。


1150年から1400年のシナワ・インディアンの数多くの
壁画を見ることができる、かなり興味深い場所でした!


a0285873_232631.jpg


大きな一枚岩に、人間、ヘビ、カメ、コヨーテ、鹿、
渦巻き、象形文字、宇宙人(?)・・・などが
ところ狭しと描かれています。


a0285873_237131.jpg

a0285873_2394234.jpg


これらの壁画は、
農耕のためのカレンダーだったとか、
人間の一生を意味しているとか、
神話をあらわしているとか・・・
いろんな解釈があるようです。


そして、春分、秋分、夏至、冬至には、
太陽が特別な壁画を照らすらしい。


どの日も、渦巻き模様の壁画のところに
光が差し込むようです。


そのことを考えると、
ただ岩に思いつくまま絵を描いているわけではなく、
しっかりとした意図を持ち、絵を残しているということ。


これらの絵は、人類の進化と、
何らかの関わりがあるのでしょうか?


a0285873_2310441.jpg

a0285873_23102825.jpg

a0285873_23153539.jpg

a0285873_1554857.jpg


それにしても、ここは、とても強いエネルギーを感じました。





a0285873_23211848.jpg


次に訪ねたのは、
石灰石のくぼみに水がたまってできた湖、
モンテズマ・ウェル。


ホホカム族とシナワ族は、この水の恩恵にあずかり、
農作業用灌漑施設も造られました。


年間を通じて、水温が25度を保っているそうです。



a0285873_23213940.jpg

エメラルドグリーンに輝く湖水が神秘的。


a0285873_23221159.jpg

a0285873_23222738.jpg

その岩肌には、住居跡があります。



モンテズマ・ウェルを見学したあとは、
セドナの町に戻り、遅めの昼食をとって、
いよいよ、子宮の洞窟に行くのですが・・・
その話は、また次回に!


(次回につづく)
[PR]
by angelgarden33 | 2013-07-13 22:22 | | Comments(0)

セドナの休日(5)


a0285873_1448838.jpg


セドナ3日目。


この日訪ねたのは、次の場所です。


 チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス
 ヘリコプター周遊ツアー
 ネイティブアメリカンの壁画
 モンテズマ・ウェル
 子宮の洞窟(Birthing Cave)



セドナでの日々は、どの瞬間を切り取っても、味わい深く、すばらしいものだったのですが、
なかでも、この3日目は、いつまでも心に残るであろう、特別な一日でした072.gif




まず、朝一番に向かったのが、
レッドロックの上に建てられた教会、チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス。



坂道の途中には、キュートなサボテンの花が咲いていました♪
a0285873_0552346.jpg


チャペル・オブ・ザ・ホーリークロスの入り口。
a0285873_044089.jpg

モダンで洗練されたデザインが素敵ですね♪
青空とレッドロックの風景に見事に溶け込んでいます。



中に入ると、ガラス越しに、レッドロックを見渡せます。
a0285873_042496.jpg


教会の椅子に座り、目を閉じて、心静かに、
父なる神、母なる神に、いつもの感謝の祈りを捧げていると、
父なる神、母なる神が、実体を持ってそこにいるような、そんな気配が・・・

そして、いつのまにか、父なる神、母なる神の御胸に抱かれ、
この上ないやすらぎを感じている自分がいました。

a0285873_0543.jpg


「わが娘よ!
だいじょうぶ、このままで、だいじょうぶ。
何の問題もありません。
自信をもって、自分自身を生きなさい。
人生を思う存分楽しみなさい。
そのために、『ここ』にいるのですから・・・」

そう言ってくれているような気がしました。


神の御心が伝わってきて、思わず涙ぐんでしまいました。


魂が癒された瞬間でした。


このような、癒しの瞬間が、セドナ滞在中に何度あったことか。


ベルロックを訪ねた、セドナ1日目の夜、
肉体的な浄化が自分の身に起こったとき、
ひとつ決心をしました。


解放できることは、すべてここで解放しよう。
セドナの力にまかせ、
浄化しきって、日本へ戻ろう。


日本まで、持ち越さないでおこう。


だから、滞在中、出てきた感情は、
どんなものでもオッケーなのだ。


古くて、要らないもの、すべて出しきっちゃおう!


そんな風に思っていたのでした。


涙の浄化。


それも含め、すべて、ありがたい体験です。


a0285873_0545233.jpg

十字架が目を引くチャペル・オブ・ザ・ホーリークロスは、
山の上にあるので、眺めは抜群です。





このあとは、人生初の体験!
セドナを空から楽しむ、
ヘリコプター周遊ツアーへ。


勢いで、参加します!と、
手を上げてしまいましたが、
高所恐怖症ゆえ、内心ドキドキ。


8人のうち、5人が、
ヘリコプターに乗りました。


結果、やはり、乗って良かった!
最高に素敵な思い出ができました♪



a0285873_0104690.jpg

まずは、先に3人が出発。
ほかのメンバーが、建物の中と外で、
見送ってくれています。


a0285873_011442.jpg

心の準備は、オッケー!
では、約15分の、空中旅行に、
行ってきま~す(^o^)/


a0285873_0131417.jpg

美しいセドナの風景を眼下に見て、
最初に口から出てきた言葉が
「ステキ~~~!!」

高所恐怖症はどっかに吹っ飛んじゃいました!

それからは、夢中で、景色を堪能しました!


a0285873_0142150.jpg

キャセドラルロックです!


a0285873_0173136.jpg

上から見た、「お釈迦様の手」です♪


a0285873_0174937.jpg

a0285873_018869.jpg

a0285873_0184022.jpg

a0285873_0191018.jpg

ヘリコプターにはドアがないので、
まるで鳥になったような気分で、
地上を眺めることができます。

飛行機からガラス越しに
地上を眺める感覚とは、またちがいます。

地球って、なんてすばらしいの!

はじめて地球にやってきたときのことを
思い出したりして・・・

魂の記憶。

よくわからないけど、
そんなことを考えたりしていました。



a0285873_0213280.jpg

a0285873_0215092.jpg

a0285873_0234760.jpg

a0285873_024267.jpg

a0285873_0242575.jpg

a0285873_0261792.jpg

a0285873_0263245.jpg

a0285873_0292098.jpg


楽しかった!!

今思い出しても、嬉しくなります。

あのワクワク感、くせになりそう(笑)


a0285873_0302945.jpg

a0285873_0304561.jpg

「ただいま~」の記念撮影♪


パイロットのお兄さん、お疲れ様!
ありがとうございました!!



(次回につづく)
[PR]
by angelgarden33 | 2013-07-11 01:11 | | Comments(0)

セドナの休日(4)


a0285873_23491020.jpg


セドナに出発する前夜のこと。

その夜の淡路島は、星がきれいで、外に出て、しばらく星空を眺めていました。

そのとき何気なく

「宇宙のお仲間さん、セドナで会おうね!」と、

心のなかで語りかけたのです。

すると、見上げていた東の空に、なんと、流れ星が流れたのです!

一瞬の出来事でした!

流れ星を見たのも久しぶりなのに、このタイミングの良さ!

これって、合図?

驚きと感動で、胸がいっぱいになりました072.gif







さて、今日は、セドナ2日目の話をしますね。



この日訪ねたボルテックスは、エアポートメサ、ボイントンキャニオン、
キャセドラルロック、レッドロッククロッシングの4ヵ所です。


その合間に、2つのお店をハシゴして、大好きなクリスタルや天使グッズ、
ネイティブアメリカンの工芸品などのショッピングも堪能できました♪


ボルテックスでは、バニラの香り、彩雲、ケサランパサランの祝福…


ケサランパサランは、ふと気づくと、まわりをふわふわ漂っていて、
かわいかったです♪


おいしいイタリアンの夕食の席では、日本から来られていた
造形作家のH先生との出会いもあり、
朝から晩までワクワク、バラエティに富んだ時空の旅を体感しました(*^-^*)



a0285873_23592476.jpg

(↑)朝一番に訪ねたエアポートメサからの眺め。
 セドナの町を一望できる絶景ポイントです!


この景色に満足したあと、次なる目的地、ボイントンキャニオンへGO!



a0285873_032674.jpg

(↑)この日のドライバーは…Tomikoさん♪
 プロ級のハンドルさばきに惚れぼれ(○^^○)



そして、ボイントンキャニオントレイルの入り口付近で、
めちゃくちゃハッピーな出来事が待っていました!


そのハッピーをくださったのが、この男性です♪
a0285873_064379.jpg

一番上の写真の、8人が持っているハート型の石♡
この男性がくださったものだったのです!

ご自身でハート型に削ったここの石を、出会った方みなさんに配っていました。

この石をもらって、笑顔にならない人はいません(*^^*)

そして、八つのハートを集めて、ぱちり!

私たちの今回の旅を象徴するような、絆を確かめ合うような、
素敵な写真が生まれました!

ありがたきミラクルな出会いでした☆



a0285873_081783.jpg

(↑)セドナのトレイルで、目を引いたのがこの黄色い花。
 アガベ(センチュリープラント)といい、
 20~30年に一度だけ、花が開くそうです♪



a0285873_092927.jpg

(↑)地面を見ると、セミの幼虫が地中から出てきた穴がいっぱい!



そして、そこにある木を見ると、

a0285873_094625.jpg

(↑)セミの抜け殻の数がすごいこと!
 一本の木に、こんなに! ちょっと、びっくりでした!
 (※写真は一部で、実際はもっと多いです。)



まわりの自然や景色を楽しみながら、
トレイルを進んでゆきます。

a0285873_022152.jpg

a0285873_0223656.jpg



ボイントンキャニオンのシンボル、
カチーナウーマンが近づいてきました!

a0285873_15135099.jpg

(↑)右側がカチーナウーマンで、女性性を象徴するレッドロック。
 左側は、男性性のレッドロックです。


a0285873_1201091.jpg

a0285873_23572596.jpg



そして、ここボイントンキャニオンのカチーナウーマンの前で、
濃厚な“バニラの香り”を体験したのです!


まず、ヤンズさんがバニラの香りがする!と言い、
そのあと、私にも、その香りが感じられました!


ベルロックでも、ここでも、瀬織津姫のサインが!


感動、感激です!!


(☆バニラの香りは、その後、ホテルの敷地内の、あるポイントでも、何度かしました♪)
  


a0285873_23514770.jpg

(↑)ここに来られたことに、感謝の気持ちを伝えました。ありがとう♪♪♪



a0285873_02653100.jpg

(↑)サボテンのハート、み~つけた!うふふ。



a0285873_1102365.jpg

(↑)ショッピングに立ち寄った、クリスタルマジック。



a0285873_1105735.jpg

(↑)クリスタルに天使グッズなどなど、見ているだけでも楽しかったです(^^)♪



a0285873_1112045.jpg

(↑)ランチは、天使のマークがかわいいこのお店で!



それから、次に向かったのは、キャセドラルロックです。

a0285873_0305864.jpg

(↑)キャセドラルロックでは、美しい彩雲が迎えてくれました!
 だけど、写真に撮ると、肉眼で見た色合いがでない。。。
 本当にきれいでした~♪



a0285873_0343168.jpg

(↑)まるで大聖堂のようなその姿から名付けられたキャセドラルロック。



思い思いに、キャセドラルロックのエネルギーを感じて…。

a0285873_03868.jpg

a0285873_037485.jpg


私も、ここで仰向けになって、大地と溶け合う時間を過ごしました。
大らかなやさしさに包まれながら、何ともいえない開放感に満たされました。

自然の一部になった私。
私でありながら、私でない、そんな感覚。

何を考えていたのだろう?
思い出せない。

ただ気持ちよくて。

でも、大地のあたたかさは、しっかり覚えているよ。


a0285873_23481035.jpg

(↑)キャセドラルロック、このボルテックスは、
 今度また、ゆ~っくり来たい!と思いました♪
 何時間でも過ごせる気がします(*^^*)
 きっと、戻ってくるからね~!!



a0285873_0411189.jpg

(↑)ハートを見るたび、うれしさがこみ上げて来る(*^-^*)
 自然にハートに目がいっちゃう、そんな旅でもありましたとさ。笑。



キャセドラルロックトレイル歩きを楽しんだあとは、
小川の流れる風光明媚な癒しの場所、レッドロッククロッシングへ。

セドナ2日目、ボルテックスめぐりのラストを飾るのにぴったりな、
素敵なポイントでした♪

a0285873_227370.jpg

(↑)ここから眺めるキャセドラルロックがまた最高!



a0285873_0435435.jpg

a0285873_0455570.jpg

(↑)今日買った石を川の水に浸して浄化しました。
 みんな、すっきりとした表情で、気持ちよさそう、でしょ? 



a0285873_0473949.jpg

(↑)この日の西日は、すごいパワーを感じました!



a0285873_0502712.jpg

(↑)何だか地球じゃないみたい…。
 光の先にはUFOが待っている?



a0285873_0545371.jpg

(↑)レッドロッククロッシングからのキャセドラルロック。
 真ん中の細長く突き出ている岩は、お釈迦様の手と言われています。





さあ、翌日からは、いよいよ裏セドナへ。


そこに待っていたのは、予想をはるかに超えた、
すばらしい体験の数かず。


それを言葉で表現するのは難しいけれど、
ほんの一部だけでも、写真とともに紹介できればと思います。


お楽しみに♪


(次回につづく)
[PR]
by angelgarden33 | 2013-07-05 00:00 | | Comments(0)