Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


虹色の龍、観にゆく


a0285873_18184760.jpg

(▲写真1)

a0285873_18184849.jpg

(▲写真2)

一昨日(23日)は草場一壽さんの陶彩画展を観にポートピアギャラリーへ。
いちばん楽しみにしていた、見る角度によっていろんな色に変化する、
虹色の龍の新作「時は今」。
その構図、表情、輝き…すべてに魅了されました!

写真1はその作品の前で草場さんといっしょに撮ってもらった一枚。
写真2は作品の横に展示されていた草場さんの詩。

すばらしいものを見せていただき、本当にありがとうございました♪

神戸個展は26日まで。
28日から3月4日までは愛知個展(愛知県芸術文化センター)。


☆フェイスブックに一番上の写真と記事をアップロードしていたのに、
 なぜかウォールに反映されていたり、されていなかったり。
 どうしてなんでしょうか??
 ということで、ブログにもアップしました(^^) 
 フェイスブックはまだまだ使いこなせていませんが、
 ぼちぼち楽しんでいます♪
 ちなみに、登録は幸村みよではなく本名です。
 もしご存じでしたら、友達リクエストしてくださいね♪♪


[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-25 15:06 | 感動だなあ

a0285873_18184632.jpg


今日は、伊弉諾神宮で行われた
「古事記編纂1300年記念大祭」に参列させていただきました。
すばらしい機会をいただけたこと、本当に感謝しております。

「古事記」が712年に編纂されてから1300年。
太安万侶によって献上されたのが、
現在の暦で2月19日にあたるということですね。

昨日の雪は、今考えるとお清めの雪だったのかもしれません。
今日はみごとな快晴!!


a0285873_18184653.jpg


(↑)朝10時頃はまだ、授与所の屋根に雪が残っていました。


a0285873_18184640.jpg


(↑)巫女さんによる神楽舞、美しかったです!


a0285873_18184784.jpg


(↑)大歳久美子さんの語り、かりんさんの25絃筝・唄による音楽作品、
  組曲「大和のまほろば」の奉納行事もありました。
  とにかくすばらしかったです!!
  午後から参加したシンポジウムのオープニングでも披露されたのですが、
  彼女たちの神語りの世界、ぜひ一度体験してほしいです。
  感動しますよ♪


a0285873_18184786.jpg


洲本市文化体育館での
「古事記編纂1300年記念日シンポジウム」にも参加しました。

筑波大学名誉教授・村上和雄さんのお話では、
「生き物はすべて同じ遺伝子暗号でつながっている」
という言葉が印象に残りました。

有意義な一日でした!

[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-19 23:51 | 今日の出来事

昨日(2/15)は、西宮の越木岩公民館で行われた
神話伝承研究家・大江幸久さんの講演会に参加いたしました。

講演のタイトルは

『謎の女神瀬織津姫・ワカ姫と西宮の深い関係』

ホツマで伝えられている瀬織津姫とワカ姫の物語の紹介や、
その二女神と西宮がどう関連するのかなど、
スライドを用いながらとてもわかりやすくお話してくださいました。

廣田・六甲山周辺の実地調査の報告は、とくに興味深かったですね!

会場に来られていたみなさん、とても熱心に聞き入っていました。

あっという間に時間が過ぎた感じでした。

講演後の茶話会も楽しかったです♪

大江さん、本当にありがとうございました!!


その大江さんのブログはこちら(↓)です

http://white.ap.teacup.com/hakuto/

☆西宮講演の資料を早くもアップされています。
  ぜひご覧になってみてくださいね♪



講演会に行く前、
元町のアートホール神戸に寄って「円空展」を鑑賞し、
それから西宮市甑岩町にある越木岩神社にお参りしました。

淡路島の実家を出る時間がおそくなったため、
いっしょに行く予定だったメンバーと別行動に。

円空展だけでも見れたらいいと思っていたら、
苦楽園口駅に意外と早く到着。
越木岩神社もしっかり参拝させていただきました。
上のイワクラも回れました♪
雨上がりの境内は、しっとりとしていい雰囲気。
木々の香りが心地いい!
あの空間で深呼吸できただけでも、
訪ねた甲斐があったと思いました(^^)v


a0285873_18184290.jpg


(↑)円空展のポスター

個性的な木彫仏の数かず…
それぞれに魂が入っているのを感じました。

円空さんは、すばらしいアーティストですね!
生きていらっしゃったら、
ぜったいお会いしに行っていたと思います!!

聖観音菩薩像のあの微笑んだお顔、
頭から離れられないです。


a0285873_18184209.jpg


(↑)越木岩神社の境内社・六甲山社
  菊理媛神をお祀りしています。


a0285873_18184341.jpg


(↑)越木岩神社・稚日女尊(わかひるめのみこと)の磐座


a0285873_18184373.jpg


(↑)木がイワクラに座っているみたいですね…



越木岩神社の森の木は、どれも表情豊か!
ここも大地のエネルギーがすごそうですね!!

a0285873_18184346.jpg


a0285873_18184422.jpg


a0285873_18184469.jpg


a0285873_18184498.jpg


a0285873_18184564.jpg



越木岩神社の参道の桜の幹も、
ご覧の通り、ふつうとはちょっとちがいますね。

a0285873_18184591.jpg



じつは、越木岩神社から越木岩公民館に向かっている途中、
ちょっとした不思議な体験がありました。
(もう不思議とは思えない、当たり前になりつつある体験ともいえますが)

講演会のスタート時間が迫っていたので、
小走りで会場に向かっていたときです。

後ろの方から飛んできた一匹のカラスが、
道路を挟んだ斜め前の木にとまりました。

鳥はメッセンジャーであることがわかっているので、
急ぎながらもなんとなくそのカラスを見ていました。

すると、そのカラスは、まさに
私の方に向かって飛んできたのです。
ふつうだったら、カラスが自分の方に飛んできたら、
驚いたり、こわかったりしますよね。
まったくそんなことは思いませんでした。
むしろ、かわわいいなあ、って思ったんです♪

カラスは私の肩にとまりそうなほど近づいて、
それから近くの家の塀にとまりました。

振り返ってカラスを見ました。
目が合いました。
ありがとう、と私は思わず声をかけていました。

これはどんなメッセージなんだろうなあ…。
わからないけど、まあいいや、と思いました。

でも、あとで、これだ! ということがありました。

カラスのことがあってすぐ、
左にあった公園から女性が現われました。
とっさに、その女性に会場の場所を尋ねました。

すると、私も今からそこに行くから、
一緒に行きましょうということになったのです。

それも、同じ大江さんの講演会を聞きに行こうと
されている方だったのです。

その方にお会いしたおかげで、最短コースで
会場までたどり着くことができました。

しかもその道には、越木岩神社の昔からの古い鳥居があったりして、
まさに参道そのものでした。

神様が用意してくださった出会いとしか思えません。

私はそのように感じました。

やっぱり、ヤタガラスさん、かな。

[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-17 02:10 | 最近の出来事

2月11日に訪ねた神社をいくつかご紹介します。

a0285873_18183768.jpg


(↑)東経135度線上に鎮座する恵比須神社

 淡路島の最北端、
 対岸の明石に最も近い松帆の浦にあります。
 松帆という地名は、海峡を渡る船が風待ちや
 潮待ちをしたのに由来するといいます。

 この鳥居のすぐ下は砂浜で、
 打ち寄せる波の音が心地よかったです♪
 明石海峡大橋の眺めもバツグン!
 隠れた癒しのスポットですね(^^)


a0285873_18183815.jpg


(↑)恵比須神社


a0285873_18183805.jpg


(↑)恵比須神社

 この神社に到着して間もない午後3時40分頃、
 砂浜から鳥居と社をカメラで撮ろうとしたとき、
 あれ?と思いました。
 なんと、社のちょうど真上に太陽がきていたのです!
 すごくいいタイミングで来ることができたようです(^^)v


a0285873_18183802.jpg


(↑)こちらは岩屋港の前にある恵比須神社

http://awajishima-kanko.jp/manual/data_524.html


a0285873_18183988.jpg


(↑)岩樟神社

  恵比須神社の奥にあります。

http://awajishima-kanko.jp/manual/data_523.html


a0285873_18183902.jpg


(↑)岩樟神社の説明
  (☆鳥居には岩樟神社と書かれていますが、
    説明は岩楠神社になっていますね。。。)


a0285873_18183981.jpg


(↑)岩樟神社の右手には愛宕神社が鎮座しています。


a0285873_18184074.jpg


(↑)岩樟神社の左手には注連縄がかけられたイワクラがありました。


a0285873_18184079.jpg


(↑)友人と私が岩樟神社を参拝しているとき、
  神社のうしろにある三対山(城山)の上空を
  おびただしい数のトンビが旋回しはじめました
  (実際は上の写真の数倍はいました!)。
  そして、そのトンビたちはだんだんとこちらの方、
  境内の真上の方までやってきたのです。
  挨拶しにきてくれたようです。
  うれしくなった私は思わず、そのトンビたちに手を振りました。
  そして、私たちが神社を離れ始めると、
  トンビたちは海岸やあちこちに別れ、飛んでいきました。

  この日は、トンビだけではなく、
  いろんな神社やまた道路で、カラスにも出迎えられました。
  鳥たちはメッセンジャーだなと、今回もつくづく思ったのでした。


a0285873_18184009.jpg


(↑)伊勢久留麻神社
  ご祭神は、大日霊貴尊

  友人と東浦バスターミナルで別れた帰り道に立ち寄りました。

http://awajishima-kanko.jp/manual/data_374.html


a0285873_18184179.jpg


(↑)伊勢久留麻神社の由来


a0285873_18184105.jpg


(↑)伊勢久留麻神社・拝殿


a0285873_18184121.jpg


(↑)伊勢久留麻神社の境内社・愛宕さん、弁天さん

伊勢久留麻神社は、2/9の記事で紹介した松帆神社の真南に位置します。

[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-14 01:22 | 神社探訪

パルシェのフクシア♪


空は快く晴れ渡り、
天の祝福ムードに包まれていた建国記念日の今日、
淡路島に遊びにきた神戸の友人といっしょに、
ゆっ~たりと、スポットめぐりを楽しみました。

まずはいくつかの神社等にご案内したあと、
香りの館パルシェへ。

花のシーズンはまだ先ですが、
パルシェの大温室では色とりどりの
「フクシア」を楽しむことができました!

こちらは(↓)その一部です。

a0285873_18183418.jpg


a0285873_18183400.jpg


a0285873_18183579.jpg


a0285873_18183583.jpg


a0285873_18183561.jpg


a0285873_18183598.jpg


ステキな花たちに出会い、
心はひと足早く春気分になりました(^^)/


a0285873_18183666.jpg


暖房のきいたハーブショップで、
オリジナルソフトクリームをいただいて、
笑顔も満開に!!

6種類のなかから選んだのはローズ。
エレガントなバラの香りが口に広がって、
本当に美味しかったです(*^-^*)♪


a0285873_18183745.jpg


ソフトクリームのメニューです!
どれもおすすめです!!

パルシェに来られたときは、ぜひ味わってみてくださいね(^^)v


今日訪ねた神社の写真は、また後日アップいたします♪



[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-11 23:55 | 季節感

クスノキに…


さて、これは何でしょう?

a0285873_18183394.jpg


クスノキに生えるマメシダというシダの仲間です。
胞子をつけた葉がなんだか可愛くて写しました(^^)


a0285873_18183460.jpg


これがそのクスノキの幹です。

伊弉諾神宮の境内、
左右神社(ご祭神:天照皇大神・月読尊)の
前にあるクスノキですね。

今日参拝したときに見つけました♪

神社に行くと、最近は人工的に作られたものより先に、
木の方に目が向いてしまいます。

参道からずっと木に意識を向けて歩いていると、
そこがまったくちがった空間に思われてきます。
木々たちの会話が聞こえてきそうです。

また、鳥たちに意識を向けると、
そこにかれらの生活の場があって、
それぞれに今を生き、仲間たちといろんな
交流をしていることがよく伝わってきます。

意識を拡大して、まわりを見ると、
すべてが愛おしく感じられます。

[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-11 02:20 | 季節感

この前の日曜日は、岩屋方面までドライブしてきました♪
そして、その途中にある二つの神社にお参りしました。

松帆神社石屋神社です。

石屋神社は何度か参拝させてもらったことがあるのですが、
松帆神社ははじめてでした。

松帆神社は、長い参道をゆくと、
りっぱな社殿が山を背景にして建っています。
深い趣のあるなかなかステキな神社でした。
松帆神社の真南に鎮座する伊勢久留麻神社と、
どこか雰囲気が似ているとも思いました。
伊勢久留麻神社というと、
北緯34度32分「太陽の道」で知られていますが、
実際には松帆神社が北緯34度32分にピタッとあてはまります。
ということは、松帆神社は三輪山や伊勢斎宮跡の真西に位置します。
一方、石屋神社は石上神宮の真西に位置します。

a0285873_18182672.jpg


(↑)松帆神社

  楠木正成が湊川の合戦で戦死した際、家臣が正成が守護神としていた
  八幡大神を祀ったのが始まりと伝えられています。


a0285873_18182662.jpg


(↑)松帆神社の説明


a0285873_18182711.jpg


(↑)松帆神社・随身門


a0285873_18182720.jpg


a0285873_18182861.jpg


a0285873_18182882.jpg


(↑)松帆神社・贔屓像

  贔屓は亀に似ていますが、中国の伝説上の生物で、
  龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつだとか。


a0285873_18182880.jpg


(↑)松帆神社・拝殿


a0285873_18182957.jpg


(↑)松帆神社・ 十二支方位盤

  拝殿の天上にあります。


a0285873_18182973.jpg


(↑)本殿にあしらわれた橘紋


a0285873_18183004.jpg


(↑)松帆神社宝物・菊一文字の説明


a0285873_18183059.jpg


(↑)松帆神社の境内末社・猿田彦社


a0285873_18183036.jpg


a0285873_18183149.jpg


(↑)松帆神社のご神木



a0285873_18183164.jpg


(↑)石屋(いわや)神社
  ご祭神は、國常立尊・伊弉諾尊・伊弉冉尊

  もとの鎮座地は、現在地の300m北にある三対山(城山)で、
  築城の際に、現在地に遷座させられたのだそうです。

  ☆三対山か…「3」のシンクロの続きみたいですね。


a0285873_18183155.jpg


(↑)石屋神社・拝殿


a0285873_18183244.jpg


(↑)拝殿の天上には、十二支の方位磁石が設置されています!


a0285873_18183220.jpg


(↑)春分・秋分の日には、本殿の真正面、鳥居の中央から太陽が昇り、
  その光が帯になって石畳の上を走るみたいです。

  この日、境内でお会いした宮司さんが、その様子は本当に
  きれいで感動するから、ぜひ見にいらっしゃいと言われました(^^)


a0285873_18183297.jpg


(↑)石屋神社の境内社・八百萬神社


a0285873_18183234.jpg


(↑)淡路島の北の玄関口・淡路市岩屋にある
  「道の駅あわじ」にも立ち寄りました!

  そこから見る明石海峡大橋は迫力満点でした!!



[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-09 01:11 | 神社探訪

武庫川を後にした私たち三人は、
次なる目的地、甲山山麓にある神呪寺(かんのうじ)へ。

阪神西宮駅で降りて、
そこからバスで行く方法もあるのですが、
本数が一時間に一本程度と少ないため、
電車を乗り継いで、阪急甲陽園駅まで行き、
そこからタクシーで向かいました。
5分ほどで着きました。

神呪寺を訪ねるのは私にとって、
昨年の9/4に参加した「甲山・元伊勢ツアー」以来。
今回で二回目の参拝となります。
また来たいと思っていた場所なので、うれしかったです。


a0285873_18182084.jpg


(↑)神呪寺(かんのうじ)

  寺号の「神呪寺」は、「神を呪う」という意味ではありません。
  甲山を神の山とする信仰があり、「神の寺」、
  つまり「かんのじ」としたことによるといいます。
  「神呪(じんじゅ)」とは、
  マントラ、真言(仏様のお言葉)を意味するそうです。


a0285873_18182027.jpg


(↑)神呪寺・本堂

  淳和天皇のお妃の真井御前は、828(天長5)年に甲山に入って修行し、
  3年後に弘法大師より剃髪を受けて如意尼という名をもらい、
  831(天長8)年10月18日にこのお寺が創建されたといわれています。


a0285873_18182171.jpg


(↑)本堂の上部に見つけました!
  3つの宝珠!
  またまたまた、3のシンクロです!!!


それがですね、
このブログを書くために神呪寺について調べていると、
「3」という数字がたびたび出てくるんです!
上に書いたように、真井御前が甲山に入って修行したのが3年間。

また、

神呪寺のお堂はわずか33日で完成。
空海が如意輪観音像に着手し完成したのが33日目。
如意尼が世を去ったのが33歳。

「3」にとっても縁のある、不思議な姫散歩です。。。


☆これは余談ですが…

 33歳の夏、山梨県の昇仙峡に行ったとき、
 水晶玉が欲しくて見ていたら、
 お店の方が、33.3ミリ玉がいいよ、
 33.3は無限をあらわす数字だからとおっしゃって、
 探してくれたら、ちょうどその大きさの水晶があったので、
 ありがたく買わせていただきました!
 3や33から、そんなことを思い出してしまいました(^^)


a0285873_18182138.jpg


(↑)神呪寺・大師堂


a0285873_18182198.jpg


(↑)神呪寺・鐘楼

  しっかり鐘もついてきましたよ!


a0285873_18182218.jpg


(↑)かぶとやまのことが書かれた石碑


a0285873_18182253.jpg


(↑)甲山への登山口


a0285873_18182247.jpg


(↑)白髭大明神(左)・善女龍王(右)

  登山口の赤い鳥居をくぐって、
  この場所までやってくると、
  本堂などがある場所とは空気がガラリと変わります。
  龍神様の世界に一歩足を踏み入れたような…
  こちらの方がしっくりくる感じがしました。


a0285873_18182343.jpg


(↑)甲山稲荷大明神・白菊大明神・白瀧大明神

  3つの神様…「3」だ!
  

a0285873_18182396.jpg


(↑)こちらは神呪寺の入り口左側にある弁天池です。


a0285873_18182382.jpg


(↑)弘法大師が如意尼をモデルにしたという、
  桜の木で彫った秘仏、如意輪観音。
  毎年5月18日のご開帳の日に拝観できるようなので、
  今年できれば行ってみたいと思っています~♪


神呪寺から県立甲山森林公園へは、
バスを使って移動しました。

そしていよいよ、甲山森林公園内の、
「愛」の像のあるシンボルゾーンへ。


神話伝承研究家の大江幸久さんによると、
瀬織津姫を祀る廣田神社の元の社地が、
現在、「愛」の像がある場所であった可能性が高いということで、
ぜひ訪ねてみたかったのです!


a0285873_18182446.jpg


(↑)甲山と「愛」の像に、だんだん近づいていきます。



a0285873_18182434.jpg


(↑)もうすぐ、です…。


a0285873_18182438.jpg


(↑)これが、「愛」の像! ステキすぎる!!
  最初、女神像だと勝手に思っていたのですが、
  よく見ると、男女が一体となった像だったのです。
  ここを姫散歩の最終地に選んだこと、正解だったと思います。
  そして、ここが廣田神社の元の社地であってほしい、
  心からそう思いました!!


a0285873_18182500.jpg


(↑)「愛」の像の説明


a0285873_18182520.jpg


(↑)「愛」の像を後ろにまわって見ているところ。、
  よけい色っぽい(?) でもめちゃくちゃ美しい♪♪


a0285873_18182596.jpg


(↑)太陽の光を浴びて輝く「愛」の像。


私たち三人は最後に、甲山に向かって、
二礼二拍手一礼いたしました。


そのとき、「愛」の像のところにいたのは私たちだけでした。
そして、帰りかけると、ちょうど入れ替わりに、
若いカップルがやってきました。
グッド・タイミング!!

すごくさわやかな気持ちになれました!
甲山はやはりすばらしい場所、聖なる山です♪


それで、そうなんです。
バス停のところまで戻ると、カラスがたくさん
近くまで飛んできて、鳴いてお見送りしてくれたのです。

バスに乗ってからも、低空飛行しながら、
近づいてきたカラスもいたりして、
感動、感動でした!

また、山から下りて、バスが国道を走っているとき、
国道を歩いているカラスを見かけました。
すごい不思議でしたね。
そばを車が走っているのにですよ、
カラスが歩いているのですから。

ヤタガラスさんですね、きっと…たぶん。
本当にありがとうございます(*^-^*)

甲山森林公園の中にいた、
まるで門番のようなネコちゃんにもありがとう、ですね。


第一回“姫散歩”は、こんな感じで終了。
Tちゃん、k本さん、本当にありがとうございました♪
またぜひ、ご一緒に。
さて、次は、どこにしましょうか。



[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-03 01:33 | 神社探訪

先日(1/29)は、Tちゃん、k本さん、私の三人で、
鳴尾・武庫川&甲山周辺の神社仏閣めぐりを楽しみました♪


☆訪ねた場所は次のとおりです。

  鳴尾八幡神社~弁財天~
  岡太神社~等覚寺~白山姫神社~
  神呪寺~「愛」の像(甲山森林公園内)


このプランが生まれたきっかけは、
1/8に書いた「鳴尾~武庫川の神社参拝」の記事

そこで紹介した「岡太神社」(ご祭神:天御中主大神)の向かいに、
なんとTちゃんが以前住んでいたのです!!

部屋の窓を開けると、岡太神社のご神木のクスノキが
真正面に見えていたそうです。
そのご神木のところに神社の本殿もあるので、
毎日、本殿を横から眺めながら生活していたんですね!
何だか、うらやましいなあ(^^)/

そんなシンクロがあり、
岡太神社をはじめ、周辺の神社を一緒にお参りしたり、
せっかくだから甲山にも足を運んでみようという話になって、
私たち三人の“姫散歩”は実現しました♪

そうそう、前の記事に、
この姫散歩のキーワードは「3」だと書きましたが、
今日このブログを書きながら、新たな3のシンクロを発見!

Tちゃんが「岡太神社」の向かいには、約3年間住んでいたそう。
2008年末までということだから…約3年前まで、ですよね!
3が絡んでいますね。う~ん、出来すぎ~~!!

そんな関西在住三姫の“姫散歩”は、
阪神甲子園駅をスタート。
白山姫神社までは徒歩、
あとは電車・タクシー・バスを使っての移動です。

光り輝く太陽のもとで、
ワイワイと話を弾ませながら、
ずっと笑って過ごしていたように思います。
社寺めぐりをする際は、大抵そうであるように、
今回もタイミングがすべて完璧でした!

きっと、ヤタガラスさんが導いてくれたおかげ。
私たちはそう思っております(^^)
だって、カラスのお示しが…色いろと…ね(笑)
あっ、白×黒の不思議なネコもいたね!

すべてに感謝☆
それしかありません(*^-^*)


a0285873_18181412.jpg


a0285873_18181430.jpg


(↑)鳴尾八幡神社の灯篭

 「花無心ニシテ 蝶ヲ招キ
   蝶無心ニシテ 花ヲ尋ヌル」

 かわいい絵とステキな言葉が書かれているので、
 つい足をとめて見入ってしまいました♪
 上の二つの写真は、同じ灯篭の表面と裏面です。
 ほかの灯篭にもまた別の絵と言葉が書かれているんですよ。


a0285873_18181495.jpg


(↑)岡太神社の境内にそびえ立つユーカリの木

 葉っぱを一ついただいてにおいをかぐと、
 ユーカリならではの良い香りが!
 でも、神社の境内にユーカリって、珍しくないですか?


a0285873_18181558.jpg


(↑)最初に意識した「3」が、岡太神社の社殿にあったこのマーク。
  松をモチーフにしているそうです。


a0285873_18181513.jpg


(↑)等覚寺

 岡太神社から白山姫神社へと向かう途中、
 気になって入ったお寺です。

 あとでネットで調べると、

 「西宮の寺院縁起」には次のようなことが書かれていました。
 http://www.nishi.or.jp/~kyodo/tenji/tokubetutenji/24engi/catalogue.pdf

  等覚寺は、神亀元年(724)行基の開基と伝えられ、
  西宮市内寺院でも群を抜いて古い開基伝承をもつ寺院です。
  浄土宗となったのは、天文11年(1542)光誉の再興のときで、
  岡太神社の神宮寺とも言われています。


a0285873_18181612.jpg


(↑)三つの円が重なったマークが目に入り、
  これも「3」だよね、と話していたわけです。


a0285873_18181646.jpg


(↑)等覚寺の境内にあったこの建物内には、
  神を祭る小さな社がありました。
  どの神様が祀られているのかは、
  ちょっとわかりませんでした。


a0285873_18181775.jpg


(↑)白山姫神社
  ご祭神は、白山姫大神
  配祀神は、天照皇大神・伊邪那岐尊・伊邪那美尊

http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6302024.html


a0285873_18181797.jpg


(↑)社殿の色合いと、その前に配された緑等が、
  西洋風の家や城を連想し、メルヘンチックな雰囲気が漂います。
  こういうデザインの神社はあまり見かけませんよね。
  女性的で親しみやすくて、いい感じです♪


a0285873_18181705.jpg


(↑)見つけた瞬間、思わずカメラのシャッターを
  押したくなったんです。さて、それは何なのでしょう…?


a0285873_18181747.jpg


(↑)このハートだったんですね
a0285873_18153628.gif

  ご覧の通り、ハートが3つ!
  岡太神社、等覚寺、白山姫神社が「3」で繋がっちゃいました!!


a0285873_18181831.jpg


(↑)この神社は亀甲に菊紋が用いられていました。


a0285873_18181837.jpg


(↑)白山姫神社の境内社・白龍大神


a0285873_18181930.jpg


(↑)白山姫神社の境内社・愛宕神社


a0285873_18181901.jpg


(↑)白山姫神社の境内にある木の表情が
  なかなかいいなあと、思いました(^^)


a0285873_18181924.jpg


(↑)これも白山姫神社の境内にて。
  木の枝先の繊細な表情がよくわかるのは、
  冬ならではのお楽しみですね♪


白山姫神社に私たちがいるとき、
カラスたちが頭上を飛び回り、
しきりに鳴いて歓迎の挨拶をしてくれました(^^)

「ありがとう」とカラスに向かって言うと、
カラスはピタッと鳴くのをやめます。
でも、今度はまた別のカラスが鳴くんです。
それでそのカラスにも「ありがとう」と言うと、
そのカラスも鳴くのをやめます。
こんな感じで、カラスたちとの交流を楽しみました♪

ほかの場所でもね(^^)v

  
(次回につづく)

[PR]
by angelgarden33 | 2012-02-01 00:33 | 神社探訪