Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧



浅田真央ちゃんの悔し涙が印象的だった、
フィギュアスケート女子フリー。
オリンピックで実力のすべてを出しきり、
完璧な演技ができなかったことへの悔しさ、
伝わってきましたね。
この体験をバネに、これから彼女は
どのように進化してゆくのでしょうか。
それを見せてもらうのが楽しみになりました。
五輪初トリプルアクセル二回成功、
銀メダル☆本当におめでとう!!

安藤美姫ちゃんのやり尽くした先の笑顔、
鈴木明子ちゃんの充実感に満ちた表情、
爽やかな風を心に運んでくれました。
二人にも感謝です!
入賞☆おめでとう!!

キム・ヨナ選手の水が流れるような、
エレガントな演技は文句なしにすばらしかった!
金メダル☆おめでとう!!


選手の姿に自分を映しだして、
成功の秘訣をつかんだり、
心の持ち方を学んだり。

人と人がつながれるオリンピックという
スポーツの祭典、いいですね。

オリンピック中は、暗いニュースが流れる量が減り、
それも精神的によい気がします。


[PR]
by angelgarden33 | 2010-02-26 23:08 | 今日の出来事

廣田神社にて



廣田神社1












やっと時間の都合がつき、ようやく今日、
廣田神社を参拝することができました。

呼ばれていたのに、なかなか行けなくて。


ここはいつ訪ねても、
本当に気持ちのよい神社です~~。



廣田神社2












神前で神様にある質問をしたところ、
それまでは無風だったのに、
いきなりサーッと強い風が!

神様の答は、イエス。

「そうです。そのとおり」と、
風を使って言われたのだと思います。

感動の一瞬でした(^^)


[PR]
by angelgarden33 | 2010-02-25 23:22 | 神社探訪

高橋選手、トリノから大飛躍、銅メダルおめでとう~!
織田選手、演技途中に靴ひもが切れるまさかのアクシデント、
でも諦めず滑りきって第7位。
小塚選手、4回転ジャンプを成功させ収穫ある演技で第8位。

日本フィギュア男子、サイコー!
みんなからたくさんの元気をもらいました!
本当に本当に、ありがとう!!

金メダルをとったライサチェク選手。
彼のパーフェクトな演技はすばらしかったですね。
美しいジャンプを決めるたび、
すごい、すごい、って思わず叫んでました。
彼の澄んだ目がまた印象的で、
スケートの女神が微笑みたくなるのが
わかるような気がしました(^^)

次は女子ですね。
どんな演技が観られるのか、ワクワク、ドキドキ。



[PR]
by angelgarden33 | 2010-02-19 21:22 | 今日の出来事

冬季オリンピック、盛り上がってますね!
つい気になって、テレビをチェック。
録画ではなく、生で見たい方なので、
オリンピック中はなんか落ち着かないわけで(^^;)

スノボ・男子ハーフパイプは、
國母くんと青野くん、惜しかったですね。
二人ともすばらしい技を成功させていたので、
最後の着地のミスがなければねぇ…残念。
といっても、オリンピックで8位、9位。
すごいです! (^-^)//""パチパチ

一方、金メダルを取った
ショーン・ホワイト選手の演技。
次元がちがうなあと感じました。
満点に近い点数が出ていましたね。
あれはまさに神技ですよね。
神とともに滑っているような気がしましたもの。

さあ、明日はいよいよ、
フィギュアスケート・男子フリー。
選手たちの神技に期待!
楽しみだなあ♪

[PR]
by angelgarden33 | 2010-02-18 23:28 | 今日の出来事

始まりましたね! バンクーバー五輪。

開会式、見入ってしまいました。

最後、クリスタルを思わせる聖火台に点火される場面は、
とくに胸にジーンとくるものがありました。


五輪開会式1












五輪開会式2












五輪開会式3












五輪開会式4












五輪開会式5











火とクリスタルの融合。

うーん、意味深いですね。


個人的にはフィギュアスケートを
いちばん楽しみにしています♪

選手それぞれのベストの演技が見られれば最高です!

四年前の荒川静香さんのような満たされた笑顔、
あのような輝かしい笑顔がいっぱい見たいですね。

[PR]
by angelgarden33 | 2010-02-13 16:16 | 今日の出来事

水の女神


先日、水の女神・瀬織津姫のことを書きましたが、
よく水を汲みに行く“大師の水”にも、
水の女神がいるような気がしてなりません。
もしかして、瀬織津姫?

その場所では、なぜか自然と共に平和に暮らしていた
縄文時代のイメージが心に浮かんでくるんです。

考えてみると、水、川、滝、桜、龍神…
これらのキーワードすべてともつながります。

そうそう、龍神さんは写真にしっかりその姿を
見せてくれたことがありました!

一昨年の夏頃ブログに載せた、
玉を抱いた龍が太陽に向かってる進んでるように見える
ちょっと不思議な感じの写真、実はあれは大師の水で
水を汲み終わりさあ帰ろうというとき、
駐車場から水が湧き出ている場所の上空を何となく
携帯のカメラで撮ったときのものだったんです!!
これです(↓)


大師の水1

















偶然にしては、出来すぎの写真でしょ?


大師の水周辺は、春には桜の花が咲き、
華やいだ雰囲気に包まれます。

水が流れてくる方向を見ると、
とても小さいですが、滝のような流れも確認できます。

そこで出会うトンボや蝶、蜂などの虫のなかには、
すごくフレンドリーなものがいて、
スーッと向こうから近づいてきて、
身体のまわりを飛び回ったり、
水を入れたペットボトルにとまったり、
自分の存在をアピールするような行動を
とったりすることがあるんです。

このとき、神様は虫を使って、そばにいますよ、
ということを伝えているのかなあ、と勝手に解釈しています(^^)



大師の水2













大師の水は田んぼの向こう側に湧き出ています。
一番上の「玉を抱いた龍」のような写真は、
その上空を撮ったとき写っていたもの。


大師の水3













春になり、ソメイヨシノやしだれ桜、山桜が咲くと、
大師の水周辺は一気に華やかな印象に。


大師の水4













ここが水汲み場です。


大師の水5













この写真ではわかりにくいかもしれませんが、
水汲み場の奥に、小さな滝があります。


大師の水6













とても人懐っこい性格のブルーのトンボ。
もしかして、水の女神のお使い?


大師の水7















「大師の水」の由来


ところで…

『古事記』仁徳天皇の段に、枯野という船で、
朝夕に淡路島の寒泉(湧き水)を運ばせて、
御料水(天皇が使う水)としたと記されています。

淡路島の井戸や水に関する伝承が
『古事記』『日本書紀』に出てくることから、
その時代、淡路の水は特別な水=霊水=聖水であると
考えられていたようです。


では、なぜ淡路の水は特別な水=霊水=聖水であると
考えられていたのでしょうか?

理由ははっきりとわかってないみたいですね。

水あるいは水の女神に関して、
淡路島にも何か隠された歴史がありそうですね。

それが瀬織津姫と結びつくのか、
そこにも興味が湧いています。

[PR]
by angelgarden33 | 2010-02-12 23:33 | スピリチュアル

セオリツヒメ


「瀬織津姫」という神様は知っていますか?

『古事記』『日本書紀』には登場しないため、
一般的にはあまり知られていない謎の多い神様だそうです。

何らかの理由で記紀からその名前を省かれ、
祭神として祀られることを禁止され、
存在を抹消されなければならなかった
縄文の女神、瀬織津姫。

最近、ネットである調べ物をしていたとき、偶然に
この封印された女神について書かれた記事を見つけたのです。
それはとても引き込まれる内容でした。


瀬織津姫か…。

ん? 待てよ。 この名前、どこかで聞いたことあるような。

あの瀬織津姫?

やっぱり!

『大祓詞』を見ると、ありました!

そうです! 
瀬織津姫は『大祓詞』に出てくる
祓戸四神のうちの一神なのです!
(※祓戸四神=
  瀬織津比売・速開都比売・
  気吹戸主・速佐須良比売)

なぜかわからないけれど、少し前から、
強烈に気になっていた『大祓詞』。
(☆2009年11月のブログ参照)

『大祓詞』に意識が向いた理由って、
もしかすると瀬織津姫と関係があるのかも!
(直感はYESと言っています^^)
この何カ月間かのモヤモヤが少しだけすっきり(笑)


そして、瀬織津姫のことを知るために、
購入したのが、山水治夫さんが書かれた
『瀬織津姫物語』と『瀬織津姫秘話』の二冊。

読みやすく、面白く、不思議満載で、
共感できるところがいっぱいあって、
一気に読み終えてしまいました。
「おかわりください!」と、
つい言いたくなるステキなご本でした♪

音楽家である山水さんが、水、川、滝、桜の女神であり、
龍神、祓い清めの神でもある瀬織津姫が祀られている
全国の神社を、瀬織津姫のCDを携え参拝&奉納したときの
体験を綴ったノンフィクションです。


この本によると、

 天照大神荒御魂
 マグダラのマリア
 市杵島姫
 弁財天
 菊理姫
 十一面観音
 熊野権現

イコール瀬織津姫だそうです!


『倭姫命世記』では、伊勢神宮内宮の
荒祭宮に祀られている天照大神荒御魂は、
瀬織津姫のことであると記されているとか。

私の大好きな廣田神社(西宮市)の主祭神が
天照大神荒御魂なんですよね!
とうことは、つまり、瀬織津姫ですね!

昨年の夏訪ねた熊野の神様、
熊野権現も実は瀬織津姫だったと思うと、
新たな感動がわき上がってきます。

すっかり忘れていましたが、
京都でお気に入り神社ベスト3に入る下鴨神社。
その井上社の祭神もまた瀬織津姫でした!
(下鴨神社はふらっと行きたくなる場所で、
何度も参拝に訪れています)

ほかにも、瀬織津姫が祀られた神社に、
無意識に足を運んでいる気がします。



また、別な情報では、
瀬織津姫はシリウスの女神だそうです。
そういう説もあります。


隠された歴史が暴かれる、
こういったことは、浄化のボルテージが
上がってきた際に起こる現象だといいます。


そして、今ここにきて、
浄化と祓い清めの働きを持つ女神、
瀬織津姫の真実がバーンと表面に現れてきた。
これには特別大きな意味があるように思うのですが、
いかがなものでしょうか。

[PR]
by angelgarden33 | 2010-02-03 00:36 | スピリチュアル