Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧



新年を迎える準備は進んでいますか?

2010年まで、22時間をきりました。
(日本においてですが)

この年末はいつもより頑張ってお掃除しました。
といっても、完璧ではないのですが (^^;)

磨いてピカピカになった窓ガラスは、
やっぱり気持ちいいですね。

テレビをアナログからデジタルに変えたみたいに、
窓の向こうにすっきりクリアな世界が広がります。
入ってくる光の量が全然ちがいます。

デジタル画面を知ってしまうと、
アナログ画面では物足りなく感じるように、
よりクリアに見える世界を知ると、
汚れが付着した窓ガラスから見る世界は、
落ち着かないものになります。

心の窓ガラスもきれいに磨かなきゃ、って思います。
クリアな世界の方が、ぜったい楽しいもの!

そういう努力は惜しみたくないですね(^^)


正月花












今日生けたお正月花です。

これは床の間用ですが、
あと玄関用に、二瓶生けました。

仏壇とお墓用は昨日、準備完了!

お花に触れていると、時間を忘れるくらい
幸せになります(^^)

年越しと、お正月用の買い物も
ほぼ済ませたし、黒豆を炊く準備もして、
明日(31日ですが)は煮炊きがんばろう!




いつもこのブログを訪ねてくださって、
本当にありがとうございます。


皆様にとって、2010年がより光に満ちた、
実り多きすばらしい年でありますように。



良いお年をお迎えください!!





[PR]
by angelgarden33 | 2009-12-31 02:22 | 季節感

アセンション


最近はネット上で、
数多くのアセンション情報が
紹介されていますね。

私が「アセンション」のことを
初めて知ったのは1995年、
キヨ・ササキ・モンロウさんの
講演会のときだっだように思います。

たまたまオフィスに
津留晃一さんという方の講演会の案内の
チラシが回ってきて参加したとき、
キヨ・ササキ・モンロウさんの話が出て、
ちょっと興味が湧いたので、
近く行われるという彼女の講演会に
出かけてみることにしたのです。

モンロウさんは、
愛に満ちたやさしい波動をもった方で、
とても気持ちよい時間を過ごせました。

その会場で買ったか、
あとで買ったかは忘れましたが、
モンロウさんの著書「愛と希望の讃歌」
(1995年12月25日 初版発行)には、
アセンションのことが
わかりやすく語られています。

何かひらめいて、
久しぶりにその本を開いてみると、
深く感じるものがありました。

アセンションとは一体何なのか?
それを理解するうえで、
一つの参考になりそうな気がしましたので、
今日はそれを紹介させてもらいますね。


以下、「愛と希望の讃歌」より抜粋

☆アセンション(次元上昇)とは

 アセンションという英語は上昇という意味ですが、ここでは次元上昇という意味で使いました。
 太陽系全体が次元上昇する中で、特に地球は三次元世界の波動から五次元世界の波動へと変わっていきます。この本が皆様の手に渡る頃は、四次元波動か五次元波動に変わっているかもしれません。
 次元上昇という概念は、大部分の方には耳慣れないことだと思われます。ところが、この宇宙レベルの世界の動きについては、人間の歴史上、多くの場所で、いろいろな時代に、多くのマスターによって教えられてまいりました。
 例えば、日本の古神道では、「神の身と一体になって禊(みそぎ)をして神の国である<高天原>へ上がる、すなわち神身一体になって浄化し、高い次元に昇る」という形で教えられてまいりました。
 つぎに仏教では、お釈迦様が「肉体身をもってそのまま仏となる」、つまり「即身成仏となって、涅槃(ねはん)に入る」ということで教えられました。キリスト教ではイエス様が二千年前に一度、肉体の死を迎えられました後に復活なさって、天国に昇天されるということ、つまりアセンションを身をもって示されました。つまり無条件の愛を体得することによって、肉体ごと三次元の人類にとって天国といわれるような次元へ昇ることが出来たのです。
 ユダヤ教では、ダビデの星が人間の波動が上がって神の波動と一体となる様をシンボルとしています。日本でもいたるところで、ダビデの星、すなわちカゴメマークを目撃することが出来ます。エジプトでもインドでもまたネイティブ・アメリカンの方々にも、必ず近く起こるはずの宇宙の一大ショーに向けて、いろいろな預言が残されてきました。このようにアセンション、次元上昇のことは、地球上の人々がありとあらゆる時代に、いろいろな場所において日々の生活の中で学べるようにと、多くの先生方が様々な文明の中で道を示されてまいりました。
 このように人類はアセンションに備えて何千、何万年という間、いろいろな生を繰り返し生きながら、重い物質界の地球服を着て、無条件の愛を体得すべく、学び続けてまいりました。今の人生、これからの人生は、これまでの個々の学びの総仕上げに入ることになります。ですから私達は毎日の現実の中で、一瞬一瞬自分の人間としての生命の完成に向かって大切に楽しく生きていく必要があります。
 アセンションをもっと具体的に、人類の地上での生活の面からみますと、いろいろと興味ある変化がみられます。鉱物も植物も動物も人間も、そしてありとあらゆるものが、その分子構造を変えて光体化していきます。もちろん教育、経済、政治、宗教のあり方も、これまでのように個別、分離、対立、破壊から、集合、結合、和合再建へとシステムを変えていきます。また太陽系は宇宙の光子帯(フォトンベルト)へ入っていきます。最新の私に与えられました情報では、今地球のエネルギーが波動を大変上げています。また多くの高次元の皆様方と共に、大勢の人間のライトワーカーによる仕事の結果、地球は過去に出された予言が伝えるような大きな破壊や、ポールシフト(地軸移動)を経験することなく、ゆるやかに優雅に変身出来るところまできたそうです。
 この偉大な宇宙のアセンションショーは、しかし人間だけでも不可能ですし、また高次元の方々だけでもやる意味がありません。これからは人間界が神、高次元の存在の皆さんであるエンゼルの一団、次元上昇を終えられた何万ものアセンディッドマスターの先生方、全宇宙から愛の表現のために神の召集に応じられた宇宙からの大集団の皆様との共同作業として行われるのです。人類の目に見えない多くの存在は私達の家族であり、友であり、先生として無限の時間を共に分かち合ってこられました。これらの皆様と人間のライトワーカーと呼ばれる方々の共同作業によって、今まで聖書やノストラダムス、エドガーケイシーなどの予言書によって警告された恐怖の世紀末という情報に反して、地球(ガイヤ)さんもアセンションを選択する人類もゆるやかなリズムで徐々に五次元へエネルギーシフト出来るところまできました。これからもより多くの人類が恐怖より愛を、恨みより許しを、執着より無執着へと自分の意識を変えて、それを実行することによって、すなわち愛と希望の讃歌を歌い続けることによってより早く、より確実に地上にパラダイスは実現します。というのもアセンションは神の計画であり、宇宙の動きであり、多くの人類の望みでもあるからです。一方で、自分は個人とか私の家族、地位、財産、人種、国家、宗教というものが一番よくて、これからも個の確立と分離の方向に生きるということを選ばれる方は、三次元宇宙へ転生されていきます。そしてそれはまたそれなりに、その方にとっては正しくて完璧なプランなのです。ですからたとえ自分が最も愛する家族や友人知人がどの道を選択しようと、私達はその自由意志を尊重することを学ばなければなりません。


[PR]
by angelgarden33 | 2009-12-28 01:03 | スピリチュアル

不思議な涙


気がつくと、勝手に目から水滴がこぼれ落ちていた、
というくらい無意識のうちに流れ出た涙。
あの涙は本当に不思議でした。

それは前回(12/12)のブログに書いた
心霊治療家の先生に約5年後、
再会したとき体験した出来事です。

先生に最初に出会った1990年は、
しばらくは定期的に治療を受けに通っていましたが、
仕事で独立して忙しくなったことなどを理由に、
だんだんと足が遠のいてしまいました。
(たぶん浄化が進み、その時点では行く必要を
感じなくなっていたのだと思います)

そのうち、先生は大阪市内から別の街へ引っ越され、
さらに広いスペースを確保して、
より多くの患者を受け容れるようになっていました。

先生を紹介してくれた友人は、
治療室が移転したあとも時どき訪ねていたので、
先生の活躍ぶりは度たび耳にしていました。

「ますますパワーアップしてるよ」

そんな話を聞くたび、
また行きたい!行こう!と思うのでした。

大阪を拠点に活動されていたときは、
ふつうに料金を設定していましたが、
引っ越されてからは開かれた治療室として、
待合室に献金箱を設置するという方法に
変わっていました。
治療代の支払いは完全に患者の自由意志に
任せられていました。
お金がないから浄化エネルギーを受けられない、
そういう人を作りたくなかったからだと思います。
神への、自分への信頼がないと、
なかなかできないことですね。
といっても、ほとんどの人は感謝の心のこもった
お金を封筒に入れ(もちろん無記名です)、
置いて帰られていました。


さて、話を元に戻しますと、
1996年夏にその先生に再会したわけです。

5年ぶりに会う先生は噂どおり
神々しさが一段と増していました。

そして久びさの訪問ということで、
治療が終わってから応接室に入り、
少しお話しをさせてもらうことになりました。

はじめは一般的な挨拶のような
会話を交わしていたのですが、
先生の口から出てくる言葉の内容が
徐々に深いものに変化していきました。

「神の光を体験しなさい」
「真実を知りなさい」…等、です。

その頃の私はシルバー・バーチをはじめ、
精神世界の本は随分読んでいたし、
ニューエイジ関連のセミナーや講演会にも
時折参加していたので、そこで得た知識とつなげて、
「あの本に書いてあったことと同じ。わかる、わかる」
などと、頭で理解しながら聞いていました。

ところが、どうしたことか、
ほかの人と話すときと同じ調子で、
先生の話に相づちを打とうとしても、
なかなか声を発することができないのです。
「はい」とか「そうですね」とか、
そういった言葉を出そうとしても、
声が…出てきません。
何かが変でした。
高い自己が、自我が語るのを
必死に防いでいるかのようでした。

そして、次に、そうです!
いきなり目から水滴がこぼれ落ちてきたのです。
無意識のうちに涙が流れ出てきたのです。

「なぜ今、私は涙を流しているの?
ごく冷静に先生の話を聞いていたはずなのに」

顕在意識はすぐにその理由がわかりません。
そして、涙が出たことで心は動揺し始めます。
でも、そのあと身体の奥の方から、
不思議な感動が湧き上がってきて、
いつの間にか感情を伴った、
意識的な涙に切り替わっていました。

じつに神秘的な体験でした!


ふいにやって来たあの涙の理由は…
魂の歓喜の表現ですね、きっと。

真実・愛そのもの・神の言葉に
ふれることができたよろこび。

今は、そんな風に理解しています。


1997年以降、先生にはお目にかかっていませんが、
神と私たちのすばらしい仲介者として、
なお一層ご活躍されていることと思います。


こんな話を書いていると、
また会いに行きたくなってしまいましたね(^^)


[PR]
by angelgarden33 | 2009-12-20 00:56 | スピリチュアル

探求のきっかけ


スピリチュアルなことを探求するきっかけは、
一人の心霊治療家の先生との出会いでした。

1990年の1月か2月頃でしたから、
今からおよそ20年も前の話になります。

先生は元もと鍼灸師をされていたのですが、
あるときから患者さんの頭に手を置かざるを
得なくなったそうです。
宇宙から来る浄化のエネルギーを送るために。
そして、数かずの奇跡を起こしてゆくのです。

患者は治療室に置かれたベッドまたは畳の上に
仰向けに寝て、一時間ほど過ごすだけなのですが、
その間に先生が一人につき三分間ほど
頭に手をおいてエネルギーを送ります。
(複数の患者を一度に治療していきます)
そのようにして、霊体を浄化していきます。

☆本当は頭に手を置く必要もないことを、
 あとから聞きました。
 患者を安心させるポーズなのだと、
 話してくれました。

これを「心霊治療」と呼びますが、
当時はその名前も知りませんでした。

そもそも、その先生に会いに行った理由が、
友人が「すごいハンドパワーの先生がいて、
その人の悪いところを当てたり、
何回か通ううちに病気が消えたり、
良いことが起こるようになるの!」と
話してくれたことなのです。

身体は健康そのものだったので、
100%好奇心で、先生の元を訪ねました。
しかも、そのときは五人一緒でした。
(すべて20~30代の若者!)

先生はできるだけ多くの人に受けてほしいと
思われていたので、動機など気にしません。
たいへん歓迎してくれました。

そして、第一回目の治療が終わりました。

先生のエネルギーを受けると、
身体の悪いところに響き、その箇所が痛んだり、
熱くなったりすると言われていたとおり、
一緒に行った友人たちにその反応が起こりました。
足に響いたとか、お腹が熱くなった、とか。
ところが私には何の反応も起こらなかったのです。

ということは、私って健康ってこと?
あるいは鈍感なのかしら?

そんなことを、友人たちと話していると、
先生がひとこと、こう言いました。

「身体に響かないからといって、健康とはいえません」

えっ?
ということは、私、健康じゃないの!
ガ~~ン。

(※先生から見ると、病気でない人はいないのです)


その頃の先生は具体的な説明はいっさいせず、
つねに答はシンプルでした。

「すべてに意味があるのです」
「体験学習」


そして、そのあと第二回目の治療を受けるのですが…

そのときあったのです! すごい肉体的反応が!

あとから思うと、そこから人生が勢いよく回転しはじめました。
感情の大浄化も体験しました。
不思議なことが連続して起こるようになり、
この現象はいったい何だ、ということで、
見えない世界の探求がスタートしていったのです。
とてつもなく大きな力に導かれるように。


この話の続きは、いずれまた…。

[PR]
by angelgarden33 | 2009-12-12 01:16 | スピリチュアル

眠い~


ここ数日、夜、やたら眠くなる。
九時を回ると、あくびの連続。

久々にやってきたこの感覚。
これまで幾度か経験しているんですね。
あのときもそうだったし、あのときも…。

つまり、たぶん、変化のときなわけです。
睡眠不足で眠いというわけではないので。

というわけで、今日はもう寝ま~す。
夢の中で、やること、いろいろありそうだし(^^)

[PR]
by angelgarden33 | 2009-12-09 22:22 | 最近の出来事


スイセン1












山に植えているスイセンが、
もう咲いているではないですか!

去年も咲くのが早いと思っていたけど、
今年はそれを上まわる早さです☆


スイセン2












咲いたもの、蕾のもの、
十数本を摘み取って玄関に飾りました。

師走のひととき、甘い香りに
幸せを感じています♪

[PR]
by angelgarden33 | 2009-12-09 17:18 | 季節感

神さまのジグソーパズル


この世に生まれる前、神さまは一人ひとりに、
まったく異なるジグソーパズルを与えるそうです。
それはもちろん、肉眼で見えるものではありません。
心の目で見たときだけ現れるのです。
神さまのジグソーパズルのピースを発見し、
つなぎ合わせ、完成させること。
その創造性あふれるゲームを心から楽しみ、
人間として、本当のよろこびを知ることが、
人生の目的なのだと、
夢の中で出会った白いネコが教えてくれました。


・・・

これはホームページの
「Angel Note 絵と言葉 編 8」
紹介している物語の書き出しです。

すごく抽象的な言い方になってしまいますが、
この「神さまのジグソーパズル」のピースが、
加速度的に見つかっている、最近の私です。

ちょっといい感じですすんでいます(^^)



ユリの芽












種ができたユリの茎を切ってから
まだそんなに日が経ってないというのに、
早くも次の芽が出てきました~。
真ん中の葉のある茎は、
古い茎があるうちから新芽が出て、
すでにけっこう伸びています。
これからどういう風に成長してゆくのかしら。
花もスピーディに咲くのかしら。
観察してゆきたいと思います♪

[PR]
by angelgarden33 | 2009-12-07 00:38 | スピリチュアル