Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧




彼岸花と稲






お彼岸の頃に咲くので、ヒガンバナ。
マンジュシャゲ(曼珠沙華)とも呼ばれます。

子どものころ、ヒガンバナには毒があるから、
ぜったいに触るなと、注意されていました。

彼岸花1






彼岸花2






ヒガンバナは、開花期には葉がなく、
葉があるときは花がありません。
つまり、ヒガンバナの花と葉を
同時に見ることができないのです。

彼岸花3






まこと、個性的な花ですね。



ヒガンバナ。

[PR]
by angelgarden33 | 2008-09-22 23:55 | 季節感 | Comments(0)

本日は食べ物ネタで。


たこせんべい






淡路名産「たこせんべい」です。




久びさに「たこせんべいの里」へ行き、
買ってきて食べています。

素材の味がしっかり生きていて、
食べだすと、まさに、
やめられない~とまらない~
って、なっちゃう感じのおせんべいです。
(ビールのあてにもサイコー!)

おうち用は、ボリュームたっぷりの、
この「いろいろ」が定番。
いろんな種類のたこせんべいが
入っていて、超お買い得です(^^)v。


「たこせんべいの里」は、工場見学と、
すべてのおせんべいの試食ができ、
無料コーヒーも飲めるんですよ。
観光バスの立ち寄りスポットにも
なっています。

とくに、土日や休日は地元の人も
大勢買いに来てて、大、大人気!
私もおみやげにすること多いんだけど、
たいへん喜ばれますね。


淡路に遊びに来られた際は、
ぜひぜひ、寄ってみてくださいませ。

神戸淡路鳴門自動車道
津名一宮インターおりてすぐです。


http://www.takosato.co.jp/






[PR]
by angelgarden33 | 2008-09-18 23:07 | おいしい大好き! | Comments(0)

ハート形の顔にほっこり



カマキリ






カマキリをよく見かける
季節になりました。

いつも思うのですが、
カマキリの顔の表情って、
なんだかユーモラスで、
ついジーッと
見ちゃうんですよね~。

それで、このカマキリとも、
しばらくのあいだ
アイコンタクトを
楽しみました(笑)。



[PR]
by angelgarden33 | 2008-09-15 23:33 | 季節感 | Comments(0)

先日、淡路島を代表する巨石信仰の神社として
知られている岩上神社に行ってきました。

淡路市柳沢というところにあります。

(☆以下、写真はクリックすると拡大されます♪)


岩上神社地図1

岩上神社は地図の中央あたり。
そのすぐ右、久遠寺のそばに
よく行く大師の水があります。



岩上神社地図2

淡路市の地図です。
オレンジで○をつけたところが
岩上神社のある場所。



ずいぶん前から気になりつつ、岩上神社を訪ねたのは今回が初めて。
地図を見て、このブログで何度も紹介している湧き水、
大師の水からそう遠くないことは知っていましたが、
実際行ってみると、そこから車で5分という近さでした。
田舎の山道は、入り組んでいたりするので、
もっと時間がかかるだろうと思って、
気合いを入れていった分、拍子抜けしましたが(笑)、
スムーズに到着できて、万歳!って感じでした。


岩上神社1






拝殿の左奥の上にご神体である岩の一部が
見えているのわかりますか?

岩上神社の創立は、1541年に領主柳沢隼人佐藤原直孝が、
大和国石上神宮の分霊を迎え祭祀したのが始まり。

でも、それ以前の古代から巨石を岩神として
祭祀されてきたと考えられています。


岩上神社2








繊細な組みものの形式は室町時代建築の特徴。
この写真だとちょっとわかりにくいかなあ、
長く突きでた尾垂木(おだるき)の先が、
「ア」・「ン」になっているんです。


岩上神社3







鶏卵に似た形をした神籠石は、
高さ約12メートル、周囲約16メートル。
古くより神聖視され、人々の信仰を集めてきました。
神の降臨を待って祭を行ったもので
「ひもろぎのお岩さま」とも呼ばれています。


岩上神社4







拝殿の左手にある神岩参道を上っていくと、
神籠石を背後から見学することができます。
この場所に来ると、とても不思議な感覚を覚えました。
ご神体と一体になれるというか。。。
神に近づけるというか。。。
自己が拡大されたように感じるというか。。。


岩上神社5






ひもろぎのお岩さまが見ていたのはこんな景色!
淡路の大地と播磨灘が一望できます。
伊弉諾神宮は右手の方の山を越えたあたりでしょうか。

この眺めを見て、ひょっとすると、これら巨石は、古代、
海からの目印、地図のような役割も果たしていたのではないか。
そんなことを空想したりもしました。


この神社の周辺には、夫婦岩、俵石、船石、交合石など、
信仰の対象としての石が点在しています。

いつかまた、それらの石たちにも会いにゆきたいと思っています(^^)。





[PR]
by angelgarden33 | 2008-09-13 00:22 | 神社探訪 | Comments(2)

スミレの蕾&種です♪



スミレの種






春に紫色の可憐な花を楽しませてくれたスミレ。
花が終わってからも次々と蕾を作り、
種を実らせています。
花は咲かずに種ができるんですよ。

自家受粉といって花の中で自分の雄しべの花粉が
雌しべについて種ができるんですって。
この様な花を閉鎖花と呼ぶそうです。

朝見たとき、種は殻にくっついていたのに(写真右)、
昼に見ると、もうその殻に種はありませんでした。
いったいどこまで飛んでいっちゃたのでしょうか?
飛んでる瞬間、見たかったなあ。
けっこう遠くまで飛ぶらしいので。




[PR]
by angelgarden33 | 2008-09-06 15:50 | 季節感 | Comments(0)


オレンジ色のゆり














今日、湧き水の近くで見つけた野生のユリです♪
緑多いなかでとても目立つ存在でした。

周辺の田んぼの稲は、じゅうぶん実がついて、
頭を垂れ、刈られる日も近い様子です。

九月の稲









湧き水のところへ行く途中には、
すでに稲刈りが終わっている田んぼが
ポツポツとありました(早い!)。
田植えの時期や品種で、このように
稲刈りの時期に差が出るわけですね。

今日うちに来た農協関係の人が言うには、
今年は豊作という農家が多いそうです。
(出来たお米の内容を見ないと
断定できないので、予想の段階ですが)

実家のまわりの田んぼの稲を見ると、
ひじょうによく育っているのがわかります。
今年の淡路島の夏は、好天に恵まれましたからね。

豊作の予感、喜ばしいことです(^-^)。





[PR]
by angelgarden33 | 2008-09-03 22:11 | 季節感 | Comments(0)

経営者のために中川昌蔵氏が書かれた
『左脳と右脳の複合経営』からの抜粋です。

本日のテーマは<左脳と右脳の働き>について。

霊能者でもある中川氏。
科学とスピリチュアルを融合させた氏の考え方には説得力があり、
いつ読んでも新たな発見に出会います。

長文になりますが、ご興味のある方はお読みください。
夢や願望を実現させるヒントも詰まっています。

(1985年10月初版になっているので、今から20年以上前に
書かれたものであることをご承知ください)


以下、本からの抜粋。


「人間の大脳は左右に分かれており、別々の機能を持っております。
左脳は計算、分析、設計、企画、選別、数字化など合理的に考える能力を持
ち、自己中心的価値観で見える世界に対応して行動します。
右脳は感性、イメージ、創造、感激、美、愛、善、感謝、奉仕、責任感など
超合理的で、自己以外に価値の対称を見えない世界に求めて働きます。
左右の脳は下部で脳梁によって結合されて、相互に持たざる能力を補い合い、
助け合うよう設計されています。神は、このように完璧なシステムとメカニ
ズムで人間をつくり、左右の脳と細胞群が相互に正しく調和を保ちつつ活動
できるようにしました。
私たちが求めているスーパーマインドとは、直感力、ヒラメキ、感性、創造
力、未来予知、霊性などです。霊性とは神仏の力です。神仏は別格だと思わ
れるかも知れませんが、神仏の多くは元人間で、地上で一般的な生活をして
おられました。キリストも釈迦も生きておられたときは、神でも仏でもなく
一個の人間でした。神の子である人間には神の力である霊性が埋もれている
のです。
知識と知能は3次元世界であり、超能力は4次元世界のものです。次元が異
なることに気づいてください。断食、瀧行など、3次元世界の肉体業では超
能力は発見できないでしょう。
超能力は右脳の開発によって現れます。21世紀を迎えて、時流は左脳の物質
文明から右脳の精神文化へと価値観が大きく変化しつつあります。そして新
しい秩序の世界が現出しようとしています。
指導者や経営者は3次元の物質世界のみでなく、4次元の精神と霊性世界ま
で視野と意識を拡大して、自然の法則と正しい理念と哲学に立脚して、右脳
を活性化して、研ぎすました感性と豊かな想像力を働かせて、未来を感知す
ることが必要です」

                ∞




More
[PR]
by angelgarden33 | 2008-09-02 01:32 | スピリチュアル | Comments(0)