Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧


アフロディーテの贈物♪


7月1日にオープンしたジョン船長のカフェ
「珈琲工房 カリビアン」に先日初めて行ってきました!
(☆5/13のブログ参照)

場所は兵庫県西宮市小松南町というところにあり、
最寄り駅は阪神電車の武庫川駅(徒歩3分)です。

武庫川駅は甲子園球場のある甲子園駅から
梅田(大阪)に向かって各駅停車で2駅目。
そういえば、他県の人には
わかりやすいかもしれませんね。

白を基調にした清潔感あふれる店内には、
ジャズのBGMが流れていて、
とても落ち着ける雰囲気です。
コーヒーそのものの豊かな味と香りを
楽しんでもらうため、
全席禁煙にしているそうで、
タバコの煙が苦手な人(私もその一人)や
お子様連れの人も、安心して
入れちゃうのがいいですね。

コーヒーだけでなく、ほかのドリンクメニューや
スイーツあり、ブランチありで、
選ぶ楽しさがあって、それも魅力的です。

この日、私が注文したのは、
「アフロディーテの贈物」という
洒落たネーミングの付いたOFFコーヒーと、
甘さを少し抑えたオリジナル“ザッハトルテ”!!


カリビアン1






コーヒーには疲れた脳を癒す効果と、
脳を活性化させる効果があり、
カリビアンでは前者をOFFコーヒー、
後者をONコーヒーと呼んでいます。


カリビアン4







ジョン船長は、お客様にコーヒーを通じて
メッセージ(エール)を発信しているのだそうです。
ステキですね!


もちろん、カリビアンのコーヒーは、
ミルクも砂糖も加えず
ストレートでいただきましたよ。
ザッハトルテとの組み合わせ、
噂どおり絶妙でした(^^)v。

ジョン船長さんと、
お店を手伝われている
彼の娘さんです。


カリビアン2






この日はお休みでしたが、
息子さんもお手伝いされているそうです。

生豆を見せてもらいました。
この段階では、見た目も香りも、
ふつうの豆と変わりません。


カリビアン3







この生豆を厨房の奥の焙煎室で
ジョン船長自ら心を込めて、
妥協を許さず丁寧に焙煎します。

コーヒーの話をしだすと、
止まらなくなってしまうジョン船長。
ホントめっちゃ詳しいです。

そんな話をゆっくり聞きたい人は、
厨房前の席に座るとよいみたいです(^^)。


ジョン船長さんのブログ
http://kobe.areablog.jp/page.asp?idx=10000355







[PR]
by angelgarden33 | 2008-07-29 16:00 | おいしい大好き! | Comments(0)

中飯降遺跡


和歌山県かつらぎ町の
中飯降(なかいぶり)遺跡から、
縄文時代後期前半(約4000年前)の
大型竪穴住居跡が見つかったそうです。

23日発表した
和歌山県文化財センターによると、
直径約14メートルの円形状で、
復元すれば面積は
150平方メートル以上とされ、
国内最大級、西日本では最大だとか。

大型の建造物は社会的に
特別な意味を持つもの。
西日本でも発達した縄文社会が
つくられていたことを示す
貴重な資料だといいます。

今後の調査報告が
ひじょうに楽しみです…。


<参考記事>
http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=149997




[PR]
by angelgarden33 | 2008-07-25 00:32 | 古代遺跡 | Comments(0)

玉を抱いた龍?



太陽と龍雲









今日、携帯のカメラで何となく太陽を撮ったら、
ちょっと不思議な感じの写真になりました。。。

玉を抱いた龍が太陽に向かってる進んでるように、
見えませんか……?

えっ? スイカを抱いた龍が、
我が子のいるお山に帰ってるように見えるって?

まあ、それもありですね (^^;) 。




[PR]
by angelgarden33 | 2008-07-24 00:08 | 感動だなあ | Comments(0)

五十鈴と言霊と古事記


先月訪ねた橿原神宮
ご祭神は、神武天皇とその皇后・媛蹈鞴五十鈴媛命
ということですが、皇后の名前のなかに入っている、
「五十鈴」という言葉が、なぜかずっと頭のなかに
引っかかっていて、その「五十鈴」の意味を調べたところ、
面白いことがわかってきました。

その話をする前に、媛蹈鞴五十鈴媛命について
少し触れておきますね。
媛蹈鞴五十鈴媛命の母親は溝咋玉櫛媛命。
しかし、父親は二説あり、一つは事代主神説、
もう一つは大物主神説です。
(※事代主神=託宣を司る神。大物主神=大神神社の祭神)
また、妹の名を五十鈴依媛命といい、
姉と同じ「五十鈴」が使われているんですね。
ちなみに、妹の五十鈴依媛命は、神武天皇の子で
二代天皇「綏靖天皇」の皇后です。

五十鈴から連想するものといえば、やはり
伊勢神宮内を流れる五十鈴川でしょうか。
それから、奈良県の天河神社に古来から伝わる神器の五十鈴
(天宇受売命が使用した神代鈴と同様のものであると伝えられている)。
これも有名ですね。
じつは天河神社が大好きで、これまで四度訪ねたことがあり、
そのとき、その神器を模した五十鈴のお守りを買って持っているんです。
三つの鈴が組み合わさった形なのになぜ五十鈴と言うのだろうか?
不思議に思っていました。



More
[PR]
by angelgarden33 | 2008-07-16 23:01 | 古代の叡智 | Comments(0)

週一回は必ず水を汲みに行く「大師の水」で、
今日はトンボたちに会いました。

鮮やかなコバルトブルーのトンボと、

青いトンボ







繊細そうな黒い色のトンボ。

黒いトンボ







大師川の岩窟から湧き出るここ「大師の水」は年中水温が17度。
こう暑いと、水が冷たく感じて、あー、うまいっ!

先ほどの青いトンボも、冷え冷えのおいしい水を
飲みにやってきました。
ほら、汲み口のところ、いるでしょ。

トンボと湧き水







駐車場(手前)と「大師の水」(奥)の間には田んぼがあり、
稲の成長を眺めるのも楽しみのひとつです。
すくすくと育っています。

稲











のどかな里の夏のひとコマでした…。

近畿地方の梅雨ももうすぐ明けそうですが、
そうすると、いよいよ夏本番。
今年はなんだか、長い夏になりそうですね!





[PR]
by angelgarden33 | 2008-07-07 00:43 | 季節感 | Comments(0)