Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:神社・仏閣( 15 )


山の神さん


a0285873_22491913.jpg


11:55土生港発、
沼島行きの船は満席だった。


沼島に着くと、
まっすぐ待合室へ。


まずは腹ごしらえしなくちゃと、
淡路島のコンビニで買ってきた
サンドイッチを食べた。


そして、
外に出ると、
人の姿が…ない。


船に乗っていたみんなは、
どこにいったんだ?


きっと、
海水浴場に向かったんだね。


私の今日の目的地は、
山の上にある神社、
山ノ大神社。


はじめて訪ねる神社だ。


よりによって、
こんな炎天下になぜ?


それはね、
8月17日の今日、
そこに行きたかったのだ。



民家のある場所を
離れると、
誰一人、会わなくて、
ちょっと心細さを感じるも、
人と会わない方が、
安心だったりもする。


そして、
恐さより、
行きたいという気持ちや
冒険心の方が勝る。


途中までは、
何度も訪ねたことのある
上立神岩へ行く道と
同じだから、
土地勘もあるしね。


(下の写真の「沼島灯台」の
 矢印の方向に歩けばOK!)


a0285873_00460953.jpg


けっこう急な山道を
上る上る。


身体から
滝のように汗が
流れてくるわ、
息はキレるわで、
休んでは水を飲み、
進んだ。


a0285873_00473105.jpg


山に入るとき、
いつもしていることがある。


それは、家の里山でも同じ。


山の神様に
「こんにちは」
「おじゃまします」
と挨拶をするのだ。


鳥や木々や花、虫たちにも
話しかけながら歩く。


あと、動物たちを
驚かさないために、
声か音を出すようにしている。


今日は口笛を
吹きながら歩いていた。


a0285873_01234127.jpg

a0285873_01241052.jpg


港辺りから
山の方向を見ると、
トンビが飛んでいる
場所があった。


山ノ大神社はそこだろう、
と思っていたら、
その勘は当たっていた。


そのトンビは
山を上っているときも、
こっちだよ、と
鳴いて道案内をしてくれたり、
神社に着くと、
社殿の正面の木にとまって
見守ってくれていた。


トンビがその木にいるのが
わからなかったんだけど、
私が振り返ると、
木から飛び立って、
そして、今度は、
私の真上をまわる。


手が届きそうなほど、
近くまでやってきたりもした。


また、黒いアゲハチョウが、
目の前に何度も現れる。


アゲハチョウも
めちゃ近くまできてくれた。





とっても気持ちのよい
空間だった。



やっぱり来てよかった(^^)



a0285873_22492035.jpg

▲「山・・・大神」の「・・・」が気になりますね(^^)



a0285873_16131245.jpg




せっかくなので、
上立神岩にも行きました!



a0285873_22492016.jpg


海の色がきれいでした~♪





約2時間の沼島歩き。
気持ち的には、
ペットボトル1本分ぐらいの
汗をかいた。
そのおかげで、
毒素も流れていったよう。
ああ~すっきり!!




帰りは父の入院先へ。
お見舞いに行きました。


日々、少しずつ、
良くなってきてるよう。



生きていてくれるだけで
ありがたいな、と思う。

a0285873_22492162.jpg


☆今日の相棒・愛❤️棒✨

a0285873_06182080.jpg

▲落ちていた桜の枝を持って、山に入った。
これが正解!蜘蛛の巣を避けるのと、
もちろん、杖としても重宝しました(^^)











[PR]
by angelgarden33 | 2017-08-17 22:44 | 神社・仏閣 | Comments(0)

いい日☆伊奘諾神宮☆2&3


a0285873_16200138.jpg

施設にいる父に会いにいった帰り道、
なんとなく、伊弉諾神宮の神様
(イザナギノミコト様とイザナミノミコト様)が、
「今日はちょっと寄って帰りなさい」と
おっしゃられているような気がして、
参拝させていただきました。


神宮の前を通っても、
「またゆっくり来させてもらいます♪」
と、車の中からの挨拶が多かったので、
その申し訳なさがあったから、
そのように感じたのか、
神様が潜在意識に語りかけたのかは、
よくわかりませんが……


お参りすると、
ちょうど本殿でカップルが
結婚式を挙げられていました♬


古式ゆかしい厳かな
伊弉諾神宮の神前結婚式☆


ホントにステキなんですよ!!


「ちょっと寄って帰りなさい」の理由は
このこと?

a0285873_16200209.jpg
a0285873_16200307.jpg

みなさん、ずっと魅入ってました☆


見ているだけで
幸せな気持ちになりますものね♪


儀式もステキだし、
ここは、神楽もまた素晴らしいのです!!


a0285873_16200363.jpg


前に訪ねたときは、
整備中だった夫婦大クスの周囲が
きれいになってました☆



a0285873_16200401.jpg


大クスさんの
大らかなやさしさ、
愛深さにいつも癒されます。


a0285873_16200491.jpg


伊弉諾神宮内にある
ゼロ磁場といわれる場所にある木。


ゼロ磁場だとお聞きする前から、
ここの空間は境内の中で
いちばん落ち着く感じがして、
足をとめることが多かった。


今日もここで、
ゆっくり過ごして、
エネルギー調整させて
もらいました☆


a0285873_16200529.jpg


陽の道しるべ


a0285873_16200697.jpg


参道横の林に
琵琶が実ってました♬



a0285873_16200652.jpg


国生み伝承


a0285873_16200717.jpg


伊弉諾神宮には、
三つ葉の松葉もあるのよ♪


今日のタイトルに入れた3は
この三つ葉の松葉と、
おみくじが3番だったこと(大吉でした♪)、
帰りに最初に出会った車が
33ナンバーだったこと、から。


2は、カップルの2、
夫婦大クスの2。


それと、境内社には2神、あるいは、
2社、お祀りされている社が多いのです。


それを意識したのです。


ツインの神社だ!
なんて思ったわけです。


バランスがいいとも
いえますよね。


だから、自分の中が
自然に整えられるのかな。







今日も、いいお参りができました(*^^*)







[PR]
by angelgarden33 | 2017-06-11 20:30 | 神社・仏閣 | Comments(0)

初詣と天使の梯子♪


a0285873_19195780.jpg


今日はお墓参りと、
ご縁ある神社⛩8社へ。
新年のご挨拶に伺いました✨


途中、空には天使の梯子が
かかっていて、うっとり✨
いい時間が流れました🎵✨

a0285873_19195708.jpg


a0285873_19195812.jpg


a0285873_19195912.jpg


a0285873_19195904.jpg


a0285873_19200050.jpg


a0285873_19200086.jpg


a0285873_19200140.jpg


a0285873_19200279.jpg


a0285873_19200219.jpg











[PR]
by angelgarden33 | 2017-01-03 19:00 | 神社・仏閣 | Comments(0)

江ノ島満喫♪


a0285873_11374034.jpg

撮影で上京した帰りの昨日、
約30年ぶりに江ノ島へ😊

日差しは夏 058.gif
汗かきかき、石段を登ったり下りたり♪

a0285873_11374092.jpg

光る海がめちゃ綺麗でした〜✨

a0285873_11374164.jpg

a0285873_11374112.jpg

江島神社(辺津宮・中津宮・奥津宮)にお参りし、
江の島岩屋も見てきました。


a0285873_11374230.jpg

a0285873_11374255.jpg

a0285873_11374374.jpg

江の島岩屋の中には、
江島神社の発祥の場所がありました。

a0285873_11374396.jpg

a0285873_11374391.jpg


龍さんにもいっぱい会えました!


a0285873_11374421.jpg

来て良かったです072.gif







[PR]
by angelgarden33 | 2015-10-29 11:33 | 神社・仏閣

西宮です♪


a0285873_20143492.jpg

昨日は、宝塚在住のサクラコさん、
西宮在住のミサキさんと、
西宮北口で待ち合わせ、
天照皇大神荒御魂(=瀬織津姫様)をお祀りする、
廣田神社を三人で参拝し、
そのあとパスタランチを楽しみました♪

a0285873_20455288.jpg

a0285873_201436100.jpg

それほど寒くもなく、好天に恵まれ、
甲山のお姿もくっきりと見えて、
気持ちよく参拝できました。

a0285873_20143622.jpg

ふつう3月末から4月中旬ごろ開花する
淡紫色のコバノミツバツツジ♪
早くも咲いている花を見つけ、
春が来たようで嬉しくなりました\(^o^)/


ランチを食べながら、話は尽きず、
お店に長居してしまった私たち。
続きはまた次回に〜^_−☆
本当に楽しかったですo(^▽^)o
サクラコさん、ミサキさん、
ありがとうございました??✨


今日は、西宮・甲子園の自宅近くの
素盞嗚神社を参拝しました♪

a0285873_20143757.jpg

a0285873_20143713.jpg

a0285873_20143854.jpg

夢と彫られた、ボール型のモニュメント。

球児たちの夢が甲子園なら、
今の私の夢は…
「夢みる望遠鏡」の映画が完成し、
たくさんの方がたに観ていただくこと。

ありがたいことに、
素晴らしい協力者が次つぎに現れ、
おかげさまで日々前進しています(*^^*)

シンクロのオンパレード!
それにはびっくりしますよ(o^^o)

まずは、3月のPV撮影の
準備に励みますね(*^-^*)♪
[PR]
by angelgarden33 | 2015-01-19 22:33 | 神社・仏閣 | Comments(8)

車折神社の火焚祭


a0285873_1482177.jpg

昨日、一昨日と、
京都に行ってきました♪


両日共、用事は夕方からなので、
昨日は西宮からだったこともあり、
早めに京都に向い、
前から気になっていた
「車折神社」を訪ねました。


☆「車折神社」の社名は、後嵯峨天皇が嵐山に遊行した際、社前で牛車の轅(ながえ)が折れ、動かなくなったことから、ご神威を畏れ、門前右側の石を「車折石」(くるまざきいし)と呼んで、「正一位車折大明神」の神号を贈られたことに由来します。(車折神社のホームページより)


a0285873_2222937.jpg

▲車折神社
  ご祭神は、清原頼業公(きよはら・よりなり)


a0285873_2223031.jpg

すると、タイミングよく、
神社に到着して間もなく、
新嘗祭・火焚祭が始まったのです。


せっかくですので、
最初から最後まで
見学させていただきました。


a0285873_2223951.jpg

a0285873_2225557.jpg

火焚祭について、
車折神社のホームページには、
こう書かれています☆

火焚祭(ひたきさい)は「かまど」の守護神である奥津彦神・奥津姫の二神を迎え、古式に則り、ご参拝者が奉納された火焚串(護摩木)をかまどの形に組み上げて四方の焚き口から火を着ける「かまど祓」の神事を執り行う祭典で、五穀の豊穣を感謝するとともに、火焚串(護摩木)を奉納された皆様の厄災消除と様々な願い事の成就を祈念致します。



a0285873_2223111.jpg

a0285873_2223084.jpg

a0285873_2223948.jpg

a0285873_222325.jpg

a0285873_2223641.jpg

a0285873_222342.jpg

神主が大祓詞を唱えながら、
参拝者が奉納した護摩木を
盛大に焚き上げる火焚祭。

大祓詞は5回奏上されます。


a0285873_222389.jpg

a0285873_222374.jpg

火焚祭終了後は、
新米で炊かれたお粥が
参拝者に振舞われました♪


熱々のお粥をふぅふぅしながら、
ありがたくいただきました!
ご馳走さまでしたm(_ _)m


また、お供えされておりました
今年収穫された稲も、
1束いただいて帰りました。


重ね重ねありがとうございましたm(_ _)m




072.gifここからは、
車折神社の境内社の写真です✩

a0285873_2224033.jpg

a0285873_2224122.jpg

▲地主神社(じぬしじんじゃ)
  ご祭神は、嵯峨天皇


a0285873_2224234.jpg

a0285873_2224359.jpg

a0285873_2224432.jpg

a0285873_2224581.jpg

▲滄海神社(弁天神社)
  ご祭神は、市杵島姫命

この弁天様を参拝していると、
右奥の方にネコがやってきました♪


私がお参りしている間、
ネコはずっとそこにいて、
こちらの様子を眺めているようでした。


でも…
鳥居から出て、神社の方を振り返ると、
先ほどのネコの姿はもうありません。


やっぱり、あのネコ、
弁天さまのお使いだったのかしら(*^^*)?


a0285873_2224619.jpg

▲芸能神社
  ご祭神は、天宇受売命


a0285873_2224757.jpg

▲芸能神社
  芸名・ペンネーム・劇団等の
  団名を記した朱塗りの玉垣が
  2000枚以上奉納されているとか


a0285873_2224865.jpg

▲天満天神社(そらみつあまつかみのやしろ)
  ご祭神は、天満大神


a0285873_2225065.jpg

▲神明神社
  ご祭神は、天照大神


a0285873_2225036.jpg

a0285873_2225167.jpg

a0285873_9223980.jpg

▲清めの社
  ご祭神は、家相・地相・方位の守護神

a0285873_2225288.jpg

▲清めの社
  石をモチーフにした円錐形の立砂


a0285873_9184531.jpg

a0285873_9184418.jpg

a0285873_9184561.jpg

▲溪仙桜
  画家・冨田溪仙が奉納された桜


a0285873_918466.jpg

▲松と紅葉


a0285873_11365474.jpg

▲車折神社・裏参道の入り口

そういえば、ここの狛犬は、
二体とも阿の形に口を開けていました♪
珍しいですね☆

写真はわかりにくくて
ごめんなさい(⌒-⌒; )



※本殿の写真は、うっかりして
撮り忘れてしまいました(^▽^;)



紅葉のベストシーズン、
京都の行き帰りの電車は満員で、
移動に少しばかり疲れましたが…
でも、やっぱり京都が好き(*^^*)♪


デジャヴのような感覚が
よくあるので、
魂的にやっぱり
ご縁の深い場所かなと、
想像いたします(o^^o)


また、ゆっくり来たいなあと、
思いました❤︎


今日もお読みいただき
ありがとうございました058.gif
[PR]
by angelgarden33 | 2014-11-24 23:31 | 神社・仏閣 | Comments(0)

神の教


a0285873_1213438.jpg

先日(7/23)、芦屋市にある
芦屋神社を参拝した際、
神様にアドバイスをいただく思いで
おみくじを引くと、
ありがたいことに、
五番の大吉でした(*^^*)


そのおみくじの裏に
書かれていた「神の教」。


その言葉が素晴らしく、
こころに響きましたので、
紹介させていただきますね♪


a0285873_1213521.jpg

神の教

御飯たべたり、着物をきたり、勝手いうのが能じゃない

御互は御飯たべる為に生まれて来たのでも、着物きるために生きて居るのではない。神様から世界作り固めの御役目をうけて、此地上に高天原の、住みよい、明るい、平和な世界を作り上げる為めに生まれて来たのである。この信仰をもって一生を働き続けましょう。




a0285873_1213687.jpg

芦屋神社


a0285873_1213769.jpg

主祭神は天穂日命



※一番上の写真は、
境内社の水神社。
横穴式石室墳を
祠として利用しています。
すごくいい感じの空間、
心が鎮まります。




最近、夜になると、
強烈な睡魔に襲われます。


大きな変化の前に、
こうした強烈な睡魔が
やってくることがあるので、
もしかしたら…それかな?


芦屋の記事の続きは
また改めて。


では
おやすみなさい✩✩✩
[PR]
by angelgarden33 | 2014-07-26 00:33 | 神社・仏閣 | Comments(0)

上賀茂神社参拝


a0285873_11265531.jpg

先日(8/29)、京都の上賀茂神社に行ってきました!


下鴨神社は、何度訪ねたか覚えてないほど数多く足を運んでいるのに、
上賀茂神社は、じつは初めての参拝でした。


水が豊かな神社!
それが第一印象です。


水は生命の源。
つまり母のような存在。
この神社の境内で感じる安心感は、
水の豊富さというところから来ているのかもしれません。
母なる星、地球の理想の姿を象徴するような場所、
そういう風に思えたりもしました。


境内を流れる清らかな水のごとく、身体の中の水も、
きれいになって帰ってきたような気がします(笑)



今回、上賀茂神社を訪ね、その土地から
色いろなインスピレーションを受け取り、
ああ、今ここに来たことに意味があったのだなと、思いました。


そしてまた、行って良かったのが、
上賀茂神社の裏手の丘の上にある二葉姫稲荷神社。


上賀茂神社の雰囲気とはちがって、
参拝する人も少なく、寂しげな神社だったのですが、
ここの龍神様、好きだなと思ったのです。


FBのつぶやきにも書いたのですが、
ここを参拝中、淡いユリの香りが漂ってきました。


でも、森の中のお花の香りが風に運ばれてきたのかもしれない。
それで「気のせいかな?」と思ったとたんに、
どこからかクロアゲハが現れたのです。


ユリの香りのように思うのだけど、まだ確信がもてなくて、
(※近くに本物のユリの花は、咲いていませんでした)
「やっぱり気のせいかも・・・」と思ってすぐに、
今度は二羽のクロアゲハが目の前に!


これは、もう、
瀬織津姫様のサインと考える方が自然ですよね♫


心を込めてお参りさせていただきました。
ユリの香りは、姫様が喜んでくださっているのだと、
そう解釈させていただきました。



上賀茂神社を参拝したあと思ったのは、
神社の本質は、その土地から社殿など、
人工的なものをすべて排除しないと
見えてこないのだということ。


原初に戻ることが、
真実にたどり着く早道のように思います。




神社で撮った写真と、いちばん最後に、
上賀茂神社のことについて書かれた新聞記事を載せました。


この記事を読んでから、上賀茂神社にますます
興味を抱くようになりました。
スマホ、携帯では、字が小さくて読みにくいかもしれませんが、
よろしければご覧くださいませ♪



a0285873_1134695.jpg

▲上賀茂神社・一ノ鳥居


a0285873_11352017.jpg

▲ニノ鳥居付近で出迎えてくれた2羽のカラスさん♪


a0285873_11353574.jpg

▲境内案内図


a0285873_1135588.jpg

▲細殿前の円錐形の立砂(たてずな)は、神山(こうやま)を模して作られた神のよりしろ。
 陰陽道の影響で2つあるとか。


a0285873_1137370.jpg

▲手水舎の水は、ご祭神・賀茂別雷大神が降臨された神山のくぐり水をくみ上げたもの。


a0285873_11372422.jpg

▲境内を流れる川を、ヒラヒラと楽しそうに飛び回るハグロトンボ。可愛い♫
 たくさん出会いましたよ♪


a0285873_16315331.jpg

▲「岩上」の説明


a0285873_1138127.jpg

▲岩上は、神山と共に賀茂信仰の原点であり、古代祭祀の形を今に伝える場所。


a0285873_11383377.jpg

▲片山御子神社(片岡社)。
 上賀茂神社のご祭神・賀茂別雷大神の母である玉依比売命を祀ったお社。


a0285873_11424582.jpg

▲楼門


a0285873_1139388.jpg

▲楼門の前では、今年の干支・ヘビさんが待っていてくれました♪


a0285873_11391960.jpg

▲拝殿
 ご祭神は、賀茂別雷大神


a0285873_2301517.jpg

▲末社・川尾神社
 ご祭神は、罔象女神


a0285873_23223975.jpg

▲末社・山森神社
 ご祭神は、素盞嗚神・稲田姫神・田心姫神


a0285873_2323763.jpg

▲末社・梶田神社
 ご祭神は、瀬織津姫神


a0285873_23234418.jpg

▲5月4日に行われる、葵祭の斎王代の御禊を斎行するならの小川と、
 梶田神社(手前)、山森神社(奥)


a0285873_0402985.jpg

▲ならの小川





a0285873_2318593.jpg

▲二葉姫稲荷神社


a0285873_021631.jpg

▲二葉姫稲荷神社・境内

二葉姫稲荷神社は、上賀茂神社の第一摂社・
片山御子社(片岡社)の神宮寺の鎮守社。

明治時代、神仏分離により神宮寺は他所へ移転し、
鎮守社であった二葉姫稲荷神社だけが残ったとか。


a0285873_23195115.jpg

▲末社・八嶋龍神

神宮寺の移転後、池が埋められたとき、
池の龍神が村民の夢に現れたので、龍神を祀ったのが八嶋龍神。


a0285873_23201292.jpg

▲末社・御影龍神


a0285873_23205918.jpg

▲末社・天之斑駒社


a0285873_23212517.jpg

▲末社・金毘羅宮


a0285873_23215980.jpg

▲本社


二葉姫稲荷神社には、このほかに、光善稲荷大明神が祀られていました。





a0285873_23251213.jpg

▲上賀茂神社の境外末社・藤木神社
 ご祭神は、瀬織津姫神


a0285873_23253897.jpg

▲明神川のそばで、藤木神社に寄り添うように佇むクスノキは、
 樹齢500年といわれています。





上賀茂神社について書かれた記事です。
ご参考までに☆

a0285873_1127129.jpg

a0285873_11272494.jpg

a0285873_11273781.jpg

a0285873_11274983.jpg

a0285873_1128077.jpg

a0285873_11281460.jpg


2つの立砂、本殿・権殿の2つの社、
神社の北方約2キロにある神山・・・


この記事の中だけでも、2がよく出てきますね。


上賀茂神社と下鴨神社、これも2社ですしね。


陰陽道の影響か。。。


あっ、そういえば、出迎えてくれたカラスも2羽でした!


偶然にしては、でき過ぎという感じですね(*^^*)
[PR]
by angelgarden33 | 2013-09-01 01:55 | 神社・仏閣 | Comments(2)

8月6日と、静かなる朝


a0285873_0511786.jpg


今日、8月6日は広島原爆の日。
朝の8時15分、黙祷を捧げました。


戦争の悲惨さと平和の尊さ、
それを伝え続けてゆくことの大切さを、
毎年この日、改めてく強く意識させられます。


高校時代、演劇部で、原爆をテーマにした
「静かなる朝」という作品を、
島内発表会と県大会で上演したことがあり、
それ以来、広島と長崎の原爆の日である
8月6日・9日は、特別な思いで迎えています。


あれから、30年以上・・・か。
うーん、早い。


高校時代の私は、こう見えて、
演劇少女でして、毎日休まず部活に行ってました。
発声練習、そういえば、毎日やっていたなあ。
「あえいうえおあお、かけきくけこかこ・・・」ってね。


「静かなる朝」のときは、演出担当で、
県大会では、確か優良賞をもらいました。
三番目に良い賞だったと思います。


当時の脚本は、まだとっていて、
しまいこんでいたものを、今日ちょっと
引っ張り出してきて、見てたんですけど、
シミがいっぱい入っていて、
かなりボロボロに。。。


その脚本のあいだから
「原爆許すまじ」という歌の楽譜が出てきました。


これです(↓)

a0285873_0411468.jpg


劇中に、この歌を流すんですけど、
島内発表会のときは、部員全員で歌ったものを流し、
県大会では、歌の上手な男の子何人かに頼み、
録音したものを流しました。
部員が歌ったものより、その方が断然よかったです!
録音は放送部の協力のもとでやりました。


原爆の話から、昔の記憶が蘇ってきましたね。
キラキラの青春時代~~。


純粋だった年頃に、心に刻み込んだ平和への切なる思い。
その思いは、これからも、永遠に、変わることはないでしょう。


平和のために、今自分に何ができるか・・・
それをずっと考え、行動に移してゆきたいと思います☆




今日は、約二ヶ月ぶりに、
伊弉諾神宮に参拝に行ってきました。

本殿の奥で、写真を撮ると、
虹色と、紫の、きれいな光が入りました!(写真上)


それをiPhoneの動画でも撮ったので、
アップしておきます(^^)


境内では、早くもツクツクボウシが鳴いていましたよ♫



[PR]
by angelgarden33 | 2013-08-07 02:22 | 神社・仏閣 | Comments(0)

歴史街道SP


このタイミングのよさはいったい何!!
ということが、今日(9/29)もありました。


夕方のことです。
居間にあるテレビがついていました。
(父が女子ゴルフを見たあと、そのまま消さずにつけっ放しになっていたのです。)

それまで、私はほかのことをしていて、居間と別の部屋を行ったり来たりしていました。
そして、なんとなくテレビの前に腰を下ろし、なんとなくテレビの画面を見ると、
このあと始まる番組の予告をやっていました。

「歴史街道」か…。
この番組好きなのよね~なんて思っていると、
今日は六甲山の知られざる歴史にも迫るとかで、見覚えのある場所の画像が!
六甲比女神社や六甲山神社の石の宝殿…などが映っていたのです!
今年3/4「六甲比女・瀬織津姫を世にお出しする旅」で訪ねた、印象深いあの場所です!!
(☆詳しくは、旧ブログをご覧くださいね♪)


今日は30分のスペシャル番組のようです。
これは見なくちゃ! 


朝日放送 歴史街道
http://asahi.co.jp/rekishi/



六甲山の開拓物語なども紹介されていて、なかなか面白かったです!!



でも、不思議なんですよね。
あのときなぜ、テレビは朝日放送6チャンネルになっていたのか!
(女子ゴルフはNHKでやっていた。)
あのタイミングで、なぜ私はテレビの前に腰を下ろしたのか!

最近、こういう不思議が多いです。
楽しいですね(*^-^*)

a0285873_014033.jpg


a0285873_0141291.jpg

(↑)六甲比女神社

 弁財天をお祀りしていると紹介されていました。


a0285873_0142680.jpg

(↑)六甲比女神社


a0285873_0143989.jpg

(↑)六甲山神社・石の宝殿


a0285873_0145144.jpg

[PR]
by angelgarden33 | 2012-09-30 00:41 | 神社・仏閣 | Comments(0)