光のワルツ Part2 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:雑記( 52 )


蜜の味


a0285873_9343137.jpg

昨日入った喫茶店で、
その店のオーナーさんが
作っているという
日本蜜蜂??のハチミツを買った。


淡路の山のいろんな花々から
蜜を集めてくるから、
コクがあって美味しいよ〜
という話だった。

a0285873_9343225.jpg

コーヒーはノンシュガー派だけど、
今朝は、スプーン一杯分だけ、
この蜂蜜を入れてみた。


(その前に、蜂蜜の味見をしたら、めちゃ美味しくて、コーヒーに入れたのだ^_−☆)


それが、
コーヒーの味が
ワンランクアップしてて
びっくり〜♫
すごい!すごい!!


お料理にも
使っちゃおうっと(*^^*)

a0285873_9343390.jpg

美味しいものに
出会うと、
やっぱり幸せ??


a0285873_9343344.jpg

▲世界平和大観音(淡路市)
[PR]
by angelgarden33 | 2014-06-24 11:11 | 雑記 | Comments(2)

奇跡の日々


a0285873_1016159.jpg

お向かいのベランダ下で
誕生したツバメの子供たちが
スクスク育っているのを見ていると、
心に平和が拡がります♪


写真がなかなかうまく撮れないので、
その可愛い姿はアップできませんが、
親ツバメたちの愛情あふれる姿にも
感動する毎日(o^^o)


時どき、仲間らしきツバメたちが
巣のまわりにやってきます。


様子を見にきているのかな?
ツバメたちの社会も、
それぞれに役割だとか、
なんらかのルールとかあって、
人間とも、自然、環境とも
うまくバランスをとって、
心から、“生”を
エンジョイしているように見えます。


お向かいのツバメ夫婦は、
私がいると、やはり挨拶してくれます(*^^*)
可愛いよ〜♡



入院中の母、
色んなことがあったけど、
あり得ないような奇跡の連続で、
お陰様で回復に向かっています。


私たちは、見えない力によって
生かされているんだなあと、
実感せざるを得ません。


感謝ですね!!


この1ヶ月足らずで、
何十年分かの学びを
経験しているような。


それほど濃く、
意味のある時間だと感じています。


そして、この島、
淡路島がますます好きになる
自分がいます。


南北に伸びる海岸線を
一日、平均2往復していると、
淡路島との繋がりが強化されて
いるように感じるのです。


島の神様、海の神様、
その存在を感じます( ˇ◡ˇ ) ♪



明日は夏至…


そこからはじまる大きな変化が
さらに新しい心の宇宙へと
運んでくれる予感があって…
すごく楽しみです♫


今日も素晴らしい!
明日はもっと素晴らしい!!


感謝✨✨✨


a0285873_10161615.jpg

古代米のミックス♪
今はこれを白米に
混ぜていただいています(*^^*)
[PR]
by angelgarden33 | 2014-06-20 09:41 | 雑記 | Comments(0)

超えた先


a0285873_10173554.jpg

奇跡じゃないの、
当たり前のことなの。
みんなが持っている力なの。


その力を見てしまったら、
信じるしかない。
人の中にある、
神の…力。


詳しくは書けないけど、
最近経験したこと、
超えていたの。


はるかに、
想像を!


これを学ぶために、
今後につなげるために、
ここにいるのではないかしら、
と思ってしまう。


✳︎ 6月11日の独り言(•◡-)-☆

a0285873_23222383.jpg

[PR]
by angelgarden33 | 2014-06-11 18:11 | 雑記

535とベツレヘム☆彡


a0285873_8515722.jpg

ベツレヘムの星は、
東方の三博士に
イエス・キリストの誕生を知らせ、
ベツレヘムに導いた星??


それが、
スイフト・タットル彗星??だった
可能性があるらしい。


西暦535年、
交野市あたりに落下した隕石も、
おそらく
スイフト・タットル彗星??のかけら。


(※スイフト・タットル彗星は、
ペルセウス座流星群の母天体。)


イエス様と
ニギハヤヒ様と
彗星☆彡と

(^_−)−☆

a0285873_8515876.jpg


この5日間、
いつもと異なる時空にいます☆


ほとんどまともに寝ていないのに、
身体がすごく元気なんだけど…


けっして強がってるわけじゃなくて。


めちゃ不思議 (•◡-)

a0285873_8515973.jpg

[PR]
by angelgarden33 | 2014-06-08 08:41 | 雑記 | Comments(6)

古代に思いを馳せる


a0285873_16114340.jpg

古代に思いを馳せる。


4月に沼島に行ったとき、
ガイドさんから興味深い話を
いくつか聞いた。


そのうちのひとつ。


海人族の話。


海を渡り、
大きな島までやってきたとき、
海人族はいきなりその島に
住みついたりはしないそう。


まず、近くの小さな島に上陸。
そこに居を構え、
大きな島の調査をする。


どんな島で、どんな原住民が
住んでいるのか、とか。


色いろ調べ、
おそらく原住民と
コミュニケーションもし、
自分たちが住んでも大丈夫だと、
わかってから、
その島で暮らしたらしい。


海人族はまず沼島に上陸。
そこを拠点に、
淡路島に行って現地調査し、
そののち
淡路島で暮らしはじめた。


淡路の海人族といえば、
国生み神話のもととなる
神話を伝えた人たち☆


a0285873_16114576.jpg

母の入院先は、
この神社の真裏に位置する。
太陽の道で知られる神社です☆
[PR]
by angelgarden33 | 2014-06-01 16:22 | 雑記 | Comments(4)

ヒーリングロード


a0285873_1054355.jpg

母の病室が移動した。
前は2人部屋で、今度は
4人部屋だが、大きな窓があり、
その窓側に母のベッドがある。


大阪湾が一望でき
開け放った窓からは、
心地よい自然の風が入ってくる。


ベランダにはスズメが
時々やってくる。


海から登る朝日も見えるはず。


前の部屋より断然環境がいい!


そしてまた、
これまで母が何度か入院したことのある
大病院よりも、こちらの方が
エネルギー的にやさしい感じがする。


病院そのものの波動だけでなく、
磁場も関係しているような気がする。


いつもの大病院は、
行くだけですごく疲れてしまって、
帰ってくるとぐったりしたものだが、
ここは、その疲れがないばかりか、
かえって元気になっているのだ。


それは、私だけに起こること?


とにかく不思議!


a0285873_18513750.jpg

実家と病院をつなぐ海岸線を、
私はヒーリングロードと呼んでいる。


2000年、淡路花博会場で
働いていた半年間、
この海岸線を走る路線バスで
40分かけて通勤していた。


仕事に追われる日々を過ごし、
いっぱいになっていた心を、
朝の太陽を浴びてキラキラ輝く海が
癒してくれたから、
私にとってのヒーリングロード!


身体がそれを記憶しているから、
この道を通る時は、
いつも明るく前向きな気持ちになる。


a0285873_18513926.jpg

太陽と海か…


火と水


神に癒されていたのだね!


大阪湾といえば、


琵琶湖の水は瀬田川から流れ出し、宇治川から淀川を流れて、大阪湾に注ぐ。


瀬田川のほとりにあるのは、
そう!
瀬織津姫で知られる佐久奈度神社。


そして、
大阪湾を淡路島に沿って
右回りに進むと鳴門の渦潮??がある!


その間には、
速秋津比売神をお祀りする
由良湊神社が鎮座!


なんか「中臣大祓詞」と
リンクしているでしょ?


a0285873_18514030.jpg

[PR]
by angelgarden33 | 2014-05-29 22:22 | 雑記 | Comments(0)

良い天気だなあ♪


a0285873_1733913.jpg

一昨日入院した母の
お見舞いに来ています。


写真はその部屋から見た景色です。


約一ヶ月の入院が必要ということ。


脳梗塞が早めに見つかり、
大事には至らないようなのでひと安心。


でも、90歳という高齢なので、
いつ何が起こっても
不思議ではないとも言われています。


ですから、少し覚悟はしつつ、
これまでと同様、
できる限りのサポートは
させてもらうつもり。


それが今生のお務めの一つと
思っています。


今回のことでは、訪問看護師さん、
主治医の先生、看護師さん、
ケアマネージャーさん、
家族 etc. たくさんの人に支えられ、
最善、最短で、ことが進み、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。


入院先は、
いつもの病院ではなく、
はじめての場所。


ほぼ東経135度。


それにも意味がありそうな
気がしています。


毎日、海岸線を車で往復しながら、
そんなことを思ったりしています。


母が元気になるようにと、
母の若い頃の写真と家族の写真を
ミニアルバムにして持ってゆくと、
少し顔が柔らかくなりました(^_^)v


娘の私が言うのもなんですが、
母の娘時代、すごく綺麗です♪


目鼻立ちがはっきりしているから、
羨ましい(*^^*)


こそっと、写真をアップしちゃおっと。

a0285873_17331127.jpg


ねっ^_−☆
[PR]
by angelgarden33 | 2014-05-28 17:33 | 雑記 | Comments(0)

上賀茂神社とシリウス


a0285873_075919.jpg

日本における七夕伝説発祥の地といわれている「交野が原」。


最近また、この地のことが気になりだしています。


以前、旧Angel Noteに、それに関連する
ちょっとした記事を書きました。


それを今日は、転載しますね♪



❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦



「上賀茂神社とシリウス」 (2013.09.03)


木内鶴彦さんが発見した、
交野天神社を中心に直径32kmに広がる
西暦535年の星空の地上絵(円形星座)では、
シリウスは上賀茂神社の位置に当たる。


これも、上賀茂神社に興味を持った、
大きな理由のひとつ。


この西暦535年の星空の地上絵の話をお聞きしたのは、
今から約9年前の、2004年7月11日。


そのときの日記の一部がこちら(↓)



(前略)


Yさんと一緒に、今日は彗星探索家の
木内鶴彦さんの講演も聞いてきた。


交野が原(枚方市・交野市・寝屋川市)には、
南米ナスカの地上絵を凌ぐ
壮大な「星空」が描かれていたという
木内氏の推測は、かなり興味を引いた。


樟葉の交野天神社を北極点にした、
機物神社、天野川の位置関係は、
西暦535年の星空だとか。


古代の人々は、なぜ樟葉に天の北極を作ったのか?


この謎の答えは不明だけど、
もしわかったとき、
私たちが知っている歴史をひっくり返すような、
すごい事実にぶつかるような気がしてならない。


日本の歴史は改竄されたものだ、
という説もあるし。


木内氏の調査のその後を、また知りたいなと思った。


・・・・・・・・・・・


西暦535年のことを調べているとき、出会ったのがこの本。

『西暦535年の大噴火』(デイヴィッド キーズ)

図書館で借りて読み、気になるページをコピーしておいた。

しまいこんでいたそのコピーを、今日久しぶりに読んでみた。

葵祭の起源と、時代が近いことを知ったからだ。

日本のその時代の様子が伝わってきます。

気象には歴史を変化させる力がある!!

ご覧になりたい方は、コチラ からどうぞ!

http://angelgarden33.jimdo.com/angel-note/西暦535年の大噴火/




(※木内さんによると、西暦535年、
  交野市あたりに隕石が落下したようです。)



❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦❦



☆木内さんのお話をお聞きした約一年後、
  円形星図の中心点(北極点)、
  樟葉の交野天神社を参拝いたしました。
  大好きな神社です♪


☆昨年の8月29日、上賀茂神社を参拝したときの記事です♪
 http://miyogarden.exblog.jp/18468398/


a0285873_1341271.jpg

▲京都の賀茂神社のご神紋「二葉葵」
  ハート形の葉っぱが2枚♡♡可愛いですよね♪



「あおい」という言葉の響き、
なんか好きなんです(*^^*)
(※すべて母音ですね♪)


葵は、かつては「あふひ」と書かれ、
「あふ」は会う、「ひ」は神霊、生命力を表し、
神の力に会うことを意味しているそうです。



☆ハート形の二枚の葉は、二つの心臓で、
  それはつまり、シリウスを表現している、
  というのは、考えすぎでしょうか(^^;)
http://angelnote33.jimdo.com/2013/09/19/二つの心臓/

[PR]
by angelgarden33 | 2014-05-26 01:11 | 雑記 | Comments(0)

最近のしあわせ


a0285873_16185125.jpg

午後の一服。

お気に入りのカフェで充電タイム☕️



最近の幸せについて☆

お向かいの家の2階のベランダ下に、
今年初めてツバメが巣を作ったんだけど、
その家(巣)の主であるツバメのカップルが、
朝、私が玄関を出ると、
どこからともなく飛んできて、
電線にとまって挨拶してくれること。
2羽ともだよ♪


その前、巣を作る前から、
うちの周辺にやってきて、
挨拶してくれるツバメがいた。


そのツバメたちかもしれない。


あるとき、一羽のツバメが飛びながら
私の真正面にやってきた。


めちゃくちゃ接近してきたの〜。
嬉しかった♪


ツバメとアイコンタクトしちゃった!


ツバメは口を開けていたので、
笑っているように見えた。


可愛かったなあ〜(*^^*)

a0285873_16185869.jpg

一年じゅう、うちの回りにいる
スズメたちともいい関係です??


毎日、お米のとぎ汁を
庭木の土にやるとき、
スズメたちのために少し余分に
とぎ汁に米粒を混ぜているので、
スズメたちは私の姿を見ただけで、
嬉しそうに鳴きながら庭にやってくる。


外出先から家に向かっている姿を見て、
先にうちまで飛んでいって、
私を迎えてくれるスズメたちを見たら、
愛おしくなっちゃう!
可愛いよ〜♪


鳥たちは、空の上から人間界を、
しっかり観察している。


見ているんだよね!


スズメはすごくシャイで、
近づくと逃げちゃうんだけど、
好奇心旺盛で、陽気!
仲間思いで、遊び好き!
本当は人間ともっと仲良くしたいのだけど、
恐怖心があるみたい。


うちの庭はカップルの
デート場所みたいにもなってるの。


鳴き方で、わかっちゃう。笑。


西宮のスズメはおっとりしていて、
それに比べて、
うちの回りのスズメはヤンチャ!


その違いも面白いです(^ν^)

a0285873_16185595.jpg

鳥といえば、カラス。


神社に行くと、カラスが近づいてくること、
多くなりました♪


神社に限らずだけど、
そんなカラスも可愛いです^_−☆


今、そんな世界に住んでいます!


この星のすべての生命と、
こんな関係が生まれるといいな。


まだまだだけど、
もっと、もっと、拡げたい!


そのためには相手を知ることだね!


それは、人間関係でも同じか!!


でも、人間以外は、
宇宙とよりつながっているから、
いい関係は、自分次第で、
案外スムーズに築けるかもしれない。


人間次第!


地球の未来の鍵を握る人間たちよ、
がんばろう!!!

a0285873_16185385.jpg

[PR]
by angelgarden33 | 2014-05-09 16:22 | 雑記 | Comments(0)

調和した世界


a0285873_0482246.jpg

今から20余年前の、
中川昌蔵先生のお話。


2040年には、国や国境はなくなっている。

<神><自然><政治><人間>が
調和した世界が生まれる。



それをお聞きしたとき、
すごくワクワクした。


1992年12月5日時点での、
天上界のプログラム。


中川先生が講演会で話された。


とりあえずメモをした。


テーマは「新創世紀と人間」。


先生は最後に、
今日の内容は信じるか信じないかではなく、
知識のひとつとして持っていてほしいと言われた。


私たちの意識の変化の結果、
プログラムは変更されていると思われる。


でも、大きな流れは変わってないはず。


(☆あのときの情報って、もしかすると、
 チャネリングしながらお話されていたのかも。
 何も見ずに、スラスラと、しゃべっていたから。
 質問に答えるときも、そんな感じでしたね。)



人生に、すごく影響しているといえば、
1990年に、心霊治療家のK先生に出会ったこともそう。


浄化の大切さを、熱心に教えてくれた。
理屈ではなく、体験学習というカタチで。


いまでこそ、浄化が大事!というけれど、
1990年代にそんな話をすると、
おかしな目で見られることの方が多かった。


でも、それは真実だって、
本当の自分は知っているから、
まわりは興味を示さなくても、
何となく、気になり、もっと知りたい、
と思い、先生のところに伺ったんだよね。


K先生がおっしゃっていた浄化とは・・・

 浄化されるときは、元来た道を帰るように
 表現しながら変化するといいます。

 過去に隠れていたもの、
 凝り固まったり妥協していたもの、
 内にたまった疲れといったものが出てきます。

 ですから、過去の人生の歴史の中に
 こだわっていた問題などが
 似たような形で起こったりします。
 表現することで解放が起きるのです。

 何度も出して、隠れていたものが
 すべて出ていって解決していくのです。

 このように、通らなければならないところを
 通りながら変化していくのが浄化です。



http://angelgarden33.seesaa.net/article/393230814.html

a0285873_2405923.jpg

人格的にもすばらしい“師”に、
たくさん出会った1990年代。


努力してお会いしたというより、
すべて自然な流れで出会っていった。


まこと不思議なご縁。
導いてくださる存在を感じずにはいられない。


旧ブログで、そんな話(K先生の話)に少し触れていますね。
(2009年12月、2010年3月、2010年4月の記事内)
でも、書いてないこともたくさん、あります。



中川昌蔵先生講義録(1992.12.5)
http://angelgarden33.jimdo.com/angel-note/新創世紀と人間/

ご参考までに☆
(※スマホでは読みにくいかも。ご了承をm(_ _)m)



<神><自然><政治><人間>が
調和した世界って、
太古の時代、日本の縄文時代が、
そうだったのでは…?

a0285873_0423454.jpg

[PR]
by angelgarden33 | 2014-05-07 00:00 | 雑記 | Comments(0)