Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:気づき( 7 )


 新しい光


見方を変えただけで、
新しい光が
スーッと、
私の中に差し込んできた。



発想の転換って
大事だね^_−☆



開いた扉の向こうには
これまでとは
まったくちがう
世界が広がっているのが
わかる。



本当の豊かさと
本当の愛に
満ち満ちた世界。



勇気と遊び心全開にして、
さあ、力強く前進!





最近、
人の口を通して、
何回も何回も
きている
メッセージがあって、
昨日もそれを
受けとった。




そのメッセージとは…



「型」から入る



頭で考える前にやる。
その「型」を
やり続ける。



習慣にする。



マスターする。



つべこべ言わず
まず、実践!



いいと思ったことは、
素直になって
本気でやって
みることにしたよ(^^)





<追記>


「Facebookについて」


最近、Facebook とは
少し距離をおいています。



使うのはメッセージ機能が
中心です。



といっても、
Facebookを開いたとき、
お友達の投稿記事は
拝見しています。



今はそういう状況です。
ご了承ください。



しばらくはブログ中心で、
発信してゆきます。




もちろん、
映画の上映情報や
これはFacebookで
発信したい!
と思ったら投稿いたします。



どうぞよろしくお願いします。









[PR]
by angelgarden33 | 2017-09-11 08:33 | 気づき | Comments(0)

心とカラダの関係③


a0285873_08285639.jpg


身体の不調は、

気づきを与えてくれる

メッセージ。





ちょっと立ちどまって、

考えてみて、

の自分自身の

本質からのサインです。





身体の変化がいちばん

わかりやすいから、

気づきやすいから、

本質が表現して、

解放を待っているのです。

しんどいよー、

重たいよー、

自分自身でないものを

早く、一刻も早く

外してねーって。






気づきが起こって、

自分のおおもと、

本質と繋がったら、

すべて「ある」状態に

なりますから、

不調は消えます。

また、元の

本質からずれた

自分に戻らない限り。






思考。

感情。

心のクセ。

生活態度。







軸が曲がってない?


妥協ばかりしてない?


すぐに安易な方へ

安易な方へと流れてない?


自分にウソをついて

生きてない?


他者の望みを優先してない?


恐れや心配をもとに生きてない?






そうそう、

本当の自分って何?

そこがまだわかってない人も、

いますよね。





その場合は、

それを探っていく必要が

あります。





その作業も

手を抜かないでね。





たとえば、

『夢みる望遠鏡』では、

6のツバサが、

1回目に自分の未来を

望遠鏡でのぞいたとき、

20年後の自分の態度と

心の中身に

衝撃を受けます。






身なりがいくらよくても、

立派な肩書きがついていても、

違う!

これは本当の僕ではない!






賢いツバサは気づくんです。






自分を見ているのだから、

当たり前なんだけどね。






本当の自分じゃない

自分を生きている

自分に深い衝撃を受け、

心の葛藤が始まります。






そして、

ついに本気で、

本当の自分を

生きる決心をします。







自分の思いグセに気づき、

即、実行に移します。

思いを変えます。






思いを変え、

行動を変え、

そして

人格まで

変わっていったツバサ。






見事に未来が変化しました。






夢を生きる自分に

なっていたのです。






バースビジョン通りに

生きる自分に

なっていたのです。






詳しくは映画を見るか、

原作を読んでね!


エンジェルプレス

http://www.angelpress.jp/







できれば

身体が不調になる前に、

気づくのがいいのですが、

そうなってしまった場合、

何かの力を借りて、

まずは

身体の不調を治す。

それも大切ですね。






そのとき、

ここに書いたことを

頭のどこかに

おいてもらったら、

役に立つときが

くると思います。






私の場合も、

アレルギーで

何年もしんどい思いを

しなくてすんだのに、

って思うからです。





過去に

アレルギーが急激に

緩和したきっかけ、

それはありました。





そのことについては、

また今度、

書いてみたいと思います。





それとね、

浄化力があるから、

アレルギーとして

あらわれたって、

ことでもあるんですよ。





地震と一緒で、

地殻変動が起こって、

これまで内に潜んで

いたものがでてきたんです。

自然の摂理。

地球と共に振動しながら

生きている人間は、

自然の一部だからね。





こんなん

隠れてたよ!

その思考、もういらないんちゃう?

手放して、

自分を再生させよう!

新しい自分に変化しよう!





そういうことですね。





身体は

ホントに

正直なんです。









(つづく)









心とカラダの関係② 


http://miyogarden.exblog.jp/237710556/






心とカラダの関係① 


http://miyogarden.exblog.jp/237690767/












[PR]
by angelgarden33 | 2017-09-09 08:08 | 気づき | Comments(0)

心とカラダの関係②


a0285873_05590258.png



アレルギーが治った原因について。




根源のエネルギー、
生命エネルギー、
本当の自分と
つながったから。




一言でいうと、
そういうことです。




そこにつながると
すべて「在る」状態に
なります。




わかりますよね?




カラダやものごと、
うまくいってないときは、
本当の自分を生きて
ないのです。




自分の心と向き合い、
自分の心のクセに
気がつき、
意識して考え方を
変えていったのです。




考え方を変えると、
感情にも変化が起きてきます。




そういうワークを
やっていると、
長年悩んでいた
アレルギーが突然
消えたのです。




原因は自分の「心」。
外ではなく内に
現実を作り変える
カギがあったのです。





(つづく)





心とカラダの関係① 

http://miyogarden.exblog.jp/237690767/













[PR]
by angelgarden33 | 2017-09-04 06:33 | 気づき | Comments(0)

心とカラダの関係①


a0285873_09265340.jpg



少し前に不思議なことがありました。
夏至の頃だったと思います。



カラダはおかげさまで、
これまで大きな病気をすることなく、
ふつうに健康に暮らしています。



鼻炎があって、風邪をひくと、
たいへんになることがありますが、
それも時期を過ぎると、
自然に治ります。



ここ20年余り、ほとんど
薬は飲まない生活です。
最近は全く飲んでいません。



健康を特に意識し始めたのは、
1990年の初め頃に起こった
ある出来事。
その話をしていると長くなるので、
今日はおいておいて、と。



では…

不思議なことの話に戻りますね。



私は2001年から、
アレルギーに悩まされることが、
よくありました。
(しかも2001年の誕生日頃からです💦)



大まかに分けると3度あって、
おかげさまで、
どれも今は治っています。



1度目と2度目はきつかった(-。-;



1度目は顔
2度目は顔以外の全身



そういう時は
できたら人に会いたく
ないのですが、
なぜか人に会わないと
いけない用事ができるのです。



自然療法のお勉強も
たくさんしました。
体験学習です。
それも今考えると、
必然だったかも、
って思いますね。



そして3度目は左手の指。



指でも初めは主に薬指、
あと中指、
一番最近は小指周辺の
アレルギーがひどかったんです。
アレルギーがあらわれる
指が移ってゆきました。



乾燥も原因だったら
あたたかくなったら
ましになるかなーと
思っていたのですが、
春が来ても、
夏の気配を感じても
いっこうにおさまりません。



ところが、
突然消えたんです。
アレルギーが!



ああ、やっぱり、
って思いました。



これを知ったら、
もう大丈夫。



自分で治すことができます。
治せるんです(^^)




さて、このアレルギーの
根本原因は何だと思いますか?



アレルギーだけに注目しても
見つからないでしょう。



心を見ると、
わかってきます。



自分が体験したからこそ
わかることなんです。



環境は関係なくもないですが、
根本原因ではありません。



ここにも
法則性があったのです。



(つづく)




[PR]
by angelgarden33 | 2017-08-29 09:33 | 気づき | Comments(0)

本当の自分へ…


a0285873_18155394.jpg


今日午後7時すぎ、和歌山県北部で
震度5強の地震がありましたね。
淡路島は震度3でした。
久びさの揺れ…
その揺れとともに、
自分自身でないものを解放しました!
少しぐらついていた中心もしっかりと定めて。
さあ、本当の自分自身に戻る旅、再スタートです♪
めざすは、制限のない、自由な世界 ↑
そこに続く扉は、いつでも開いているから。
あとは、自分を信じて飛び込んでゆくだけ。
心の羽を、大きく、大きく、拡げて。


[PR]
by angelgarden33 | 2011-07-05 21:51 | 気づき

探求


本を読みながら、気になった言葉を
ノートにメモする習慣があり、
もうずいぶん前に書いたそのメモのなかから、
今、自分のなかで起こっている <気づき> を
言い表すのにピタッとくる言葉を見つけました。

それは『7つの習慣』(スティーブン・R・コヴィー)に
引用されていた、T.S.エリオットのつぎの名言です。


我々は探求をやめてはならない。
そして我々のすべての探求の最後は、
初めにいた場所に戻ることであり、
その場所を初めて知ることである。



そう、これなのです!!




[PR]
by angelgarden33 | 2009-01-10 21:40 | 気づき | Comments(0)

『ラムサ』からの気づき


『ラムサ』は私のお気に入り本の中の一冊です。
出版されたばかりの1995年秋、大阪市内のビジネス街のど真ん中にある書店で購入し、読み始めるやいなや、その内容はもとより、文章から発せられるエネルギーの心地よさにどんどん引き込まれ、早く次へ、という思いを持ちながら、一気に最後まで読んだのを覚えています。といっても、当時(13年前)の私の頭では、理解しがたい部分が何カ所もあって、それはそれで受け流しながら、読み進めていました。
ラムサが語るメッセージは心の深い場所へと染みいり、読んでいるととにかく元気になっていきました。心、魂がよろこんでいるのがわかるのです。この感覚はいったいなんだろう?魂がよろこぶのは、そこに真実があるからではないか、漠然とそんな風なことを思っていました。
大いなる感動と気づきを与えてもらった『ラムサ』ですが、二度読んだあとは、10年以上本棚に並べたままでした。それが最近になってまたこの本を開いてみたのです。「脳」に関する詳しい記述があったことを、思い出したからです。「脳」のことはシュタイナーの本でも詳しく書かれていて、内容を比べてみると面白いと思ったのでした。

それがどうでしょう。知識と体験を重ねてから改めて『ラムサ』を読み返してみると、13年前は難解だった箇所がすんなりと理解でき、しかも現在探していた答のほぼすべてが、ここに書かれていたことを知ったのです!答がこんな近くにあったなんて…。まさに「そういうことか!」の連続で、感激するばかり。まるで、答は自分の外側ではなく内側にある、ということを象徴するかのような出来事でした。

『ザ・シークレット』の本やDVDが言っていることは、『ラムサ』を読めばさらに深く理解できるし、逆に『ラムサ』を理解するうえで、『ザ・シークレット』はとても役に立ちます。共通の真理ですから。
また、ある本を読んでいて気になったフレーズ
「歴史は単なる技術の進化ではない。それは思考の進化だ」
この意味も、はっきりわかりました!
さらに、『古事記』が書かれた意図や、言霊とは何か、太陽信仰にはどんな意味があるのか…その答のヒントまであったのですから、いやはや驚きです。
そもそも「人間とは何か」「神とは何か」ということや「人間の偉大さと神性」を知らなければ(思い出さなければ)、歴史のことも宇宙のことも自分自身のことも、いつまで経ってもその核心にふれることはないように思います。

『ラムサ』に書かれていることが真実かどうか、わからないではないか。はたしてそれをそのまま信用して良いものかどうか…。確かにその疑問は残ります。でも、今の自分は気分が良いことは事実で、その気分を信じていたいですね。

今日は最近私の中で起こった気づきについて、エッセイ風に書いてみました。
このことに関して、次回はもう少し詳しくふれてみたいと思います。




[PR]
by angelgarden33 | 2008-12-21 01:45 | 気づき | Comments(0)