Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:万葉集( 1 )


籠もよ


a0285873_122456.jpg

籠もよ み籠持ち 
掘串もよ み掘串持ち 
この丘に 菜摘ます児 
家告らせ 名告らさね
そらみつ 大和の国は
おしなべて われこそ居れ
しきなべて われこそ座せ
われこそは 告らめ 家をも名をも


コモヨ ミコモチ
フクシモヨ ミブクシモチ
コノヲカニ ナツマスコ
イヘノラセ ナノラサネ
ソラミツ ヤマトノクニハ
オシナベテ ワレコソヲレ
シキナベテ ワレコソマセ
ワレコソハ ノラメ イヘヲモナヲモ


これは、
『万葉集』の冒頭をかざる、
第21代雄略天皇の御製と伝える
妻問いの歌。聖婚歌。


最近、この歌が、
頭の中でリフレインしていて…


リズムがよくて、
何度か読むと自然に
覚えてしまいますよ、ね!


そして、
『万葉集』の二番歌はというと、
第34代舒明天皇の、次の国見歌。


大和には 群山あれど
とりよろふ 天の香具山
登り立ち 国見をすれば
国原は 煙立ち立つ
海原は かまめ立ち立つ
うまし国ぞ あきづ島 大和の国は



「ヤマ」「タチ」「クニ」
「ハラ」といった
音の連鎖が組み合わされ、
流麗な調和のとれた世界を
作り出していますね!

a0285873_122556.jpg

学生時代に学んだ万葉集。
改めて、すばらしい歌集だなって。
見なおしています♪


『万葉集』は、
飛鳥時代から奈良時代
(7世紀後半〜8世紀後半)
にかけて編まれた、
現存する日本最古の歌集で、
約4500首におよぶ歌が
おさめられているのだけど、
作者は、天皇や貴族から、
広く無名の庶民にまで及んでいて、
しかもその編纂を行ったのが
国家というのがすごいですよね!
歌に登場する場所も、ほぼ全国!!


※編者については諸説ありますが、大伴家持の説が最も有力です。


まさに、万の言の葉を集めた、
万世に伝うべき歌集!
日本の誇りですね(^^)v


なぜ雄略天皇の聖婚歌、
舒明天皇の国見歌によって
はじまっているのか…?


その話は、また、次の機会に(*^-^*)



花鳥風月、男女の恋…
文学にチャンネルを合わせて
歴史をみると、ちがう景色が
見えてきて新鮮 ✩
[PR]
by angelgarden33 | 2014-07-16 01:31 | 万葉集 | Comments(8)