Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2018年☆新しい自分を生きてゆこう!


a0285873_13270780.jpg





あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。




皆さまはどんなお正月をお過ごしですか?

私の方は昨年11月に父が亡くなり、

喪中ということで、

年賀状の挨拶を

ご遠慮させていただいたので、

毎年80通ぐらいいただく年賀状も、

今年は数が少なく、寂しさを感じながらも、

その分、自分のことに集中できるので、

今年のプランを色々練って楽しんでおります。




一人だけなので、ササッと

簡単おせちを作っていただきました。


a0285873_13192599.jpg




黒豆だけは買いました。

煮しめ用に里いもを買っていたのに、

入れ忘れました(^^;)

寄せ鍋作るときに入れようと思います。




お雑煮にはいつもは鰹節と青のりを

トッピングするのですが、

今年は青のりの代わりに、

昨日買ったばかりの、

淡路名物「きざみめかぶ」を

ふりかけてみました。

これはこれでよかったですよ(^^)







こんなにゆっくりできる元旦って、

たぶんはじめてかもしれません。


これまで毎年、元旦から

家のことですけど、

けっこう動いていましたからね。


せっかくなので、ここで

昨年の活動をざっと

振り返ってみたいと思います。




3月。

奥家さんの主催で、

松本市で上映会を開いていただきました。



その上映会に先駆けて、

FM長野のエンターテインメントを

紹介する番組に、

電話で出演するということもありました。


a0285873_08465617.jpg


a0285873_15302680.jpg


a0285873_03351797.jpg


a0285873_03353074.jpg




当日は、午前と午後、

2回上映をいたしましたが、

雪降る中、多くの皆さまが

ご来場くださいました。

誠にありがとうございました。



主催の奥家さんのご尽力と、

有志の方がたのご協力のおかげです。

本当にお世話になりました。



彦根から前日入りして

参加してくださった谷田さん、

関東から当日

わざわざ駆けつけてくれた、

美穂ちゃんと柴田ご夫妻、

ありがとうございました!


a0285873_03360218.jpg



上映会の前日は、

「てっちゃん」で歓迎会を兼ねた

前夜祭が開かれました。

「てっちゃん」は2回目です。

またあの美味しい料理をいただけて、

大感激でした。



ただ私はこのとき鼻炎が出ちゃってまして、

本調子ではなく、

それがもろ顔に出てますね(^^;)

でも、食欲は健在でしたし、

松本の皆さんの陽気さ、

あたたかさが心地よくて、

心はずっと元気でした!!



上映会の懇親会には、

『夢みる望遠鏡』を見て

深く感動したという

「真顔部」の方々も参加してくださり、

ステキなご縁が拡がりました。






5月。


念願の、地元淡路島での

『夢みる望遠鏡』初上映がかないました!!



a0285873_21510869.jpg



a0285873_22420582.jpg



2015年、淡路島短編映画祭に

PVを出品させていただいたご縁から、

2017年の淡路島短編映画祭の前夜祭で、

『夢みる望遠鏡』を上映して

いただけることになったのです。



元々は、2015年に

淡路島フイルムオフィスさんに

淡路島のロケ地の相談に行った際、

制作したPVを

淡路島短編映画祭に出してみては?

とご提案いただいたのが

きっかけでした。



音楽著作権の手続きがあったので、

締切りに間に合うか、

むずかしいところでしたが、

日本音楽著作権協会の担当者が、

最短の方法で処理してくれたおかげで

ぎりぎり間に合いました。



こちらの熱意を伝えたことで、

日本音楽著作権協会の方も

動いてくださったのです。



何でもあきらめたら、

そこで終わりですね。

熱意は伝わる!

ということを、学びました。



無事応募できたことが、

昨年の上映につながったので、

本当にありがたいことでした。



a0285873_15302454.jpg



読売新聞さんの取材を受け、

その記事が地方版に掲載される

ということもありました。



a0285873_15302584.jpg



そして、本番。


上映前に10分ほど時間をもらって、

映画のこと、また映画ができるまでの

話などをさせていただきました。



はじめての、

そして待望の映画館での

『夢みる望遠鏡』の上映、

しかもその映画館は、

小さい頃からよく知る

「オリオン」さん。




このときの体験、

感動を一生忘れません。




オリオンの野口様、

淡路島短編映画祭の実行委員の皆さまの、

あたたかい応援に改めて、

感謝いたします。




映画を観に来てくれた

淡路島の皆さまにも

お礼を申し上げます。

ありがとうございました。





7月。


大阪のシアターセブンさんで、

『夢みる望遠鏡』がなんと、

一週間上映されました。



映画を作っているときから、

いつかシアターセブンさんで

上映ができたらいいなと、

考えていたことが現実になりました(^^)





上映までのいきさつを

簡単に説明しますと…



2016年の秋ごろ、

友人のさくらこさんに誘われて、

シアターセブンさんに、

どいしゅうさんの

『ひかりの国のおはなし』を一緒に

見に行くことになったんですね。



前から気になっていた映画で、

どいしゅうさんにもお会いしたかったので、

とても楽しみでした。



会場の場所を確認するために

シアターセブンさんの

ホームページを開けました。



そのとき、自主製作映画応援企画の

記事を見つけたのです。



内容を読むと、応募作品の中から、

優秀な作品は、シアターセブンさんで

上映してくれるという

ステキな話じゃないですか!



ダメもとで応募いたしました。

応募用のブルーレイと資料を、

どいしゅうさんの

『ひかりの国のおはなし』を

見に行ったときに、

直接持っていったのです。



それからしばらくして、

シアターセブンのご担当者から

ご連絡をいただいたのですが、

そのメールには、



「『夢みる望遠鏡』、

拝見させていただきました。

子供たちが生き生きと活躍し、

内容も非常に思いの込められた

作品であると感じられました。

自主製作映画応援企画の枠での上映より、

当館の通常上映作品としての上映の方が、

作品に合っているのではと感じました。

本企画の中の一作としてまとめるよりも、

単独での上映の方がよいのではと

感じております。

当館にて一週間の上映、

ぜひお願いできればと思います。

良いタイミングで上映できればと

考えております。」



と書かれておりました。



飛び上がるほど、うれしかったです。



いつの上映がいいのだろう?



春休みは松本上映会があるので、

夏休みはどうかな?

親子で見に来ていただけるし、

遠方からは旅行がてら、

来ていただける。



そんなことで、

夏休みがスタートしてすぐの

一週間を上映期間に決めました。



a0285873_22545330.jpg


a0285873_10505098.jpg



上のチラシが

シアターセブンさんに置いてもらう

劇場用のチラシとして

新たに制作したものです。



イラストとデザインを本編の

劇中画(紙芝居・庭・イルカの結婚式)を

担当してくれた布弥さんに

お願いしました。



デザイナーと組んで作る

広告制作は久しぶりでした。



アイデアを出し合いながら、

作ってゆく過程がいいですね。



コピーはもちろん、

私が担当しました。

布弥さんのイラストやデザインには、

どんなキャッチコピーが合うだろう?

それを考えるのが、

とっても楽しかったです。



それまでのゆめぼうのチラシは、

私がイラストレーターを使って、

パソコンで手作りしたものだったので、

まったくちがうイメージに

変えたかったんです。

そのとおりになったと思います。



a0285873_01390322.jpg


布弥さん、

その節はお世話になりました。

ありがとうございました!!!



a0285873_02062469.jpg



上の写真は、

シアターセブンでの上映初日に

撮ったものです。



谷田さん、

さくらこさん、

森島さん、

有咲ちゃん、

再会、楽しかったですね。

いつもありがとうございます。



シアターセブンの会場に見に

来てくださった皆さま、

応援してくださった皆さま、

ありがとうございました。



映画館で見る『夢みる望遠鏡』は、

多目的ホールや会議室などで見る

『夢みる望遠鏡』と、

少しちがった感覚でした。



映像や音がクリアですし、

ゆったりと座れる椅子なので、

じっくり集中して

映画の世界を楽しめます。




一度は映画館でゆめぼうを

体験していただきたい、と思います。



もちろん、どんな環境で見ても、

ゆめぼうはゆめぼう。

ステキであることも

申し上げておきます(^^)



でも、一度、映画館でも

見ていただきたいな。


(しつこいぞ。笑)



そんな機会をまた作れるといいなと、

思っています。



初日に関西の映画シーンを伝えるサイト、

「キネ坊主」さんが来てくださっていて、

舞台あいさつの模様を書いてくれました。

これもサプライズでした!



時空を超えた子どもたちの愛の冒険!映画『夢みる望遠鏡』シアターセブンで上映開始!CineBoze
http://cineboze.com/2017/07/22/yumemirubouenkyo_20170722/


原口さん、

どうもありがとうございました。



原口さんとは、

5月の淡路島短編映画祭のとき

お会いしておりました。



本当に来てくれて、記事にまで

していただけたことに、

感激いたしました。

こうした映画を通して

つながってゆくご縁、

すばらしいですね。



私は昔からじっと座ってする仕事より、

現場が好きで、それは

人との出会いがあるからなんです。



人との出会いは宝物だと思います。





☆記事が長くなってきましたので、

続きは改めて書かせていただきます。




では、皆さま、心に残る素敵なお正月、

幸せをいっぱい感じられる

一年をお過ごしください。



ここまで読んでくださって

ありがとうございます。


また読んでね(*^^*)♫











[PR]
by angelgarden33 | 2018-01-01 17:17 | あいさつ | Comments(0)