Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

普遍性


a0285873_17453721.jpeg




時代を超えて、

歌い継がれるシンプルで

普遍性のある歌。




万葉集の歌人たちも、

それを目指し、

歌を作りつづけて

いたのではないかと、

思います。




このブログで

何度か話題にしている

『万葉集』の冒頭をかざる、

「籠よ」の歌も

歌集が編まれた時代、

編纂を行なった人物にとって、

見本となるような

歌だったのでしょう。




歌のなかのドラマの結末を

決めつけず、

聞き手に想像させるのも、

心にくい演出ですね!




そういう歌は

人々の心、意識、感情に

強い影響を与えます。




力のある

特別な歌であったからこそ、

トップに持ってきた、

と考えられます。





(以下、参照)


万葉集と君の名は。 

http://miyogarden.exblog.jp/237854690/



籠もよ 

http://miyogarden.exblog.jp/20003078/






妻問いの歌。聖婚歌。



男女の春を予感させる歌

ではあるけれど、

スピリチャルな面から

捉えたとき、

これは男性性と女性性

および陰陽の統合、

また本当の自分、

すべて「在る」自分と

繋がることが幸福に

結びつくことを

歌った歌ではないのか




宇宙の本質を

天皇と娘の恋歌で

表している、

そんな気がしているのです。




何かを思い出させてくれる。




『君の名は。』の、

よくわからないけど、

「知っている」という感覚。






籠もよ み籠持ち 

掘串もよ み掘串持ち 

この丘に 菜摘ます児 

家告らせ 名告らさね

そらみつ 大和の国は

おしなべて われこそ居れ

しきなべて われこそ座せ

われこそは 告らめ 家をも名をも



<一般的なこの歌の解釈>

良い籠を持ち、良いへら(堀串)を持って、この丘で菜をお摘みになっているお嬢さん。あなたの家はどこか教えてくれないか?名前は?私はこの大和の国を治めているものだ。すみからすみまで、この私が支配している。では、私の方から名のろう、家も名も。


(※古代人にとって、「名」は単なる記号や観念ではなく、実体そのものと意識されていた。だから、人の名を知ることはその人の人格や生命を支配することと考えられ、男女のあいだで名を尋ねるのは求婚を意味し、これに答えることは承諾を意味した。)






この歌をいま、

私なりに解釈して

書かせてもらうと





あなたは外側にも内側にも、

晴らしいものを

持っていますね。




そのすべてを包み隠さず、

私に見せてくれませんか?




私になら、

見せてもらえますよね?




私は誰かって?




私はこの世界の

隅から隅まで治める者、

あなたの主です。




素晴らしいあなたよ、

私といっしょに

この世界を治めませんか?




そうすれば、

世界がさらに豊かになりましょう。




イエスなら、

そのままのあなた、

あなたの本質を包み隠さず、

さらけ出してください。




決してあなたを

偽ってはなりません。




あなたが望めば、

私は私のすべてを

見せましょう。




あなたが知りたいことは

すべて教えましょう。




あなたが欲しいものは

すべてさしあげましょう。




あなたと私が一つになれば、

向かうところ敵なし。




最高で最強の人生が

待っています。




このままのあなたで生きるか、

私と一緒に新しい世界で生きるか。




選択するのはあなたです。






☆ここ最近、雨天や曇りの日が続きますので、一番上は、カラッと晴れた日に撮った「阿久悠 愛と希望の鐘」🔔の写真にしました(^^)




a0285873_19485575.jpeg




[PR]
by angelgarden33 | 2017-10-17 18:00 | 万葉集 | Comments(0)