光のワルツ Part2 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近のシンクロのお話♪


a0285873_142557.jpg

ふと、気になって、今地図帳で確認すると…


14日ヤンズさんのトーク&ライブの前に参拝した熱田神宮と、
15日に撮影のため出かけた滋賀県余呉町。
二つの場所を直線で結ぶと、
その間にちょうど“伊吹山”があるんです。


最近、湖北周辺に行く機会が増え、
伊吹山の存在が私の中でクローズアップされてきていたので、
その偶然に驚きました。


また、時を同じくして、もう一つ、驚きの偶然がありました。
ホントにびっくりしますよ〜☆


順を追って話しますね。


14日のことです。
実はその日は、いつになく、遠回りをして、
名古屋に行くことになってしまいました。
私にとっては珍しいことです。
旅運はいい方なので。


朝、淡路島の実家から名古屋に向かったのですが、
熱田神宮を参拝するため、早めに家を出ました。
ゆっくり参拝しても、余裕で
ライブ&トークの会場に間に合うはずでした。


ところが、新大阪駅から新幹線を利用するつもりで、
JR三ノ宮駅から在来線の電車に乗ると、
アナウンスで、大阪〜新大阪間が信号トラブルのため、
電車が止まっていると。なぜその間だけなの〜、ですよね!
新神戸から新幹線に乗ればよかったと、ちょっと後悔。。。


新幹線のチケットは買ってなかったので、
それはいいんだけど、復旧には時間がかかるよう。
さてさて、新大阪駅でもどこでもいいんだけど、
新幹線の駅までどうやって行く?


尼崎駅に着いた時、
大阪駅まで電車が前にいっぱい詰まっていて、
当分動かないから、大阪駅に早く着きたい方は、
JR東西線に乗り換え、北新地で降りてください、
と言っています。了解!


とっさの判断で、東西線に乗りました。
そして、しばらくして、途中の駅名を見て、ハッとしました。
「御幣島(みてじま)」…… 昨年2月奇跡が起こった場所でした
(御幣島6丁目の奇跡 : 光のワルツ Part2
http://miyogarden.exblog.jp/19503018/ )。
電車内でも、街でも、ユリの香りがした地です♪
神功皇后ゆかりの地でもあります。


熱田神宮に行く前に、なぜか御幣島と神功皇后に
意識を向けることになったのでした。


北新地に着いてからは、キャリーケースを引きながら、
阪急梅田駅まで歩きました。京都駅から新幹線に乗るためです。
急いでるときは、よけい遠く感じました。
阪急京都線の特急に飛び乗り、烏丸駅で下車。
地下鉄四条駅から京都駅まで行き、
ようやく新幹線に乗ることができました♪


はたして、熱田神宮に参拝する時間があるのか…?


結果的に、参拝できたのです♪
本宮のほか、一之御前神社、清水社等も!
もう、感謝、感謝の参拝です☆
神様ありがとう!ありがとう!ありがとう!って。


最後に、婚礼のシーンに遭遇♡
これですべてオッケーだったんだって、想いました(*^^*)♪


ライブ&トークにも、しっかり間に合いました!!
良かった\(^o^)/


そういえば、ライブ&トークがはじまる前、
会場で突然、ユリの花の香りが漂ってきました!
1年前も、御幣島でユリの花の香りでした♪


ライブ&トークの最後は、
ヤンズさんの会恒例のお楽しみ抽選会の時間。


二人目か三人目で、読み上げられたのが13番。
その日の私の数字です!


常連の参加者のお一人、桑野さんが提供された、
芦屋猿丸神社の「自祓小麻」が当たりました!
私に必要なものなのかしら〜☆
私も参拝したことがある神社だったし、
とっても嬉しい~♪


で、本当はその時点で気づいても良かったのですが…
(みなさんはわかったかな?)
気づいたのは、なんとついさきほど。

そう、「自祓小麻」は、御幣そのものでした!


来るとき、遠回りさせられたことよって、
御幣島に意識を向けることとなり、
そして抽選会で当たったのが御幣。


出来過ぎちゃう。笑。
瀬織津姫様、これは何を意味するのでしょうか?


「この自祓小麻は心身共に
健やかに立ち返るために使用します。」
と書かれています。


メッセージと受けとめ、大切に使わせていただきますm(_ _)m


不思議な遠回りとシンクロの話でした(^∇^)072.gif

a0285873_1463026.jpg


a0285873_1463011.jpg


a0285873_1463197.jpg

[PR]
Commented by angelgarden33 at 2015-03-17 12:03
あの日、梅田から地下鉄で新大阪駅に行けたのに、その発想が浮かばなかったんですよね〜。京都から新幹線に乗らなくちゃ!って、それしか頭になかった…。あとで考えると、それも不思議。ただ単におっちょこちょいなだけかもしれませんが?? 良い運動になったし、結果オーライで、すべてオッケー!ということにしておこう\(^o^)/(笑)

Commented by たぬき at 2015-03-20 22:10 x
西宮廣田皇大神 。天照皇太神荒魂。
撞賢木厳御魂天疏向津日女命。
この向津日女命の部分、通常はムカツヒメの命と奉りますが、
向をムコウと読み直すとこの神様の正体が顕になります?
ムコウは日向(京都府日向(ムコウ)市などの例)
また、ムコウは六甲!。六甲山
六甲日女命=天照皇大神荒魂。
ムコ(ウ)で武庫。武庫之山=六甲山系
六甲山は概ね廣田神社のご神領(西は神戸市東灘区)

撞賢木厳御魂、、、サカキ=大幣に厳しき神(イズモ=最高神)を憑けて、、、
天疏=歌枕では都から遠く離れた鄙びた田舎。はるばると、遠方の
日女命はヒルメの命、、、特別な巫女。霊媒巫女。玉依姫。
、、、大日靈貴命(天照皇大神荒魂。実体はイズモ(厳神)荒魂で大己貴命に同じと拝察(ウチ等の鎮守様が社名(クル=大己貴命/イズモ大神荒魂)と伝承(勧請元社は大己貴命)にも関わらずなぜか大日靈貴命に神名と性転換。したところで何も変わらない)。


(瀬織津日女命(天照皇大神(略して天皇?の大后(皇后))。


皇室の連綿とした祭祀と行事を拝察すれば未だに我が国は神代が継続
世の中やら為政者等が如何様に言おうとも揺るぎない伝統と祭祀と行事は我が国の本当(古代からのタイムカプセル)を無言で示していらっしゃると拝察し愚考します

国母陛下(天照大神)はお上(天照皇太神の御魂を継承して御身に宿した明御神の天皇(現世の天照皇太神))にそば近く仕え、民を慈しみ(イザナミ)蚕を養い繭を紡ぎ機織りする日女命。

お上(明御神=天皇陛下)の妻(神妻)としてお上と同等に崇拝、崇敬される存在。(棚機津日女命/瀬織津日女命)

Commented by angelgarden33 at 2015-03-21 00:42
☆たぬきさま
素晴らしいご説明ありがとうございます♪
いつも感謝ですm(_ _)m
Commented by たぬき at 2015-03-26 10:22 x
熱田神宮は元来、尾張氏(海部)の氏神社。
故に草薙剣こと天叢雲剣/天之尾羽張剣が連綿と奉斎される所以かと。

天火明命(天火火出見命/天照国照彦天火明命(天照御魂命/天照皇大神))
―天香語山命(手栗彦。天火明香語山命。母親は下照姫/天道日女命(この姫の母親は高津日女命/多岐都比売命/神屋楯日女命))
―天村雲命(建位立命、(多分、天火火出見命を襲名なさっていた?。神武天皇のモデルその人か?)。母親は天香語山命の異母(市杵嶋姫)妹)
―(3世孫)倭宿禰(珍(宇豆)彦/椎根津彦)―笠水(ウケミズ)彦命・・・
6世孫には、大倭日女命(偉大な女王の更に特別な称号)、天造日女命!。大海靈日女命。日女命。の宇名比日女命。(ヒミコとも)
義理の弟が孝昭天皇。婿さんは和邇(丸(ワニ))氏の祖。娘が実叔父に嫁いで孝霊天皇を産む。

8世孫には天豊日女命(宇名比日女命の兄の孫姫)!大倭日女命。云々。開化天皇の后?

(12世孫)宮簀媛命が見えます。(尾張に移動定住化)


伊吹山(又は気比神宮)。丹後の大江山(又は元伊勢籠神社)。伊勢神宮。伊弉諾神宮。熊野本宮。(近畿地方を結界するカゴメ。五芒星)
祀る神様は呼称は様々なれども全て同じ神様かと。
因みに、全てにイザナギ様が坐す

重要な岬を結ぶ結界もあります。
今は堆積と都市化が進んで見る影もありませんが、
応昔の熱田神宮の立地は陸地から細長く突き出た岬の突端に当たります。
(住吉大社も、西宮エビスほかも同様な立地。)
海の民たちの航海の目印。
海はハタ。ワタ。
Commented by angelgarden33 at 2015-03-26 17:25
☆たぬきさま
ありがとうございます♪

よくわからないのですが、古代人と現代人の精神構造は、かなり異なっていると思うのです。ですから、発想が違うということは、本当の歴史のなぜ?の答えは、きっと永遠になぞなのでしょう。でも真実に近づくために、知ろうとする心は、大事にしたいと思っています。争いのもとを正し、調和する世界へのヒントにしたいから。
陸地の様子も、古代から変化し、その時代のその時代の営みの中で、神社も含め、必要なものを、人は創造してきたのだと思います。
歴史から学んできたことをどう生かすか。私たちの中にいる神を、どこまで表に出せるか。行動を持って、示していく時代ですね!それが大いなる神の願いと思います。
まだまだこれから…常に神を感じながら、心で対話しながら、がんばろうと思います(*^^*)

コメントに対するお返事になってなくてすみません。。。

いつもたくさんな情報、本当にありがとうございますm(_ _)m✨

by angelgarden33 | 2015-03-17 01:01 | 雑記 | Comments(5)