Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

大神神社(淡路市)へ


a0285873_19404353.jpg

妙京寺周辺の地図を見ていたら、
「大神神社」の名前が!
なんだか、気になる・・・


一昨日(14日)の午後、
玄関のドアを開けて外に出ると、
ヘビがいたんですよね!


家の敷地内でヘビを見たのは、
久しぶりでした。


これは大神神社に行けということね!


ということで、今日、
淡路市下河合にある
大神神社に行ってきました♪


スマホのナビをつけて向かったんだけど、
その場所にそれらしき神社が、ない!


車をとめて、歩いて探すと、
林の中に、ありました!


車の中からだと、これは入り口がわからないわ。


神社の名前も、どこにも書いてありません。


でも、その神社のある空間、
いっぺんに好きになりました!


いい感じ!
すごく落ち着くんです♪


いるだけで瞑想状態になるような。


大切に守られている空間だと、思いました。

a0285873_19404233.jpg

a0285873_19404546.jpg


兵庫県の神社庁のホームページによると、
http://www.hyogo-jinjacho.com/data/6328111.html

<主祭神>
天照皇大神

<配祀神>
三十番神 淳仁天皇 

<由緒>
御祭神天照大神並びに三十番神は、
法華宗守護の神として崇めたのであるが、
当下河合は全部法華宗である故に、
村内安全祈請のために鎮祭した社である。
 
明治6年(1873)、村社に列せられる。

明治42年(1909)、天皇社を合祀す。


ということです。


淳仁天皇も祀られているのですね!


a0285873_19404668.jpg

今日は、光がたっぷり降りてきていて、
空間がキラキラしていました☆


a0285873_19404341.jpg

この木は、アンテナぽく感じました♪



大神神社を参拝したあとは、
アロマグッズを買うため、パルシェへ。

a0285873_19405138.jpg

a0285873_19405192.jpg

花盛りのカモミール畑で、
しばしカモミールの香りに、
酔いしれました(*^^*)♪


a0285873_19405270.jpg

そして、ここに来ると、
やっぱりこれ!
ローズのソフトクリーム✌

ごちそうさまでした~



今日も、実り多い、
楽しい一日でした♪


ありがとうございました072.gif
[PR]
Commented by たぬき at 2014-05-19 18:03 x
大神神社(大三輪神社)の祭神は普通だと大神大神(オホミワオホンカミ)こと、大物主神/正式には『倭大物主櫛甕玉大神』(大国主とは国と物だけの一字違いだけで他は全く同じ)
それが天照大神(伊勢の日皇大神。)と言うのは奇異では?

大神神社を号していると言う事は元来の大三輪明神が法華に手込めにされて天照大神に変身(神)?
ところで古来、こんな謡曲(能)があります。題名は『三輪 』
三輪山のお伽噺かと思いきや、主題は天岩戸開きをさも見て来たかのように事細かに時系列に添って展開される霊夢物語。
そのクライマックス。キメの謡が大問題。(記紀神話に真っ向から勝負。なぜか弾圧や排斥もされず、更には天覧にも浴した云々)
、、、『おもへば 伊勢と三輪の神。一体分身の御事。今更何を岩倉や』
、、、ア、そう言えば、、、伊勢の天照大神と大三輪明神は同じ神様(異名同神)。そんな判りきった当たり前の事(秘め事)を今更とやかく言う事でも有るまい 。
、、、

Commented by angelgarden33 at 2014-05-19 23:55
☆たぬきさま
大神神社のご祭神が大物主神ではなく天照皇大神となっているのはなぜ?と思いました。どこかの時代にご祭神名が変えられたのかもしれませんが、謡曲『三輪 』にあるように伊勢と三輪の神は同じ神様と考えれば、別段奇異なことではありませんね。
そして、天照大神(男神)は大物主神であり、天照国照彦天火明櫛玉饒速日、つまりニギハヤヒだと思っています(*^^*)
by angelgarden33 | 2014-05-16 23:58 | AWAJISHIMA | Comments(2)