Miyo's blog 『光のワルツ』 miyogarden.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

☆今ここにある奇跡の光と共に☆ 花を贈るような気持ちで、日々の出来事や感動体験、映画『夢みる望遠鏡』のことなど、色んなことを綴ります♪


by 幸村みよ
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

沼島の弁天さん


a0285873_1647644.jpg

4月5日に訪ねた、沼島の弁財天神社。

上の写真は、その神社の境内にあった
「辯才天」の説明です。

こう書かれています。


辯才天

島人は「弁天さん」と呼び、海の守護神として信仰し、祭神は市杵島姫命です。
この神は人の穢れを祓い、富、名誉、福楽、食物を与え、勇気と子孫を恵むといい、学問と技芸の神、雄弁と智恵の保護神として崇められる。また無礙弁才を具え、福智を増し、長寿と財宝を得さしめ、天災地変を除滅する天女とされる。弁天と略称し、妙音天美音天とも称する。仏教と共に中国を経て我が国に伝えられ、各地で祀られるようになったという。
当地では古くより心のよりどころとして、島人の崇敬を集めてまいりました。




「人の穢れを祓う」
「天災地変を除滅する」

はっきり記されていますね!


弁財天様=市杵島姫命様=瀬織津姫様


a0285873_16477100.jpg

[PR]
Commented by たぬき at 2014-04-11 13:06 x
女神様方の原形は多分、棚機津女(習合、変容して七夕祭の織姫となる)に求められるのかと。
一族、地域から選ばれた乙女が集落の外れの川のそばに忌機織小屋を営んで精進潔斎の日々を

来訪神に奉る聖なる布、幣帛を機織りつつ待ち続けて
約束の期日(今日の七夕の日?)には来訪した神に手ずから機織った幣帛並びに御饗御酒等を奉り饗応、更に己が操を捧げ一夜の妻となること。

此によって棚機津女は一巫女から聖なる神妻、女神へと昇華。
来訪神は翌朝夜明け前に去られるに当たり、歓待の謝礼として今は己が妻となった棚機津女の一族郎党を初め、地域一帯の災厄、病禍罪穢れ他一切を解除(祓い清め)なさり、
更にあらゆる幸福、繁栄、豊穣等授けて下さる。

棚機津女は来訪神の神妻となることで以降は来訪神と同等に崇敬崇拝される対象へと昇華。
禍事罪穢れを実際に祓い清めて下さるのは棚機津女の婿の神様。
来訪神が天照皇大神と観念さらるる場合には棚機津女は天照大神同然に扱われ崇敬崇拝される仕儀。
大日靈女貴命や稚日靈女貴命が天照大神として崇められるカラクリがここに有ります。
としたら、記紀神話にはこれに類するよく知られた説話があるハズ
Commented by たぬき at 2014-04-11 13:44 x
弁財天。弁天。は通常、宗像三女神、取り分け市杵嶋姫命とされています。(実のところは明治政府(皇国史観、天照大神を頂点、最高神とした国家神道)の企みらしい)
別伝承では、弁財天、弁天、は一応市杵嶋姫命、としながら天照大神。
籠神社の秘伝では、市杵嶋姫命は天照皇大神=天火明命/天火々出見命の嫁ですから(棚機津女。)
市杵嶋姫命。、、、道主貴命。佐手依姫命(狭依姫命)、屋乎止女(八乙女) また、天照大神。
辺津島神(近くの島=エの島に坐す厳しき神(厳島神)、、、海路の目印の島)
天火明命の第二后。(穗屋津姫命を産む。この姫が異母兄の天香語山命と結婚なさり、天村雲命。(と熊野高倉下命)を産む。)
(天火明命の正后は大己貴命と多岐都比売命の娘の高光姫命(記紀神話の下照姫)、天道姫命。天香語山命を産む。なので、記紀神話の天若彦/天稚彦とは天火明命(天照皇大神♂)に比定されるかと。また、素戔嗚尊(素、佐野王尊、、、神武天皇)でもある余寒。海部族等の最高神ですから)
Commented by angelgarden33 at 2014-04-11 16:16
☆たぬきさま
重ね重ね、ありがとうございますm(_ _)m
参考にさせていただきますm(_ _)m
いつもコメント、感謝しています。
今後ともよろしくお願いいたします。


Commented by たぬき at 2014-04-13 23:22 x
弁財天祝詞(と言うより祭文かお経の様ですが)が有ります。
内容は確か、お写真の石碑と同じ文脈だったと思います。
文結は神仏習合お決まりの
南無弁財天女。南無弁財天女。、、、
オン・ソラソバテイエイソワカ、、、

、、、ソラソバテイはシバ神の后さまのサラスバティ女神さま。
Commented by angelgarden33 at 2014-04-14 10:33
☆たぬきさま
この石碑の内容は、そのもととなった文献があるということですね!
「弁財天」ではなく、「辯才天」として説明されていることにも、意味がありますね!
興味深い女神様です♪


by angelgarden33 | 2014-04-10 17:22 | AWAJISHIMA | Comments(5)